TOP > その他のニュース > 【寄稿】高校野球から見る真夏の部活動―「激しい運動は中止」のなかでの全国大会 - 内田良(BLOGOS編集部)

【寄稿】高校野球から見る真夏の部活動―「激しい運動は中止」のなかでの全国大会 - 内田良(BLOGOS編集部)

40コメント 登録日時:2015-08-07 09:17 | BLOGOSキャッシュ

熱中症への注意喚起と夏の甲子園この時期、TVのニュース番組を観ると、その日の猛暑ぶりが報じられ、「明日も熱中症に十分に気をつけましょう」と注意が喚起される。そして続くスポーツニュースでは、まさにその炎天下でプレイする高校球児の姿が映し出される。はたして「明日も...

Twitterのコメント(40)

甲子園に感動するけど、たしかにこの時期と時間にやり続けるのか、考えたい。内田良先生の記事。⇒
《グラウンドだけでなくスタンドの吹奏楽部も》内田良氏

〈選手以上にしんどい思いをしているかもしれないのが、アルプススタンドの高校生たちである。甲子園ベンチにはエアコンが備え付けられている。背面の壁とイスの間から冷風が出てくるという〉
甲子園をやる時間帯は午前と夕方〜のみにすれば良いんじゃないかな。ナイターだってあるんだし。これでも1日3試合はできそう
お昼は休憩。

甲子園の吹奏楽部が話題ですが、以前こんな記事を内田先生に寄稿していただきました。「数ある部活動のなかで野球部の応援を好んで、酷暑のなか、吹奏楽部員たちは演奏を続けている。」/
一年前の記事。
いつもの通り,「中止にしろ」という極論ではなく建設的なご提案をされている。「最も暑い時間だけ避ける」は本当にアリなのではないか。
ナイターでやれないのかな
野球に限らず、ほとんどのIH競技は過酷な日程と温度。 解決には代表校を32校にするしかないと思う。

【寄稿】高校野球から見る真夏の部活動-
熱中症で中学時代の教え子のエースが倒れ、ベスト8で散ったあの夏は今でも忘れない。
「激しい運動は中止」の中での高校野球 - 実は甲子園のベンチにはエアコンが備え付けられている。一方で アルプススタンドにいる応援団は、炎天下、チームの攻撃中、そこで吹奏・運動を続けなければならない。危ないのはむしろそちらでは?
「とくに、私が「文化系運動部」とよんでいる吹奏楽部は、チームの攻撃中、そこで吹奏、いや運動を続けなければならない」//
必死さを見て楽しむというのはおかしいと思うよ
内田先生のいう時間帯よりもっと長くプレー不可の時間帯が必要だろう
暑い中での中継の最中「熱中症に気を付けましょう」との字幕出ることがあるが、えらく説得力に欠けるような気がするのは私だけだろうか?
東京オリンピックもそうだけど、実はソーラーカーレースもいくら発電量が…とはいえ時期を少しズラした方がいいのかもねー。 >
←俺、中学は吹奏楽部だったけど、高校は違ったから良かったわけだ。高校の吹奏楽部って地獄なのね(笑)
停電してないから電気は足りてると同じで、甲子園で死んでないから基準なんて糞食らえとゆーこと。
なんとかしてほしい。あとキツすぎる日程も。
ドーム球場にすれば良いんじゃない?
「他方で、アルプススタンドはどうだろう。とくに、私が「文化系運動部」とよんでいる吹奏楽部は、チームの攻撃中、そこで吹奏、いや運動を続けなければならない」

なんとかしないといけない問題
ナイターにしたらどうだろう?
そこに触れてはならない
ごもっとも。-
うちも毎年、観戦しに行くのですが、今年は熱中症が怖いのでやめました。
主催の新聞社は犠牲者が出ないと動かないでしょうね。
紫外線カットのサングラスは原則禁止と初めて知った。将来を潰して体壊してまでさせることか
この時期にやるんなら、東京ドームか大阪ドームに変更出来ないかね? 愛称が「甲子園」ってなってるのも問題なのか…⇒
数人亡くならないとムリだろう。神宮では一人亡くなったけど。
いやいやなんぼ暑くても、野球の試合くらいは出来る。この暑い中、走って筋トレをする練習の方がつらい。今は自由に水を飲めるだけマシ。>
BLOGOS

グラウンドの土持って帰るのとか宗教だから。「タッチ」から逆算すると35歳以下は影響ゼロで先細るだけだから触りたくない…
安全第一なら、「7~8月」のスポーツ大会をすべて禁止にする。
医療費抑止の意味でも。なぜ英断ができないのか?
とくに、私が「文化系運動部」とよんでいる吹奏楽部は、チームの攻撃中、そこで吹奏、いや運動を続けなければならない。
-
- BLOGOS
潔くドーム球場でやればいいと思うけど、選手を含めた「甲子園でないと」論者が横槍を入れるんだろうなあ。
まさに。大人がしっかり考えてあげなきゃな→
ブラスバンドは体力消耗します。私は興味ありませんが今も変わらぬ大会に毎度疑問視してしまいます
"過酷な部活動というのはけっして「学校」の問題ではない(中略)それは私たち「市民」の問題であり、日本社会全体の問題である"
これは確かに。大学野球のオープン戦はそうなりつつある
実際、2011年の広島大会・井口―広工大で、広工大の選手8人が熱中症で倒れて選手が足りなくなり、没収試合になった例がある
極めて全時代的な遺物が甲子園。→
以上

記事本文: 【寄稿】高校野球から見る真夏の部活動―「激しい運動は中止」のなかでの全国大会 - 内田良(BLOGOS編集部)

関連記事