【文藝春秋 目次】新天皇皇后「知られざる履歴書」/村上春樹特別寄稿/「働き方改革」徹底批判 | 文藝春秋 2019年6月号 | 文春オンライン

【総力特集】令和皇室に何を望むか新天皇皇后「知られざる履歴書」友納尚子子供時代の私は、街を自由に歩きたくても、車があるためにそれができないうらめしさを、少しばかり車に対して抱いていたことも確かである―...

ツイッターのコメント(14)

12月24日付 #読売新聞 朝刊 「文芸月評」でご紹介頂きました。
「猫を棄てる―― 父親について語るときに僕の語ること」|「文藝春秋」6月号
で、文藝春秋6月号には「脊髄損傷は治療できる<札幌医大「奇跡」の発見> 本望 修」という記事が載っていた。
【 目次】新天皇皇后「知られざる履歴書」/村上春樹特別寄稿/「働き方改革」徹底批判 | 文藝春秋 2019年6月号
2019年6月号
冒頭で胸がつまって読みすすめられない。
猫を棄てる―― 父親について語るときに僕の語ること
/村上春樹特別寄稿/
そうだったのか。恐れ入りました。中西進(国文学者)「私は比較文学の研究を長く続けてきました。比較文学という名のついた本を日本ではじめて出した学者は中西という人間です」(「令和とは「うるわしき大和」のことです」、『文藝春秋』2019年6月号)
「文藝春秋」最新号、村上春樹氏の特別寄稿「猫を棄てる―― 父親について語るときに僕の語ること」を読む。 幼い頃、飼っていた猫を父親と一緒に棄てに行った話を枕にして、父の戦時中の従軍体験について語る。(続く)
そう言えば今月号の文藝春秋にインタビュー記事が。村上春樹さんと一緒です。ひきこもり支援を手厚くしないと福祉が崩壊するか孤独死大国になるかのいずれかしかない、という明るくない結論。
安倍官邸「新元号決定」までの全内幕 田﨑史郎
令和とは「うるわしき大和」のことです 中西 進

<昨日注文して今朝届きました。
「当時はまだ海は埋め立てられてはおらず」
「中国の人たち」
「阪神間」
「ドイツ軍がポーランドに侵攻」
「一人の上官のおかげで命を助けられた」

……今回のエッセイにこうした言葉を目にすると、これまでの作品も確かに身の内から生み出されたものだったんだなと分かる。
「 6月号」
5月10日発売
[新連載]その風を得て 玉三郎かく語りき1・真山 仁
|文春オンライン
5/10 発売の文藝春秋に
『【特別寄稿】自らのルーツを初めて綴った
猫を棄てる―― 父親について語るときに僕の語ること 村上春樹』
という文章が載っています。
今月発売の『文藝春秋』2019年6月号の巻頭コラムの一つで「象徴天皇と「行幸」」と題した文章を書いています。ゆまに書房から出た『昭和天皇戦後巡幸資料集成』の紹介をしたものです。よろしければ。
文藝春秋6月号

村上春樹さんの特別寄稿が
とても良いのでおススメです
本日(5月10日、金)発売の月刊文藝春秋に、巻頭随筆「『文芸時評』を終えて」が掲載されています。
文藝春秋6月号は明日発売です!

【 目次】新天皇皇后「知られざる履歴書」/村上春樹特別寄稿/「働き方改革」徹底批判 | 文藝春秋 2019年6月号
2019年6月号
以上
 
PR
PR