TOP > その他のニュース > 山本太郎&れいわ現象の熱を綴じ込めた4時間超大作映画「れいわ一揆」 (1/2)

山本太郎&れいわ現象の熱を綴じ込めた4時間超大作映画「れいわ一揆」 (1/2)

22コメント 2019-12-03 07:36 | BLOGOSキャッシュ

第32回東京国際映画祭でのワールドプレミアで原一男監督による新作映画「れいわ一揆」を観た。今年7月の参院選で大きな注目を集めた新党「れいわ新選組」から立候補した女性装の東大教授・安冨歩の選挙活動への密着を通して「れいわ」の選挙戦を追いかけたドキュメンタリーだ。...

ツイッターのコメント(22)

山本太郎&れいわ現象の熱を綴じ込めた4時間超大作映画「れいわ一揆」(松田健次) - BLOGOS(ブロゴス)だから、安冨さんと馬ってツイートになるのかw
観たいけど上映場所が難しそう…Netflixで観れるようにならないかな…
松田健次 2019年12月03日 - BLOGOS.
歴史とか習うとき、様々な時代背景により、一揆というものが行われて来たようですが、
基本、一揆というのはしてはいけない事だと思っています。
確かに新文芸坐のオールナイトなら4時間ってちょうどいい!
映画作んのか!?
枝野の所の個人献金がめちゃくちゃ減ったの、ここに流れてんじゃないの!?
映画💦しかも四時間( ̄□ ̄;)!!
よっぽどアレな人でなきゃ絶対観ようとも思わないよね。
四分でも耐えられんわ(-。-;)
《無理スジな局面を猛進していく山本太郎の情熱。その熱に感応する誰かの微熱。冷ややかに傍観する誰かの平熱。選挙の経過と共に徐々に上昇していく候補者たちの憤熱。その熱を浴びて高まる人々の反射熱》

山本太郎&れいわ現象の熱を綴じ込めた4時間超大作映画「れいわ一揆」
オウムとか幸福の科学と何が違うんやろ。
これ、山本太郎が選挙の時は、レイシスト(石垣のりこ議員による)と連携する事を隠し、その後本性を表し連携するという映画?
ついに宗教法人メロリン教じゃなくてれいわ新選組に密着した超大作映画「れいわ一揆」が爆誕!
上映時間は何とあの不朽の名作「風と共に去りぬ」を超える4時間!ブームは既に風と共に去ってオワコン扱いのれいわ新選組の無駄な抵抗じゃなくて魂の叫びを聞くがいいネトウヨ!
みんなでおこそう革命を!Viva la Revolution!!
今年7月参院選での安冨歩候補を通して、れいわ新選組の(なんとも自由すぎる)旗揚げ~選挙戦を追いかけた原一男監督の新作ドキュメンタリー映画「れいわ一揆」についてBLOGOSに寄稿。
放送作家
森田健次氏は
記事の中で言う

安冨は馬をトリガーに
現代社会が葬った多様な価値のひとつを取り戻す
もしくは新たに構築する
そんな未来を呼びかける
安冨はそのために必要なアプローチを
「秩序の裂け目」と称した
●ずげー観たいから❗️
見に行きたい!!!!!
なんかやり口がナチスっぽいよね(笑)
何か宗教じみてきましたね。
竹島を韓国にあげるなんて言った売国奴に日本の政治なんかさせませんから!

れいわ新選組に密着した映画「れいわ一揆」山本太郎の情熱を綴じ込めた4時間超大作
れいわ新選組に密着した映画「れいわ一揆」山本太郎の情熱を綴じ込めた4時間超大作 - 松田健次
以上
 

いま話題のニュース

PR