TOP > IT・テクノロジー > 【図解】コレ1枚でわかるゼロ・トラスト・ネットワーク・セキュリティ:ITソリューション塾:オルタナティブ・ブログ

【図解】コレ1枚でわかるゼロ・トラスト・ネットワーク・セキュリティ:ITソリューション塾:オルタナティブ・ブログ

「いつでも、どこでも働ける」環境を整えることは、いまや働き方改革の要件となって......

ツイッターのコメント(22)

「社内は"善"、社外は"悪"」という前提に立ち、ファイヤーウォールで「社内外の境界を守る」従来の「境界防衛セキュリティ」は、もはや役に立たない。
そうだよなぁ、この体制を目指すべきなんだよなぁ…
『 』
うちの会社は逆の思想なのかな。。
なるほど。

『ユーザーやデバイスが、直接ITサービスを利用できるようにすることで、高い利便性を享受し、同時に安心と完全を担保する』

/
一枚でわからせようというのは無理があるが、要は安全地帯なんてないってことが言いたいのだ
"「全てのアクセスを信頼せず(ゼロ・トラスト/zero trust)、全てを検査する」ことを前提に、ユーザーがアプリケーションやサービスにアクセスするごとに、そのユーザー(ID)およびデバイスに対する認証を行い、アクセス権限があるか否かを検証…"
アプリ側で全部やってくれ
リモートが増えることによってセキュリティリスクが増大。
そのリスクから守るための仕組みがゼロトラストセキュリティ。

ゼロトラストとは、何も信頼しないということ。
リモートと併せて普及して行きますように。
(僕自身勉強不足なので記事読みます👀)
概要が分かった気になれる1枚絵。

従来は1度認証したら好き勝手できたが, ゼロトラストではアクセスごとに認証するって認識でOKですか?
こんな情報を見つけたよ
わかりやすくまとめられています。
ゼロトラストとかSDPを何となく知ったつもりでいてた。この上IDaaSも関わってくるし。
検証する要素としてネットワークがあることは依然有効だから。ネットワークによるアクセス制御をゼロにすることじゃないから。ウェイトの話
わかる・・・か?
新しく会社作るならまだしも、典型的な境界型でやってきた大企業がゼロトラスト型に移行するのは莫大な投資と構築期間が必要なので、NWを下手に移行するよりは境界型は維持しつつ、まず認証認可面から攻めた方が良いと思う。NWから進めるとセキュリティレベルが下がりすぎる
ゼロトラストネットワーク、日本企業に受け入れられなそう。

未だに「VPN最強!」、「社外は危ない!!」って言うセキュリティおじさんが多そう。
まあ、従来のNWの方がわかり易いから暫くは残るだろうなぁ・・・
必読記事ですね
▼【図解】コレ1枚でわかるゼロ・トラスト・ネットワーク・セキュリティ:ITソリューション塾:オル…
ゼロトラストのシンプルな図解資料。
(。・ω・。)ノ 【図解】コレ1枚でわかるゼロ・トラスト・ネットワーク・セキュリティ:ITソリューション塾:オルタナティブ・ブロ .
わかりやしゅい
2020年03月16日 08時02分
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む
PR