TOP > その他のニュース > 日本の賃金(総コストに占める割合)は世界最低、貧困大国アメリカを上回る「ワーキングプア大国日本」(国家公務員一般労働組合)

日本の賃金(総コストに占める割合)は世界最低、貧困大国アメリカを上回る「ワーキングプア大国日本」(国家公務員一般労働組合)

27コメント 2017-01-05 21:57 | BLOGOSキャッシュ

OECDのデータを見ていたら、いくつか新しいデータとレポートがありましたので、紹介しておきます。 いちばん驚いたデータ(OECD生産性統計)をグラフ化してみたものが以下です。 上のグラフにあるように、日本の賃金(総コストに占める割合)はOECD35カ国でデータ...

ツイッターのコメント(27)

アメリカといい勝負ですね(白目)
アベノミクスが日本に もたらしたのは格差社会
『日本の賃金(総コストに占める割合)は世界最低、「ワーキングプア大国日本」  BLOGOS』
▼だからいつも言ってるんだ、「今の日本の社会構造では働くと損をする」と。
 経済には逆効果な政策ばかりを行っている現状で回復するわけがないんだわ。
 まずは消費減税しようや。
「どの世代をとっても日本の貧困は深刻なのです。安倍首相が言う高齢者だけが得をしているなどという事実はありません。」

これでもまだ「貧困は自己責任」「努力が足りないから」と言うの?
企業などのコストに占める給料の割合が先進国の中で最低レベルなのか。
あと、格差は世代間の問題ではなく富裕層と貧困層の問題なのね。
アベノミクスって日本を貧困化する政策でしたっけ?
小泉竹中が足を踏み外して以来
安倍のナチズムが加わることで
ニホンは地獄への雪崩の先頭に立って真っ逆さま
色んなグラフが提示されてるけど「日本はアメリカに次いで」ばかり。戦後アメリカに占領されて、アジアのアメリカ的民主主義・資本主義経済国家実験(モノマネ)国として優等生だった結果なんだね
働いてないお前が言うな!とディスられそうですが、働けど、働けど、我が暮らし楽にならざり。☞ 日本の賃金(総コストに占める割合)は世界最低、貧困大国アメリカを上回る「ワーキングプア大国日本」
安倍晋三を信仰する皆さんのお陰です。
日本がいかに自国民を食い物にしている、ブラック企業国家であるかが分かる。
日本の賃金は、アベノミクスのおかげで世界最低を更新中です。
日本の危機の本質は中間所得層が崩壊し、高所得と低所得に二極分化したことによる社会の分断がさらに深化していること。アベノミクスはこの状況に拍車をかけるだけだということに早く国民は気づくべき。→
単に法人税を下げたとは言え、赤字会社にも適用される消費税は増税など中小企業が儲からない税スキームにしてるから実質賃金が上がらずデフレにしかならない★
国家公務員一般労働組合というのがこんな発信活動しているのか。データはげんなりしますが、ある意味この存在は希望ですね。>>日本の賃金(総コストに占める割合)は世界最低、貧困大国アメリカを上回る「ワーキングプア大国日本」
日本が国民を大事にしないのは伝統。つまり国民のための国ではない。>
日本の賃金(総コストに占める割合)は世界最低、貧困大国アメリカを上回る「ワーキングプア大国日本」

⇒既に日本の一人当たりGDP (PPP)では、世界43位に転落。
日本の賃金(総コストに占める割合)は世界最低、貧困大国アメリカを上回る「ワーキングプア大国日本」 ワーキングプアについては予想通り。注目すべきは「貧困」の「世代別格差」が思いのほか少なく、むしろ高齢者が最も貧困率が高い、ということ。
人件費が「総コスト」に占める割合,という指標はあまり見ない気がします。あと,いくつも上がっているグラフは,結局のところ最賃が低すぎることに起因するのかな,とも。/
どうする?アベノミクス
格差も問題だけど、すごく厳しいことを言えば下位層よりも中間層に投資する方が効率的では?
富裕層上位10%の所得シェアが右肩上がりになるということは、一方の下位90%の所得が減っていくといこと。
日本はアメリカの富裕層を追いかけている「格差大国」「貧困大国」。
グラフ見る限りでは原因をアベノミクスに求める主張は
無理があろうかと思います.
が,原因はともかく,事実としては重い.
BLOGOS 1/4 
「日本はアメリカほどではないにせよ、富裕層上位と所得下位の格差が拡大している「格差大国」。ピケティ氏らによる「世界の富と所得のデータベース」が昨年12月にリニューアルされ…」
衝撃グラフがたくさん。
@kantei
大ボラを吹かす前に
貧困大国日本の
危機的現状は
安倍が蒔いたアホノミクスの
果実ではないのか?
一億総活躍
女性が輝く
同一労働同一賃金
今さら美辞麗句を並べても
巧言令色鮮なし仁だ❗️
以上
 

いま話題のニュース

PR