TOP > その他のニュース > 【文藝春秋 目次】完全保存版 平成31年を作った31人/「日韓断交」完全シミュレーション | 文藝春秋 2019年4月号 | 文春オンライン

【文藝春秋 目次】完全保存版 平成31年を作った31人/「日韓断交」完全シミュレーション | 文藝春秋 2019年4月号 | 文春オンライン

もはやパートナーや友人にはなりえない「日韓断交」 完全シミュレーション陛下の謝罪まで要求する、厄介きわまる隣人といかに対峙すべきか。5人のプロフェッショナルが徹底討論――寺田輝介(元駐韓大使)×高杉暢…...

ツイッターのコメント(16)

@kon_sasaki 先月号の「文藝春秋」に、山下達郎と、元NHKの有働アナウンサーの対談が出ていたわー。
文藝春秋 の「有働由美子対談3」の対談ゲストが達郎さんです🎸
有働由美子のマイフェアパーソン 第3回: 山下達郎
韓国も熱読記事

「日韓断交」 完全シミュレーション
▼「親日清算」 文在寅の“お手軽愛国”と“日本パッシング”
▼「徴用工問題」 日本の経済支援を忘れた青瓦台
▼「米朝交渉」 韓国軍が自衛隊との協力を止める日
▼「新・征韓論」 インテリジェンスで対日暴走を制御せよ
買って来て読んでます。素晴らしいです。
日韓断交シミュレーション
天皇の謝罪まで要求する、厄介極まる隣人と如何に対峙するか。
寺田輝介元駐韓大使、高杉暢也韓国富士ゼロックス元会長、福山隆元陸将、浅羽祐樹新潟県立大学教授、黒田勝弘産経新聞ソウル駐在客員論説委員
日韓断交完全シミレーションだって。文春ってもう完全に頭おかしい雑誌になってる。芥川賞とかもう貰ったら恥みたいな賞になるかもな。
何故か話題に上っていないので…、
達郎さんが、有働由美子さんと対談してますよー!
追伸: 文春って、こんなに活字デカかったっけ?
本日発売の「文藝春秋」4月号にエッセイ「いちめんのなのはな」を書かせていただきました。先日開催された菜の花忌シンポジウムに関する随想です。
編集部が付けたタイトルはオレせんせいもまったく賛同しませんし、5人の論者の間でも温度感があるとはいえ、全体の基調はそれなりに落ち着いていて、まずは一通り目を通していただきたいですね。
(スタッフよりお知らせ)本日3/9(土)発売の月刊「文藝春秋」4月号に、橋下徹の記事が掲載されています。「さらば我が師、堺屋太一」、ぜひご覧ください!
文藝春秋4月号が「『日韓断交』完全シミュレーション」。「正論」や「WiLLや「Voice」と同じに。
「さらば我が師、堺屋太一 橋下 徹」堺屋太一と橋下徹、これら両方とも日本をひどくだめにした(している)のは共通している。
今月の文藝春秋、
「「日韓断交」シミュレーション」・「新・征韓論」
だってさ。品格の欠片もないな。日本最大の総合月刊誌がこんな釣りタイトルを付けるなんて、また一つ日本が終わってしまった。
文藝春秋4月号に日韓断交のシミュレーションが掲載されている。韓国で反日やってて、それに対抗する人がネットを通じて集まった結果と言える。ごく一部の間違った指導者と大多数の盲信した人たち、、オウム真理教と変わらない。
完全保存版 平成31年を作った31人

羽生善治[8年] 「マジック」だけではない技術   佐藤康光
月刊「文藝春秋」4月号は明日発売です!
以上
 

いま話題のニュース

PR