TOP > その他のニュース > 日本の博士課程は人生の罰ゲームか(Willy)

日本の博士課程は人生の罰ゲームか(Willy)

63コメント 登録日時:2015-09-12 19:48 | BLOGOSキャッシュ

「博士課程は職業・日独シンポジウムで日本の遅れ浮き彫りに」という報道が加納学教授のツイッター経由で話題になっていたので、私が感じていることを少し述べたい。ちょっと待て。日本側参加者が、博士課程学生は授業料免除で職業人として報酬を得ていることに驚いていたって、そ...

Twitterのコメント(63)

是非とも楽な学生時代を送ってきた人の偏見戯言に、世間評価は引っ張られないで欲しい
実際身近に博士経験者がいたから、多少はこういうことに関してわかるんだよなー。知らないって人多そう。もっと世間での扱い方を変えていかないと、更に博士になる人減っていくんじゃない?/
大変ありがたいご意見ですがあきらめました(こなみ
だって歴史学で博士課程なんて今の日本じゃ罰ゲームどころじゃないし(暴言暴言アンド暴言
同意しかない。D進する人はエリートだという認識を持ちもっと高待遇にしないと。博士課程在籍=暇な女子大生が優勝したくなる存在くらいにしていこう!w
The それ。古いけど。 /
これだこれだ
罰ゲームにしてしまっているのは社会からの目か。
拍手かっさい
まぁ、日本の場合、罰ゲームというより、ムリゲー(苦笑)
古い記事だが、LINE社の上級取締タコ坊主が今さらながらケチつけてるところをみると、改めて良記事といってよさそうだ。
海外のことはよく知らないしそもそも日本のこともあんま知らんけど日本の博士課程の人はもっと認められるべきと超思う
”当時、留学についてきた妻はいわゆる専業主婦で時間があったし、” まで読んで後は読む気が失せた。
言いたいことがほとんど述べられていると思います。そのうち記事にして置こうと思っていますが、多分、私たちが在学してる間は、このような仕組みに変わることは無いです。だから、英語を勉強して、海外に行くのが良い、と考えてます。
コメント欄が予想通りの地獄でホクホクした
日本の大学のレベルに起因するんじゃない?

そうじゃない人が大勢いるのは重々理解した上で言うけど

学部時代に散々遊んで、その延長で大した目的意識もなく院まで行ってる人も多い
毎月、自立できる収入あっても、所詮は学生って思われるからなぁ
もうこれは色々思う所しかない⇒
博士課程進学=博士の卵(研究者の卵)ということでしょう?
育てない手はないと思うのだけどなあ…
個人的な要因はともかく
まだ修士だけど、博士に行く人や先輩ら見てる中で
博士課程を考えると、いろんな面で女性は不利だなと感じていたからこそなるほどと思った
時間的経済的にも
スウェーデンも博士課程は研究者として給料が出ます。
社会が博士課程の院生を職業人として受け入れることが大事だということだ。
博士以降は周囲の雑音を避けるために留学するという案はあり   (それは自分)
この自覚を持った人だけが先に進めてる気もする
「博士課程の院生には職業人としての社会的地位が与えられるべきだろう。これはお金の問題でもあるが、お金だけの問題ではないのだ」
これはあれですね"お前はいつまでお勉強してるんだ?"って圧迫されるやつですね.
アメリカに来て最初の頃は,どうして9時5時のアメリカの研究者が日本の研究者よりも結果を出すのだろうなどと思っていたが,どうやら科学者の社会での扱われ方の違いが大きい気がしてきた
ああ、俺の言いたいことを全て言ってくれている。
俺は必要以上の金なんて要らないし、特別高い評価をされたいわけでもない。
しかし、日本の科学技術の発展のどこかに貢献している俺たちを何人たりともぞんざいに扱うことは許さない。
博士課程の院生を職業人として
博士課程進学者のみならず(というかむしろ)UNISON界隈のみなさんに読んでほしい記事
「不思議な事に「ビジネスマンはまだ仕事をする立場なのに結婚など早い」という人はいないし、「外資系社員は雇用が不安定なのだから結婚するべきでない」などと言う人も見た事がない。」
少し前の記事ですが。 BLOGOS
なるほどねぇー。日本の博士課程も報酬をもらうべきなのかも…
最後、日本の社会はもっと博士課程の人たちを受け入れて高く評価すべきとまとめられているけど、そういう受身の姿勢ではなく、博士課程の人たちはもっと自信を持つべきだと思う。
答えは出てるんだろうなぁ。
P.H.D. とか読む限りメリケンでもそんなにバラ色には見えけどな

