TOP > その他のニュース > BLOGOS > 暴走老人に対する...

暴走老人に対する抑止力の確保は、日本の国益

22コメント 登録日時:2019-04-30 09:22 | BLOGOSキャッシュ

池袋高齢者暴走事件について二度ほど記事を書いた。その後も高齢者の運転事故が起こっている。前回も書いたが、80歳以上の高齢者による死亡事故は、75歳未満の約3倍だという。さらに高齢者人口は絶対数も比率は高まり続けている。3倍の危険性を持つ85歳以上の人口が、過去...

Twitterのコメント(22)

厳罰による抑止力が必要というのは一般論としてはその通りだが、「暴走老人」の場合は判断力、認知力がまだ正常であることが前提となる。認知症がある程度進んだ高齢者の場合、罰則強化や経済的責任強化、社会的制裁などの「ムチ」は抑止力にはならないと思う。
いいこといいますねえ
(篠田 英朗) - BLOGOS(ブロゴス)

まあ、何らかの対策は必要だよね
人権学者、人権議員、何か言ってくださいよ。
この題名だとわからないけど暴走プリウスの話
「高齢者ドライバーを減らし、高齢者が車両維持にあてていた資産を、すべて宅配(含むドローン宅配)の注文に回させないから、いつまでもこんな状況が続く。」

この部分は同意。まぁ宅配に限らずタクシー利用でもいいんだけどね。
刑も賠償も全うできない高齢加害者はたしかに厄介な問題。さらに認知能力がなかったとかの問題もある。
暴走老人に、どのような抑止力を働かせるかは、少子高齢化社会においてもなお、未来ある子どもを守り、将来の日本の活力を保つという国益がかかった問題である。少なくとも政治家には、そのような認識をしっかり持ってもらいたい。
池袋、逮捕しないなら......
こういう記事は、初めて見たな
逮捕しないというのであれば、証拠隠滅の恐れがないことだけでなく、不動産・株式資産等の相続や現金化の恐れがないかも確証するべきだ。できれば資産運用を差し止める措置を即時にとりたい。
「社会政策上の抑止力の低下」という切り口はなるほど。
🛠️
>>
「全てのドライバーに抑止力を働かせて、危険回避を自己の利益に沿うと感じさせるためには、それに十分な刑事罰と民事上の損害賠償が高齢者にも課せられなければならない」
弱い者いじめだとか老人に罰を与えても意味ないとか言ってるバカは胸に刻めよ
こういう心配はきっと皆思ってるところだと思う。
資産移しを実際にしたとして、どれだけヘイトを向けられてもこういう層の人間は痛くもかゆくもないだろうし…
「証拠隠滅の可能性がないからだという。高齢者特有の事情を考慮に入れていない官僚的な対応だと思う。たとえば、資産防衛をしていないか、チェックが必要だ。後で事故被害者の弁護人が検証できる仕組みが必要だ。」
車の任意保険がはたして降りてくるのかな?😒
(篠田 英朗) - BLOGOS(ブロゴス)
とっとと病院から引き出して逮捕すればいいのに。どうせ軽症でしよ。病院に逃げてるだけじゃん。政治家さんと同じ。
高齢者の刑期や支払い能力に限度があるので抑止力が低下する点や民事裁判以前に資産移転する可能性の問題点などは非常に鋭いご指摘。ただ残念ですがテレビで意味ないコメントと繰り返す連中には理解出来ないでしょう。
ほんま消費税とかより
こっち
おっしゃってることは概ね賛同できるが、地方の老人に車が必要なのは病院なのだ。これはドローンでも解決しない由々しき問題。
良記事かと。資産保全で損害賠償から逃げる可能性・・・/
年号が変わっても、オリンピックを東京で開催しても、国民が高度成長期の平均年齢に急激に若返るわけではないんだよな。残念ながら。

「高齢者人口は絶対数も比率は高まり続けている。3倍の危険性を持つ85歳以上の人口が、過去20年弱の間にすでに2倍以上になって」
以上

記事本文: 暴走老人に対する抑止力の確保は、日本の国益

関連記事