TOP > IT・テクノロジー > アジャイルの「ライトウィング」と「レフトウィング」:An Agile Way:オルタナティブ・ブログ

アジャイルの「ライトウィング」と「レフトウィング」:An Agile Way:オルタナティブ・ブログ

アジャイルの認知が進むにつれて、アジャイルという言葉がどんどん広がっている。アジ......

ツイッターのコメント(95)

@84zume いわゆるライトウィング の中でもCI/CD/TDDあたりまではツールの進歩でカバーされつつある印象。
プロセス系とかのことをなんと表現したらいいのかいつも迷うので、改めて見返してた。『協同でゴールに向かう「チーム環境」』はよさげ。まあ知ってる人なら「レフトウィング」だけで通じそうだけど | Way
ライトウィング も設計寄りというよりはツール寄りの話で、「設計原則」とか入ってないんだよなあ。
メモメモ
道具自体は以前からあるもので適用範囲がどこまで広いかはさておき、ライトウィングとレフトウィング のうち、右側がコモディティ化してアジャイルと疎結合になり、左側が十年一日の話になりがちな状況で、こういう試行錯誤はどんどんやってほしい。
でいうライトウィング軽視のアジャイルおじさんとレフトウィング軽視のモヒカンが対立している構図はわりとよく見る気がする。どっちも重要に決まってるわけで後者が前者をもってアジャイルの代表みたいに言う傾向があることには違和感がある。
アジャイルの「ライトウィング」と「レフトウィン
古い内容ですが
@Lewuathe 講演をお聞き頂いた方がどう英語で表現したかわかるエントリで、とても感動/感謝しています。些細な点としては right/left が逆なこと と、「きれい」は beautiful より clean を意図していました
これかな?
今ってSCRUMをやっている会社さんが多いけど、開発プロセスの管理手法重視でレフトウィング(チームの協働 )軽視っぽい。どうすんだこれ?
2012-09-02
左右の翼ってこれねこれ。 |
アジャイル :: 石橋の叩き方と共働法
オルタナティブ・ブログ
最近はAgileっぽいこと、 でいうところのライトウィング寄りに興味が集中しております。
読む。 / アジャイルの「ライトウィング」と「レフトウィング」
@umibose 昨日の勉強会はこれをベースにチーム環境と開発環境の現状を理想を洗い出して、その為に何が必要か〜的な感じ:
「コツ」(how)と「こだわり」(what/why)を混同して話していないか、平鍋さんの表現 見てる:
@hiranabe 今月開催の名古屋アジャイル勉強会では、平鍋さんの9月のブログ記事( )をテーマにワークショップを開催します。 素晴らしい記事をありがとうございます。
分かりやすい。明らかに自分はレフトウィングだわ。ライトウィングをもっとやれる人と組みたい
左右よりもレイヤー(層)になっていると自分は思う。この中でもゴールをステークホルダーに理解させるのが難しいかも。
おおー、これいいなー。常々思っていた、アジャイルの「技術側」と「マインド側」が、それぞれライトとレフトになるんだね!◆
しっくりくる。 /
あきびーさんが「プログラマの思索」引用しているが,確かにそうですな.この図はいいですね.
クラウドやらアジャイルやらノマドやら最近の言葉は人によって意味が異なるものが多い。事前に言葉の確認をしておこう。/**
極端じゃないけど、重視してるのはレフトウィングだろうなーと思ってみた。
"最近あまのりょーさんに聴いた表現なのだが、あまりにぴったりなのでここに書いてみた。"/
右にも左にもいけず立ち往生中。そろそろ識者に相談にいく時期。いひひ。@nao_maru @hiranabe ブログ書きました。"アジャイルの「ライトウィング」と「レフトウィング」"~あなたのアジャイルはどこ?
リーダやってたせいか自分は左寄り…同じチームに右側を補強してくれる人が欲しい、と思ってしまう。 /
僕は「レフトウィング」だなぁ。でも、どっちから始めてもどっちも必要なのがAgileなのよ。ひしひしと実感中。 RT @hiranabe ブログ書きました。"アジャイルの「ライトウィング」と「レフトウィング」"~あなたのアジャイルはどこ?
[B!] アジャイルの「ライトウィング」と「レフトウィング」
最近開発から離れてるからレフトウィングよりかなぁ… /
片方の翼だけでは飛べないということか/
あなたのアジャイルはどこにあるだろう?
「高速に石橋を叩いて渡る」という言い回しが絶妙 /
もっと見る (残り約45件)
 

いま話題のニュース

もっと読む
PR