TOP > その他のニュース > 日大アメフト問題の内田正人前監督が人事責任者として推進する「非常勤講師3600人雇い止め計画」(国家公務員一般労働組合)

日大アメフト問題の内田正人前監督が人事責任者として推進する「非常勤講師3600人雇い止め計画」(国家公務員一般労働組合)

10コメント 登録日時:2018-05-30 08:36 | BLOGOSキャッシュ

TBS NEWSの報道の一部です。 日本大学アメリカンフットボール部の悪質タックル問題で、新たな証言です。去年、日大アメフト部では20人ほどが退部しましたが、その一部の背景には、コーチによる暴力問題があったと関係者が、JNNの取材に答えました。 「コーチに殴ら...

Twitterのコメント(10)

いろいろ出てくるね〜
悪い奴って、やることなすこと
『悪い』んだね。
日大非常勤講師雇い止めの話が
ここでアメフトとつながるとは。
つまり諸悪の根源ってことなのね。
「文部科学省ですら」って。そら、そうだど、講師使った方が結局人件費かからないきがするんだけど。
日本大学職員で意趣返しした可能性があるという意味合いなの?なら、警察が捜査するしかないのでは
この内田ってのは相当、悪どいな。この機会に常任理事も辞めさせないとな。
学内でも黒い噂ばかり
おそらく、人件費削減で外部委託を考えたんだろうが
発想が一般感覚とズレてる、きっと教育というのをひとつも考えてない
自分の成果と手腕を考えてるんだろうな…
その調子で部活動の監督をしていたんだろうなー
とうとうこの話が表に出てきたか。
アメフトだけじゃなく
非常勤講師への対応も酷すぎる。
以上

記事本文: 日大アメフト問題の内田正人前監督が人事責任者として推進する「非常勤講師3600人雇い止め計画」(国家公務員一般労働組合)

関連記事