TOP > その他のニュース > 読書感想文で「電子書籍はNG」の理由は? 主催者に聞いてみた

読書感想文で「電子書籍はNG」の理由は? 主催者に聞いてみた

30コメント 登録日時:2019-08-23 11:59 | BLOGOSキャッシュ

小中学生の夏休みの宿題の定番のひとつ読書感想文。全国コンクールの公式サイトに、「紙媒体での書籍に限ります」と電子書籍での読書感想文を不可とする記載があり、ネット上では疑問の声が上がっている。記載されているのは公益社団法人・全国学校図書館協議会と毎日新聞社が主催...

ツイッターのコメント(30)

@cakari14 リンクまで張っていただいてありがとうございます!

せっかくご厚意を頂いたので自分なりに調べてみましたが、「電子書籍は更新される場合があり内容を特定することが困難」「専用の閲覧に専用の機器が必要」という回答がポイントなのかなあ。

僭越ながら。
「電子書籍等Web上の作品は随時更新されるケースもあり、児童生徒が読んだ内容を特定するのが難しく、また、電子書籍は閲覧するために機器が必要」

ごもっとも。
そんなこと起きてるんだ
お金の匂いしかしない
『今年の読書感想文は「新潮文庫の夏の〇〇シリーズ」のみ有効とする』みたいな出版社指定させられてたのを思い出した
読書をしましょうといいながら電子書籍は不可。紙媒体でも出版されている電子書籍ではだめなの?そもそも読書感想文なんてものを課されるから読書が嫌いになる。感想文を書くための読書なんて何の意味がある?やりたいやつだけやればよい。
一瞬なんのこっちゃと思ったけど、主催者の真意は「ネットのケータイ小説みたいなやつを対象外」にすることで、電子書籍を排除することではないんじゃないかなとは思った。

電子書籍を可とすると、電子書籍ってどこまでの範囲なのかを明確にしないといけないけど案外困難。
「電子書籍は更新されるからNG」
更新??は???
あと、推薦図書が提示されるのは審査員がむやみやたらと感想書かれた対象の本を読まなくていいようにするためか
紙媒体にしてるのは、ちゃんとした理由があるんだなー
紙の本だって版数で内容違うことあるけど感想文にいちいち何版の内容か書かせてんのか?
読書感想文に影響するくらい内容を更新するタイトルなんてあるのか?
> 電子書籍の作品は随時更新されるケースがあり、内容を特定することが困難。
> また電子書籍を閲覧する機器が必要なことなど……

???🤔???
これ「電書のサービスが多すぎて、応募者がどれのどのいつのバージョンの配信をよんだのか」主催側がカバーしきれないって話だよね。チェックいれてるなら「むり」ってなるわな
いや、いくら何でも小説の内容はコロコロ更新されないし、その理屈には無理がある。
書店で購入だけじゃなく、図書館で借りて読む子だっているでしょうに。
思った以上に終わってた>“電子書籍の作品は随時更新されるケースがあり、内容を特定することが困難。” / “ 主催者に聞いてみた”
いかにもな大人の屁理屈だよな、情けなさすぎ
金儲けと利権のために生きてるって楽しいだろうな!
時代が変わったなと思いつつ、驚きました。

読書感想文と言ったら紙!という考えが審査する側の普通だから、電子書籍NG?と思ってましたが、色々
理由があるらしい。

主催者に聞いてみた(BLOGOS しらべる部) - BLOGOS(ブロゴス)
そんな感想がガラッと変わるレベルの更新とかあるの…?
ある日突然「シン・銀河鉄道の夜 〜実はジェバンニも死んでました〜」に更新されたりするのかな
素直に出版社との癒着ですっていえばいいのに
つまり、グリム童話の初版の読書感想文を送ったら審査側もちゃんと初版を読んで審査してくれるってことなんですね!!
拡散希望
すごい利権
本当に利権社会を止めないと日本が潰れる
その第一一歩に医療大麻の解禁を
“電子書籍等Web上の作品は随時更新されるケースもあり、児童生徒が読んだ内容を特定するのが難しい” 紙の本も版が変われば更新されるけどなぁ。 / “ 主催者に聞いてみた”
電子書籍もISBNコードがあればと思ったけど、内容同じデータでもファイル形式違うだけコード変更必要だで、配信サイト毎に変わる感じっぽい
同一内容を把握するには厳しいかもなー
出版業界を殺しにかかってるのか……? アホすぎて開いた口が塞がらない。

➡️ 主催者に聞いてみた(BLOGOS しらべる部) - BLOGOS(ブロゴス)
そういえば、電子書籍って気付いたら「更新」されていることがあるんだよなぁ。確かに「書いた時」と「評価する時」で内容が変わるリスクは紙書籍より大きめ。
は?あぁ、夏休みの宿題扱いにできなくて(校内に作文担当がいるため)、僕がレギュレーションを知らなかったからか。そんな規約があったとはしらなかった。
紙媒体の会社主催だからちゃう?って言いたいところではあるけど、審査の公平性を担保するためにすべて同じものを用意している、というのは確かに、とも思わされた
主催の全国学校図書館協議会に「電子書籍はなぜダメなのか」と理由を尋ねたところ「電子書籍の作品は随時更新されるケースがあり、内容を特定することが困難。
最初フェイクニュースかと思ったんですが理由がありました|
- BLOGOS しらべる部
以上

記事本文: 読書感想文で「電子書籍はNG」の理由は? 主催者に聞いてみた

いま話題の記事