TOP > その他のニュース > 玉木代表の言い分は筋が通らない -お盆前の合流決着以外に野党の生き残る途はなし (1/2)

玉木代表の言い分は筋が通らない -お盆前の合流決着以外に野党の生き残る途はなし (1/2)

13コメント 2020-08-13 19:22 | BLOGOSキャッシュ

8月11日(火)午後、国民民主党の執行役員会は水入り(?)を含め数時間に及んだ。 私は、合流推進のための頭の体操(brain storming)用に下記の文章を作成し、ごく限られた関係者と意思疎通を図っていた。一方、私は玉木代表は始めから立憲民主党と合流する気...

ツイッターのコメント(13)

バカの戯言?↓

「<立憲民主党の設立メンバーへの配慮が必要>
 立憲の設立メンバーは、17年10月希望の党に排除されてさぞかし寂しい思いをしたに違いない。」
この主張は共産党補完勢力の党の側から未体験のようですね。 民民側視点の意見が見えないのでなんとも言えぬが、思想ではなく”単なる選挙戦術”かのように見えるのが残念です。
今、苦しい現状で生活して
いる国民に何も為にならない
馬鹿馬鹿しい話だ!!
19年の参議選に当たり、国民民主党というよりも玉木代表のPRに40億円近くをかけたが、地方区は実績のある4期以上の3人だけで新人はゼロ。比例区は産別の頑張りで3人と計6人しか当選させられなかった。

-
篠原おぢさん、余程腹に据えかねたのか個人BlogからBLOGOSへ転載していた。
アテが外れてお気の毒…。だが、こんな作文書いてるヒマがったら(原英史氏との)訴訟対策に時間を使った方がいいよ。
今の安倍自民の好き放題の傲慢ぶりは全て民主党の3年の失敗から来てるのは明白。民主党と名乗れば即ち負けということぐらい気づけよ。
篠原孝は怖いおっちゃんだが話は聞いておく価値ありと思う
玉木雄一郎の個人PRに40億が使われるも惨敗した参院選
でっちあげの理由を並べて
合流破壊を繰り返す

一国民民主党議員から見た
等身大の玉木雄一郎

人として終わってる
篠原孝|


篠原孝さん!2018年10月に二階幹事長に自民党入りを直談判した篠原孝先生さんじゃないか!w
衆議院議員・篠原孝
読み応えあり。だいたいこれを読めばわかるね

19年の参議選に当たり、国民民主党というよりも玉木代表のPRに40億円近くをかけたが、地方区は実績のある4期以上の3人だけで新人はゼロ。比例区は産別の頑張りで3人と計6人しか当選させられなかった。
-お盆前の合流決着以外に野党の生き残る途はなし(篠原孝) - BLOGOS(ブロゴス)

> (2.)投票による民主的プロセスをというなら、国民民主党は19年7月に消えてしかるべき政党ではないか。

😅

辛辣
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む
PR