ばからしいことを言っている。日本の院生のほとんどは院生になることで生活するのに十分なだけのお金を大学からもらっているわけじゃないんだから、職業人として見られるわけないだろう。
ほぼ共感できるけれど、社会に認めてもらう為に好きな事を追究したいとは思ってないなあ。
本当にこれ。「「人はパンのみに生きるにあらず」と研究者を目指す志の高い若者が、一人の職業人として社会から認められることを誇らしく思わないはずはないだろう」/
日本は「即戦力」となりうる人材の供給に偏っているので、博士課程を冷遇しがち。3分で出来上がる即席ラーメンは便利だけども、体の栄養としては手間のかかる手料理の方が良いのに。
博士課程学生の待遇の日米比較。『社会が博士課程の院生を職業人として受け入れることが大事』とありますが、日本の院生の多くは井の中の蛙で過ごしており、社会人と呼べる程の緊張感はないと感じる→
進路に迷う中でこういう記事は考えさせられるなぁ、、
日本の博士課程は人生の罰ゲームか(Willy)(ブロゴス)

〈 大学院で「好きな事やらせてもらってるからそれだけで幸せ」なんて言うのは、ビジネスパーソンに例えれば「趣味は仕事だから仕事していれば幸せ」というレベルの超人〉
昨日話があったのはこの記事関連かな?
こういう記事がいくら出ても、学生を使う側のお偉い教授様たちはほぼ沈黙したままなんだよね。
罰ゲームだと思われているでしょうね、…
大学院重点化が始まった時には読めていた事態。こんな状況を作った犯人を追及すべきだよな→
読んだ。優秀な人はさておき、出てからも罰ゲームが続くので、どこかで悟りを開いて罰ゲームを楽しむ。
学振の産休育休は、給料は出ないのに副業禁止は継続。そして何人産んでも一人分の期間しか休めないシステム。‘学振研究員に「国からお金を貰いながら産休を取るのか」と文句を言う人はいるようだが、’
ほんの一部を除き諸外国と違い日本の博士課程は閉鎖性が強く社会的貢献度も低く職業人とはとても見なせない。極論言えば日本の博士より外国の博士号を持ってる人の方が企業にとってメリット有る >
俺はアカデミックには進まないけど、博士課程行く人は色々と大変なんだなぁと思う
博士課程に行った=就職できない社会的不適合者である、という認識ができつつあるこの国。
笑っちゃうよね、日本の博士課程
時々こういう議論が起きます。もう、学位ではなく別のもので修学保証をした方がいいのではないでしょうか??
人生の罰ゲームとは言い得て妙だな。こういう一面を見ても日本の大学は魅力がない。
⇒イデオロギーの吹聴ばかりする無責任な大学教授どものせいもあるんでねーの?
うーん、どうなんだろ。一読した印象は「己自身(院生)が変わる」必要性には言及せずに、待遇だけ改善せよみたいな話にしか聞こえない。
世の中にそこまで必要ないことを職業として認めるか否か
え?博士課程って自殺を正当化するための肩書じゃないの?
私の答えはイエスです。
いや、だから優秀だと思う学生はみんなアメリカ行けばいいんですよ。
プロ野球と同じで、日本の大学はアメリカのファームチームみたいなもんなんで。
大学のグローバル化ってそういうもんです。
大学院で「好きな事やらせてもらってるからそれだけで幸せ」なんて言うのは、ビジネスパーソンに例えれば「趣味は仕事だから仕事していれば幸せ」というレベルの超人
以上

記事本文: 日本の博士課程は人生の罰ゲームか(Willy)

関連記事