TOP > その他のニュース > 【日韓関係】もう韓国に言うことを聞かせることはできない? 韓国研究の第一人者・木村幹氏が語る日韓の意識変化 (1/2)

【日韓関係】もう韓国に言うことを聞かせることはできない? 韓国研究の第一人者・木村幹氏が語る日韓の意識変化 (1/2)

37コメント 登録日時:2019-11-25 11:01 | BLOGOSキャッシュ

徴用工問題や日本の輸出規制、韓国のGSOMIA破棄通告などを経て、過去最悪とも言われる日韓関係。両国がお互いに対して譲歩できないのはなぜなのか、その背景には日本と韓国のどのような意識の変化があるのか。韓国政治研究の専門家である神戸大学大学院教授の木村幹氏に話を...

ツイッターのコメント(37)

小生が生まれて70年以上の期間に、韓国は日本国の領土搾取から始まり、歴史を歪曲捏造し多額の金と技術を数十回も引き出して来たが、恩を仇で返し、約束や国際法を順守せず再び金を盗もうとする韓国は国家の呈を成していない。韓国とは断絶が一番良い事である。
半島通のジャーナリストや作家と大差なくて面白くないなw

歴史的基層から抉り取る様な面白さが無いw
「簡単に言えば、日韓両国は共に、1990年代頃の古いイメージで相手を見ている。」「韓国にとっては、1970〜80年代から今日まで日本の重要性は下がっています。」
韓国研究の第一人者からしても「韓国の正しい歴史=大国に歪曲されなければこうであった歴史」であるというのには驚きました。
向こうさんの価値観に関して以外すべて理解出来ないしホント研究の第一人者なだけで何も内容がない記事ですげぇ・・・
これはわかりやすい。学部生に入門で読んでもらって、木村先生の著書ふたつ、三つ紹介したら理解深まると思う。
韓国は日本に興味がない説は全く腑に落ちなくてだったら放置してくれればいいのにひたすらに日本との関係を悪化させる行動ばかり取るのはどういう事なのか。そもそも中国の存在感が大きくなったとはいえ最も近隣にある自由主義側の世界3位の経済大国に無関心ってあり得るのか
これはカルチャーショック…すごい
> この「歪曲」には2種類の意味があったりします。一つは日本人が考えるような「正しくない歴史」。(略)そして、もう一つが「我が国の歴史が歪曲された」というように使う場合。
韓国が反日一辺倒でないっていう主張は正しいけどそれ以外がグダグダ。歴史認識に関しても韓国の反日教育を無視してる。てかまずはスカラーとベクトルの違いを勉強しろと
木村氏の考察の前提に疑問を感じる部分もあるが、前提から導き出される考察は大変興味深く参考になる。>
日本人の多くが「韓国人はこうだろう」と考える像が実態とズレているという。近年の韓国人の多くは日本のことにそれほど関心は高くないので、昨今の日本の反応を「急に起きた」と感じている…らしい。
「"正しい"歴史」って謎だったけど、「(植民地支配による逸失利益を考える上で想定する、失われた)"適正な"歴史」ってことなのか。"正確な"ではなく

『 韓国研究の第一人者・木村幹氏が語る日韓の意識変化(島村優) - BLOGOS』
日韓の意識変化 学生、必読!!
木村幹先生が言う日本人が韓国をどう見ているのかっていうあたりは違和感満載だなぁ。主語が大きいのか、近すぎて多様過ぎる意見が見えすぎるのか、そうじゃねーだろとしか言えない。
〈日韓両国は共に、1990年代頃の古いイメージで相手を見ている〉と →
「「正しい歴史」を考える際には、まずどういう歴史が本来あるべき(中略)か、がまず考えられた上で、それに則った形で過去の事実が並べら」るそうです。
~⊂'"゙`づ,゚Д゚彡つ<こんなもので韓国が理解できるわけないやん。大体で関心がないのであれば「触りにもこない」って。基本的な認識が欠落している。
韓国人との相互理解は永遠に出来ないことが改めてわかった。
つか、この記事突っ込みどころ満載w
木村幹、あと数年したらソウルに移住してなんとかいう教授の後釜になってるかもな。すっかり代弁者気取りだ…
日本の立場で考えるなら、国交断絶するしかない!
こんな周回遅れネタで記事にしていいのかと思ったが興味のない人の認識はこんなもんなのかしら。
この歴史の事実を忘れて「反日だ!」などと吹き上がっている可哀想な人、時々いますよね→木村幹先生「韓国の教科書には反日的な内容が書いてある」「植民地支配のことばかり書いてある」というのも、実際に植民地だったので仕方がない。
韓国と付き合う意味は、価値があるのか
このコラムは前提から間違っている。

韓国には期待も執着もしないから、放っておいてくれ。勝手に経済成長すればいいから、タカリに来ないでくれ。ただそれだけ。
独自に技術開発して独自に発展してくならどうぞどうぞ。執着して絡んで来るのは韓国であって、日本ではない。
>「韓国の人が『正しい歴史』を考える際には、まずどういう歴史が本来あるべきであって、またそれがどう書かれるべきか、がまず考えられた上で、それに則った形で過去の事実が並べられていきます。〜
少々、引っかかる内容がそこかしこにあるが…
『簡単に言えば、日韓両国は共に、1990年代頃の古いイメージで相手を見ている。』
ここ重要だと思う
かなり面白かった。お金とって良い。
*馬鹿2人 韓国に移住しなさい(笑)
相変わらずの木村先生。韓国研究者って自分の好きなように分析するんだな…
┐(´д`)┌
嫌韓は韓国ファン?

日本の書店にはたくさんの嫌韓本が並んでいるけど、韓国の大型書店に行っても、日本に関する本は極めて少ない

韓国研究の第一人者・木村幹氏が語る日韓の意識変化(島村優)
お互いに関係改善を行う誘因がないからこそ、アメリカの同盟管理が重要になってくるし、トランプはもっと早く介入すべきだった。次の政権に期待します。
根本的に間違ってるのは、
屈服させようとかそんな気は無いという事。
絡んでくるくせに甘えてる構図が気持ち悪いのであって
すでに、日本はフェアネスの時代になっているという事に
専門家も気づいていない。
「今の韓国では多くの人が「7月の輸出管理措置発表あたりから、日本は急に変わってしまった」と考えていることです」。
日韓双方における認識のズレについて具体例を挙げて指摘している。このズレを意識するカギは“世論を考えるときには「好きか嫌いか」という問題と、「それがどの程度まで重要か」という二つのベクトルを区別して考える必要があります”という点にありそう。
以上

記事本文: 【日韓関係】もう韓国に言うことを聞かせることはできない? 韓国研究の第一人者・木村幹氏が語る日韓の意識変化 (1/2)

いま話題の記事