TOP > エンタメ > 「ブラード・ラインズ」著作権侵害訴訟、ロビン・シック&ファレル側が敗訴 「恐ろしい前例になる」 | bmr

「ブラード・ラインズ」著作権侵害訴訟、ロビン・シック&ファレル側が敗訴 「恐ろしい前例になる」 | bmr

67コメント 2015-03-11 22:54 | bmr.jpキャッシュ

HipHop、R&Bを中心とした音楽情報に加え、インタビュー、新譜レビュー、最新イベント情報など、最新アーバンカルチャー情報が満載のWEBマガジン、bmr.jp。...

ツイッターのコメント(67)

@a_calico_cat この裁判の主犯がNona Gaye。

この裁判の判例以降、どこの馬の骨かわからない連中がちょっと感じが似ている曲でも訴えるケースが増えて、それの最たる例が、Mark RonsonのUptown Funk。
なんだかんだで、今クレジットが12人位になってます。
「ゲイ側の言い分は基本的に、“Blurred Lines”と“Got Up”の“フィーリング”が同じである、同じように“聞こえる”というもの。」
@kawack_twit たしかにありましたね!
著作権の問題は色々あって難しい所もありますよね!
他にもこんなのもありました!
@MJBM08291008 Uptown Funkに関しては納得いかんw
まぁでも普通はでかい裁判になるとこを、クレジットと収益を分けるっていう心の広い選択で和解したブルーノやマークロンソンたちはすごいww

これとかおおごとやで
@chimiwo そういやこんなのもありましたね
@yoshihisatokuda (・・+)陪審員裁判で、技術論より弁論巧みな方が勝ってしまった例みたいですね。悪質なのは排除されるべきですが、音楽はもっと自由な環境から生まれてくるものじゃないの、と思います。
おおぅ…(溜息)[NEWS] @bmrjp より
シック&ファレルがマーヴィンゲイの遺族に訴えられたという件の詳細記事> @bmrjp より
明らかにぱくってるけど創作性もあるしこの曲の売上から Gaye の遺族が分け前を得る理由は無いしどの国の著作権法も終わコン過ぎ。  「恐ろしい前例になる」
より これってつまり、様式が同じような曲はパクりと判断されるって事よな…恐ろしい…
まじかよ
これを否定したら音楽は産業として崩壊するんじゃないかね。 > "誰もジャンルやスタイル、グルーヴというものを“所有”することはできない" / “ 「恐ろしい前例…”
うわあ。「要約すると……『ああ、コピーしたよ。ああ、パクったよ。ああ、嘘だよ。ああ、毎回話は変わるさ』ということでしょうか」/ [NEWS]
@bmrjp より
”「音楽にとって恐ろしい前例となり、クリエイティビティは後退することになるでしょう」”
むしろ70年代にこんなかっこいい曲があったことに驚く / @bmrjp より
う〜ん、これを著作権侵害と判断されるのはどうなんだろうか。確かに曲の雰囲気は似てるけど/ @bmrjp より
これ、訴えたのは著作者ではなくその遺族ってのがねぇ。RE @bmrjp より
先週の話題だけどBlurred Lines問題、どう思います?

世の中もっと似てる曲はいっぱいあるし、何からも影響を受けていない音楽っていうのも無いと思う。
Love After.
“ロビン・シックに180万ドル(およそ2.1億円)、ファレルに160万ドル(およそ1.9億円)の支払いを命じたとのこと”
聴き比べて違うじゃんって思わず笑ってしまった。コピーで無く継承していくのが悪い事だとは思わないけれども。→ @bmrjp より
「ブラード・ラインズ」著作権侵害訴訟、ロビン・シック&ファレル側が敗訴 @bmrjp より
ついに楽譜じゃなくて音色の組み合わせに対して著作権が認められる判決が出たのか(;´Д`)これはマズいよなぁ。原告の裁判の進め方が悪かっただけのような気もするが。音楽ってのは基本的に過去の参照なくしては成立しないものなのに
「ゲイ側の言い分は基本的に、“Blurred Lines”と“Got Up”の“フィーリング”が同じである、同じように“聞こえる”というもの。しかし、似たように“聞こえる”というのは著作権侵害にはあたらない」
うーん、ドラムのパターンが似てるくらいにしか聴こえないが…
@bmrjp より
@bmrjp より クリエイターに厳しすぎる例だしこれ共通の議題にしなかったら音楽は・・・。
きついなこれ...
カウベルが鳴ってるのとテンポぐらいしか共通点ない気がするんだけど、これでパクリと言われた日にゃなんでもありじゃ……。
今話題のロビンシック訴訟
うーむ…
でも著作権を侵害してるとまでは言えないのかな。
うーむ。
凄腕弁護士なんやろなー。
この程度のことでパクリ認定されるってことは、ユニコーンがレディオヘッドに訴えられたらどうなるのかね。レディオヘッドにオレンジジュースを聴かせる機会があったら是非試してみたいね。
@bmrjp より
いやこれは完全に別の曲でしょ。同時によくグルーヴとか雰囲気は再現してるなあと思う。だからやられた。
なぜシック&ファレル敗訴となるかわからない

