TOP > その他のニュース > BLOGOS > ついに日本の終身...

ついに日本の終身雇用制度が完全終了へ

49コメント 登録日時:2019-04-20 12:06 | BLOGOSキャッシュ

一昨日こんなニュースが報道されました。経団連、通年採用へ移行 新卒一括見直しで大学と合意 :日本経済新聞経団連は新卒の学生の就職活動について、通年採用を広げていくことで大学側と合意した。春の一括採用に偏った慣行を見直す。能力を重視した採用の動きが強まるなか、大...

Twitterのコメント(49)

まぁ、終身雇用のモデルは既に崩壊してると思うけどね。
こうなることは既定路線。
これからは正社員にしろ、一つの会社にずっと勤めることによって給与テーブルが上がっていく、という考え方自体がナンセンスになると思う。
早期退職が日常茶飯事ということは、実質的には既に終了していた。
>
ひやっとした
経団連の会長が言ってるならもうね、、、時代が変わっていくね
逆に一括採用の流れにはまらないことで、色んな会社を見て、自分にいいなと思った会社に入れるチャンスが増えたとも。
あとこれ。
組織での生き残り方とか自分の能力や価値は何か。を考えてみるだけでも自分の成長に繋がると思う。
こんなことはある程度わかっていたことで、
じゃあ自分はどうありたいのか、なにができるのかをしっかりと自分と向き合う必要があるね。
いいんじゃないの。
転職とか独立前提で仕事する方が、従業員も会社も緊張感が出るのでは。
今の時代にこの言葉自体、死語。新卒者だって終身雇用を期待しているのか疑問
日立から変わればいいかと
人口動態をみても当然そうなるわな。
企業としては健全な方向へ。
終身雇用は人口ボーナス期の最強のビジネスモデル。
人口オーナス期に入ったのが2010年頃、正しくは、「日本の終身雇用制度は10年前に終わってましたのを言うの忘れてました、だってみんな辞めるもん」でしょww
終身雇用がなくなっても自分で稼ぐことが出来ればいい。
めも。ちゃんとあとで読みたい。
これからは新卒採用と中途新人採用の区別がほぼ無くなる感
まあ、そうなりますよねとは思っていましたね
いつでも飛び出す準備はしとかんとな。共倒れなんぞまっぴらごめんや。
団塊世代が逃げ切ったからもういいかと思ったのか感
とっくに終わってるだろうが…これで年金制度とか義務教育とかも終わりだねテヘペロ

…って語尾につけないとやってられないくらいムカついてる
今さら??

『僕』は20年前から思ってましたけど……
サラリーが悪いと言わないし、ひとつの所で一生懸命に働くことをどうこう言わないけど……

みんな江戸時代の人間になればいい
終身雇用の崩壊が始まる今やるべきこと3つ

①仕事を続けるにあたって会社でのあなたの付加価値、存在価値を高める

②転職市場に自分をおいてみてどの程度か知る

③副業を考え、自分が続けられるものを見つける
まだ終わってなかったの?って感じ。これから(と言うか以前から)好きな事とことん追求して自分の市場価値を作っていくのみ。逆に動かないリスクがどんどん高くなるような…。/
戦国時代の到来。新卒一括採用や終身雇用は消え去り、必要とされるスキルがあるものだけが生き残る。

そもそも、年功序列と終身雇用は併用するものではない。

人生100年間、学び続けなければなりませんなー。
高度成長期の団塊世代は転職せずに退職まで居られた人が多かった、って結果論なのに、あたかも終身雇用って制度があって約束していたかの様に扱われているのが、そもそもの間違いw
まず官公庁公務員の終身雇用制度を廃止してほしい!!
適切かつ必要な変化が起きるだけ。久々にこの本読み返そうかなー。
愛社精神無くなって、あの流出時代が当たり前になるんだな。
無能リーマン育ち社長の汚名刻まれる時代到来でもある。
経団連会長「正直経済界は”終身雇用は”もう守れないと思ってる」

言われなくてもね。暗黙の了解。ただ財界トップが公の場で「終身雇用なんて無理ゲー」趣旨発言はインパクト大

時代の変わり目は意識したのでは?
新卒で一旦40歳位で終了が主流化
【雇用流動化時代突入宣言】
経団連という組織も不要ですけどね。
こうゆうのは女性もシッカリと覧ておかないと・・平等なんだからさ

終身雇用という働き方自体が元々違和感の塊だったよね。この流れが主流になっていくのは同世代なら察してる人が多いんじゃないかな。
一括採用で就活が、終身雇用で働き方が変わってく。
今一度、会社に所属すること=安定 とする盲信を疑うべきだと言いたい。
そもそも終身雇用って高度成長期のめっちゃ特殊な慣習だからね!?!?
政府が働き方改革とか副業推進とか高プロ制度とか言ってる時点で分かるじゃん…
年功序列も終身雇用も終わりましたね。
これからサラリーマンの価値は「何年会社にいたか」から「持つ能力でどれだけ会社に貢献できるか」に明確にシフトします。
勉強しないサラリーマンは淘汰されます。
昭和も遠くなりにけり。
終身雇用なんてとっくの昔に終わってると思ってたけど、だからこそずっと同じ会社で働いてる人を組織は大事にするべきだと思う。逆に。
平成の時代とともに終身雇用も無事終了
こうなるべき
いいぞもっとヤれ。アッハハハハ
そんなの知ってるがな…とはいえ、横並び大好き日本企業は大本営のお墨付きが得られれば一気に流れを加速させるはず。40代の苦悩は続くとともに、令和元年は大人材流動化元年へ。ビジネスチャンス!

"正直言って、経済界は終身雇用なんてもう守れないと思っているんです。"
(佐々木康彦 / ITmedia オルタナティブ・ブログ) - BLOGOS(ブロゴス)

まぁどんな形であれ、やるしかない
終身雇用、お前死ぬのか
雇用延長なんて御伽噺ってことだわな おそらく公務員だけになるんだろう
終身雇用ためるなら法人優遇には意味がなくなる。法人税を筆頭に、法人が日本社会で優遇されてきた根拠は国民を雇用し給与を支払い、厚生年金や保険を負担してきたからだ。
こうなることは、ずーっと前からわかってたのに、ごまかし続けてきた政府や経営者たちの責任は、どうなるんですかね? →
せやな。一般企業でこうなのだから福利厚生も整ってない美容室でずっと雇用するぜ!はもっと難しくねっていう。

技術職だからこそ人はもっと流れていいのでは。

技術って環境だけで身につくわけじゃないし、いろんな事吸収してったほうが良いと思う。

自分次第。
至るところにある時間的遅れ 日本の終身雇用制度が完全終了か
消費税を導入して代わりに法人税を大減税して貰ってもこのざま。いい加減競争力の無いことを認め、天下り官僚や老害経営者を刷新し新たな人に任せる時が来たのでしょう。
以上

記事本文: ついに日本の終身雇用制度が完全終了へ

関連記事