TOP > その他のニュース > 百貨店で「生理バッジ」導入。販売店員の声は? (1/2)

百貨店で「生理バッジ」導入。販売店員の声は? (1/2)

16コメント 登録日時:2019-11-27 07:21 | BLOGOSキャッシュ

ほとんどの成人女性に月に一度訪れる「生理」。女性の日常生活において当たり前のものであり、最近では企業で「生理休暇」が導入されているケースも珍しくない。一方で、生理は“触れてはいけないもの”という意識もある。自分が生理中であることを周りに知らせることに対して抵抗...

ツイッターのコメント(16)

あり得ない、でしょ。余計にストレスになるのでは?
いいねいいね!!!
さすが大阪!
強制でないならいいんじゃない??
確かにコミュニケーションや気遣いは産まれるかも。
それより、生理休暇あげて。とも思うけど😅
恥ずかしい事では無いが、恥ずかしい人もいるので、配慮が無いところが疑問。更に会社の命ということなら、パワハラとも受け取れる行為だ。
やってみるってええと思うわ。賛否両論は当然。
百貨店がオワコンじゃなかったら、出来んかったろうし。
大阪発ってのが、またええね。
この件でグロテスクだと思うのは、この企画を発表した店長は名前からしておそらく男性、広報担当者もコメントの内容からしておそらく男性、意思決定層に女性の姿が感じられないこと。
:百貨店で「生理バッジ」導入。販売店員の声は?(工藤まおり) - BLOGOS(ブロゴス)
百貨店で「生理バッジ」導入。販売店員の声は?(工藤まおり) - BLOGOS(ブロゴス)

生理休暇取らせればいいのに
「日常生活において当たり前のもの」
「自分が生理中であることを周りに知らせることに対して抵抗を感じる」
この2つは両立するよ。誰だって人前で大きな声で「今うんこしてきた」なんて言わないのと同じ
よい記事でした。ミチカケ、大阪に行くことあったら、行ってみたいのです(`・ω・´)ゞ
ただ、整理バッジはまだその段階に来ていないと思います。隠すことじゃないけど、オープンにしなくてもいいんじゃないかなって。
一時はどうなるかわからんかったけど、無事記事を出せました。

社会に対する様々な声を予想していたのにも関わらず実施した背景と、賛成派の販売員の方もいるという事実をこちらで書きました。
大丸梅田店は社員自身にも賛美の声があったことを明かして、それでもバッチ導入の意義を説明するといったPR活動が必要だったかも。
でも同じ小売店であるルミネ「女性応援CM」の炎上と比べればよい取り組みたと思う。
女性管理職に生理管理をバックヤードでさせれば解決じゃん?男性客にまで開示する必要性が全くわからん/
これは酷いね。生理周期を公の場で公開するというのは排卵期も発表することにもなるし、更年期の人なんてずっとつけなきゃならなくなるよ。最初、虚構新聞のネタかと思った。
生理休暇がない事業体は
あ、り、ま、せ、ん!!
労働基準法に定められています!
生理による体調不良の休暇を、
企業が認めるのは 義務 です!!
の正しい浸透も、ぜひ発信してほしい
百貨店の生理バッヂ問題
任意である中で現場販売員の声が読める記事は大切だなと
以上

記事本文: 百貨店で「生理バッジ」導入。販売店員の声は? (1/2)

いま話題の記事