TOP > IT・テクノロジー > 日本の世界競争力ランキングは30位、起業家精神や国際経験などは最下位。1997以降では過去最低:『ビジネス2.0』の視点:オルタナティブ・ブログ

日本の世界競争力ランキングは30位、起業家精神や国際経験などは最下位。1997以降では過去最低:『ビジネス2.0』の視点:オルタナティブ・ブログ

スイスのビジネススクールIMDは2019年5月28日、2019年版の「世界競争力......

ツイッターのコメント(10)

「起業家精神やビッグデータの活用や分析、国際経験などは最下位」やってさ

日本の世界競争力ランキングは30位、起業家精神や国際経験などは最下位。1997以降では過去最低:『ビジネス2.0』の視点:オルタナティブ・ブログ
まぁ内需依存国で、そこが下がってるからしばらくは一定仕方ないのでは?
しゃあねえやな。これが現実、現実を受けいれてこその改善

→日本の世界競争力ランキングは30位、起業家精神や国際経験などは最下位。1997以降では過去最低:『ビジネス2.0』の視点:オルタナティブ・ブログ
数字だけで判断すべきではないのを前提に、
肌感覚として若者のスタートアップも増えたはいいが、8割は比較的低所得な労働者に向けた手が出しやすいサービスアプローチが多すぎて、海外を巻き込んでいくようなグローバルマインドや社会構造の変革を打ち出す人間が少ない。
働き方革命で、浮上できるのか??、リーダーは結果に責任を持たないといけない。われわれテラグループが結果を示す
#itmedia
これは、、、日本の世界競争力ランキングは30位、起業家精神や国際経験などは最下位。1997以降では過去最低:『ビジネス2.0』の視点:オルタナティブ・ブログ
1位はシンガポール、日本は去年25位から30位にランクダウン。。。
平成世代、頑張らねば!
日本の世界競争力ランキングは30位。
『ビジネスの効率性』が46位。
『起業家精神やビッグデータの活用や分析、国際経験など』は最下位。
アジア勢が軒並み順位をあげている中、
アジアの中でも大きく順位を下げています。
コーワ(株)会長菊池秀悦
感覚的にはその通り。他の分野もあるし、これから。

> 起業家精神やビッグデータの活用や分析、国際経験などは最下位となっており、アジア勢が軒並み順位をあげている中、アジアの中でも大きく順位を下げています

>日本の世界競争力ランキングは30位
>1997以降では過去最低
日本30位。我々の世代、そして今の学生チーム世代で変えていこう!
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む
PR