"@kentarotakahash: や〜、これはまさに恐ろしい前例 > - "
@bmrjp より

Dischargeウハウハっすね。
@kurikiyo 類似性については別として、ロビンシックが過去のインタビューでマービンゲイを意識して作ったと答えていたみたいです。
これと非親告罪化がセットになったら、また渋谷系みたいな音楽が流行った時、軒並み逮捕。> @bmrjp より
けっこう面白い話だったんだな |
| bmr:
著作権侵害訴訟も陪審制とか、そういうもんなのか。てか、こうやって考えると、ナイトレンジャーの懐の、..
雰囲気は似てるとこもあるけど似た曲ではないな >>
キモすぎる判例や...
この半ケツは「もつて文化の発展に寄与することを目的」とするという法目的に適わない。
@bmrjp より
bmrjp より
原告側の、雰囲気が似ている&ロビン・シックに盗用癖があるという印象付けで陪審員の心象が決まってしまったという感じですかね>
意図的にパクるのは問題外として、フィーリングとかそう言った面での判決であれば色んな意味で怖いなぁ。→ @bmrjp より
@bmrjp より
これ雰囲気しか似てないんだけど…音楽作るのむずかしくなるな。
原告側の弁護士こえー しかし、遺族に矜持というものは無いのか。 / “ | bmr”
「陪審員は、ロビン・シックとファレル・ウィリアムスが著作権侵害をしたと裁定…」/
まぁ似てるけどさ、、、っていう。オマージュを認めないっていうのはなんとも言えないなぁ。 →
[music]
いや、これはおかしいでしょ。なんとなくのサウンドしか似ていない。曲は全く別物だ。サウンドが似ているならハードロックは全員だw
ベースっぽいラインは似てるけど、そこまでか?って気はするなぁ( •́ ⍨ •̀)>>
@bmrjp より
@bmrjp 】まさか敗訴するとは思わなんだが、記事を読む限りは、盗用のジャッジにロビン・シックの脇の甘さが紐付けられた感じ?
おそろしい話だ "最終的には、マーヴィン・ゲイの“Got Up”を意識して作った、と曲のリリース当初に話すインタビュー映像が仇となったようだ"
こんなことがまかり通ったら大変なことになる。  @bmrjp より
ポカーン| @bmrjp より
結果的に演奏や歌唱のフィーリングのコピーも著作権侵害ってことになってしまったのか
原盤サンプリング/メロディーでなくフィーリングの引用ですらアウトってもう音楽はどうなるの…マーヴィンゲイの遺族は彼以降の音楽を聴いてないのか / ブラード・ラインズ著作権侵害訴訟、ロビン・シック&ファレル側が敗訴
ファレルの言い分が正しいフィーリングまで言い出したら切りが無いわ。@urban_next: アメリカらしい。
これをパクリにしちゃうと音楽の継承すら出来なくなっちゃいますよね?→
え、著作権侵害も陪審員裁判でやってんのか。【 | bmr】
アメリカらしい。
あらま。。。
→ 「Blurred Lines」著作権侵害訴訟
Robin Thicke&Pharrell Williams側が敗訴
「恐ろしい前例になる」
bmr>NEWS> 2013年夏に12週に渡って全米チャート1位を独占したロビン・シッ
うーん、譜面上の構成でなく音楽的構成要素って定義できるのかな?興味深い。しかし一曲で動く額が半端ない。
@bmrjp より
裁判の詳細が。訴訟社会の一端を見る思い @bmrjp “Blurred Lines”著作権侵害訴訟、ロビン・シック&ファレル側が敗訴に。ロビン・シック、ファレル、T.I.は連名で「きわめて残念」、「恐ろしい前例になる」との声明を発表
“…著作権侵害が認められてロビン・シック側が敗訴。740万ドル、およそ9億円の損害があるとされた…”
“Blurred Lines”著作権侵害訴訟、ロビン・シック&ファレル側が敗訴に。ロビン・シック、ファレル、T.I.は連名で「きわめて残念」、「恐ろしい前例になる」との声明を発表。
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む
PR