TOP > その他のニュース > 香川県職員がゲーム規制条例案に異例の反対表明 ウェブ上では共感広がる

香川県職員がゲーム規制条例案に異例の反対表明 ウェブ上では共感広がる

16コメント 2020-01-22 17:56  BLOGOS

子どものスマートフォンやゲーム機の利用を平日の1日60分までに制限する条例案を香川県議会がまとめ、「子どもの人権を侵害している」「家族に介入する条例」などと、批判が高まっている。県議会は20日に公表し...

ツイッターのコメント(16)

岸慶太と名乗る輩がどう考えても著作権侵害してるとしか思えない記事を書き散らかしていて心底呆れた。
これが岸慶太の記事⇒
ITをどう活用していくか。
こんな公務員素晴らしい!
まともな人がいてよかった……
大事なことなのであとで読む。|
ほう。香川県の未来はもう駄目だと思ってたけど少し救いが。

>

> こうした環境下で香川県内から他県に負けないIT人材が育つと想定することは困難です
勇気ある表明に気持ちの応援
確かに香川県全体としては「言ってる事とやってる事が違う」になっちゃう。
この人に県知事やってもらった方がいいんじゃないかな?
この勇気は敬意を表するに値すると思う。【 | BLOGOS 】
役場の職員が票の計数を改竄していた県だよね。サヨがその態なら、保もこの態か。といった印象の条例案。 >
ネットゲームのCMがTVで流されている現状では
子供のスマホゲーム依存予防に条例は必要だと思う。
この職員、依存症の怖さを知らないのだろう。
公務員と言う立場で、議会に実名で反対をすることがどれだけ大変なことか推し量れるが故に本当に素晴らしい。服務規程なども確認しているあたりはさすが行政マンだ。|
ほう...
(岸慶太) - BLOGOS(ブロゴス)

この条例はクソだけど、一回社会実験やればいいんじゃないのとも思う。県境でゲームする人の動画とか出てくんのかな。
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む

 
PR