TOP > その他のニュース > 「日本に捨てられ、韓国に救われた」就職氷河期世代の私――ある団塊ジュニアの見た平成 | 文春オンライン

「日本に捨てられ、韓国に救われた」就職氷河期世代の私――ある団塊ジュニアの見た平成 | 文春オンライン

31コメント 登録日時:2019-04-29 17:45 | 文春オンラインキャッシュ

文春オンラインでは、「あなたが書きたい『平成の名言』と『平成の事件』は?」と題して、広く原稿を募集しました。今回は、その中から佳作に入選した作品を掲載します。◆ ◆ ◆私たち団塊ジュニア世代にとって、…...

ツイッターのコメント(31)

この著者の方と私の境遇が似てるところあってびっくりした🤭
私も「日本に捨てられ、韓国に救われた団塊Jr.」の一人かな‥
おはようございます。
タイミングってあるよね…//
嫌韓、反韓の人たちは異常だな。
「たまたま」この人の救いの手は韓国にあった、という話なのにな。
ハァ ━ (-д-;)━ ァ...
20年前の企業の面接官は酷い奴がいて、面接時には、アメリカの大学でても専門卒扱いだよ、とか君は第二新卒扱いだから、とか、英語の他になにできる?とか言われたのを覚えてる。
海外には「もちろん自分の意思で出たわけだが、その背景には『日本から押し出されてしまった』という感じがある。大卒の同年代で外国で暮らすことを選択した人々は皆、多かれ少なかれ感じていることではないかと思う。」
外国就労という金のスプーンをみつけたはなし。=
「文春オンライン」に私のコラムが掲載されました。ご一読いただけましたら幸いです。また、コメントをしてくださった方々に心より御礼申し上げます。 #文春オンライン
こういう経験から何でも「外国信仰」に陥り自国を貶めて憂さ晴らしする土人日本人も多い。同じ境遇でも世界中で自国アピールするシナコリアンの方がその点ではまとも。
20年前の空気がよく描かれていると思う。
コメント欄の嫌韓ヤフコメ民には吐き気を催すが、こういう生き方もあるという良い話。
韓国が救ってくれるらしいから、特別永住許可の在日韓国人は帰国した方が幸せになれるじゃん。一刻も早く嫌いな日本から出て行った方が…

「日本に捨てられ、韓国に救われた」就職氷河期世代の私――ある団塊ジュニアの見た…
社会に出る頃になって、それまでの社会的お約束全部反故にされて「後は自分でやってね」と放り出されて20年。親世代はいつまでも昔の感覚で「普通の仕事、普通の仕事…」言うて。
面白い記事だと思うが「韓国」というワードだけに反応した間抜けなコメントが沢山つくのは何とかならんか
似たようなケースは周囲に何例も。
語学ができれば選択肢が増える。
なんなんだ、このタイトルはっ!
あっ そう で !?

まぁそれはともかく、「嫌なら日本を出ていけ」の呪文に対して「はい、出ていきます」と言う人が少なからずいるわけで。そういう棄民を余儀なくされた人に反日って言っちゃうのはどうなんだ?成功者に対する嫉妬か?
ほんと今更だけど、後から見ればあの当時に覚悟を決めてこの国での将来を見限って海外に出た人達が正解だったんだと思う。国内に留まる事がリスクだったとは気づけなかったなぁ……。
人によりけりですが氷河期世代ってまさにこの通りです。今の若い方新卒には作り話と思われるかも知れませんが平成になってすぐですよね。不況で就職難で。海外移住進められたこともある。
と在日が言っていました🤮
どこが日本に捨てられたん?しかし、ことあるごとに日本を貶めようとする連中やな😨
就職氷河期世代です。今でも大変な仕事をしている友人がいる私にとっては他人ごとではないなと。
選ばれなかった私と選ばなかった会社
2つの問題があるような

大手有名企業賛美で苦しみが倍増した感がある

>「100社近くに応募したが、返事が返ってきたのは僻地にある3社のみだった」
今、50〜60歳より上の人ってこういう社会問題をのこしたまま引退することをどう思ってるんやろか。
まだ、体が健康なだけましである。私は命にかかわる病気になるまでこき使わされ、社会に使い捨てされ、今もにっちもさっちもいかない
戦争やテロ、飢餓など生命の危険のない平和で安全な日本だからこそ、就職問題で悩む事もできる。アフリカや中東ではなく先ずは日本に生まれた事を感謝するのが大事だ。
私も就職超氷河期を過ごした同世代。大学の同級生(男)も就職が決まらず、留年した奴もいた。それでも、生き残る奴は生き残る。
私も筆者と同世代だが、氷河期を理由にしてはつまらない。どの時代も自分がどう行動するかにつきると思う。
誇張して書くな。反日メディア
以上

記事本文: 「日本に捨てられ、韓国に救われた」就職氷河期世代の私――ある団塊ジュニアの見た平成 | 文春オンライン

いま話題の記事