TOP > その他のニュース > <前川・前事務次官中学校講演>文科省の難癖メールを学校長らが見事に論破(メディアゴン)

<前川・前事務次官中学校講演>文科省の難癖メールを学校長らが見事に論破(メディアゴン)

13コメント 2018-03-26 06:20 | BLOGOSキャッシュ

上出義樹[フリーランス記者/上智大学メディア・ジャーナリズム研究所研究スタッフ]***<名古屋市立中での前文科省次官の講演がヤリ玉に>「オイコラに回帰しそうな文科省」。3月17日付の朝日新聞朝刊「朝日川柳」に掲載された一句である。この川柳にある通り、加計学園問...

ツイッターのコメント(13)

ブロゴスにもハズレはあるんだな。上智のメディアの時点で読む価値がないとわかる。検索したらただのパヨク自称ジャーナリストだし。
素晴らしい校長です。
メディアは安倍内閣打倒のため前川氏を擁護をするのか⁉️。
天下りはさておき、若い女性限定の貧困調査とかいう買春疑惑(未成年も含まれる可能性あり)の人に授業の依頼する地点で頭おかしいよwww
<前川・前事務次官中学校講演>文科省の難癖メールを学校長らが見事に論破

論破された感が伝わらないニュースだ~😆
どこをどう論破してるのか、野党みたいに証人喚問を要求するニダ
難癖ってこれまた苦しい(笑)
正しいことやってると信念あるなら、つべこべ言わず堂々と回答すればいいだけ。
論破ではないだろう…そもそも俺は論破って言葉は嫌いだ
これ『論破』なのか?

これで論破できているのか?

まぁ論は破綻しているようだが、、、、
「前川氏を悪者扱い」とあるが、実際に違法な天下り斡旋をした悪者だし、「思惑は論破」って意味わからん。文科省や議員が公教育の内容について知るのは当然の権利であり、実際に講演は行われ、取りやめるような圧力はなかった。
中学校校長の切り返しが素晴らしい。また、この件については名古屋市長はかなり怒っていた。
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む
PR