TOP > その他のニュース > ZOZOの奇妙な冒険 前澤友作社長の言動は「大正」である

ZOZOの奇妙な冒険 前澤友作社長の言動は「大正」である

39コメント 登録日時:2019-01-10 15:18 | BLOGOSキャッシュ

バーゲンでDIESELのライダースジャケット、パーカー、ベルト、HUGO BOSSのジャケット、パンツ、カットソーをゲット。シングルのライダースジャケットは長年欲しかったものである。『WORST』に登場する7代目武装戦線の藤代拓海が着ているものに似ていて、気に...

Twitterのコメント(39)

「尊敬される経営者、企業とは…市民を小馬鹿にせず、労働者をとことん尊重する優しくフェアな企業」

なぜこんな企業が増えたのか。「総中流」を目指していた頃の経営陣の方が健全だった気がする。
財務省と財界が日本を滅ぼす、か。
/前澤友作社長の言動は「大正」
「みんなの夢を応援する風の企画だとファンが煽ったところで、要するにお金のバラマキである。もっとも、これは彼だけが悪いわけではなく。日本、世界の格差社会を物語っている。金をばらまく資本家に群がる庶民という、凋落した日本の姿を世界に発信したとも言える。」
この記事を紹介すると、もれなく常見さんから「同志」の称号をもらえると聞いて。
「尊敬される経営者、企業とは何かを考えたい。それは市民を小馬鹿にせず、労働者をとことん尊重する優しくフェアな企業である。」
だよね

前澤氏は経営者として、ZOZOは上場企業として、問われる年に。
尊敬される経営者、企業とは何か?
市民を小馬鹿にせず、労働者をとことん尊重する優しくフェアな企業である。
《みんなの夢を応援する風の企画だとファンが煽ったところで、要するにお金のバラマキである。…金をばらまく資本家に群がる庶民という、凋落した日本の姿を世界に発信したとも言える》

⇒/
私もどちらかといえばあんな下品なマーケティングに「ヒャッハー」しちゃう日本経済の凋落ぶりが物悲しく感じたな。有益に使いますって人もいるにはいたけど、ね...
確かに古めかしい。前澤さんにはもっと未来を見せて欲しいな。ZOZOで買ったことないけど…

———
金をばらまく資本家に貧しい庶民が群がる。「凋落した日本の姿を世界に発信した」と。まったくその通り。大正時代と言うならあれ、教科書に載っていた札束を燃やして靴を探す成金が思い浮かぶ。
広告屋に広告打たせるより自分でやったほうがよかったということだろ
株価も最高から半分以下になってるし
社員に還元しても宣伝にはならないから 士気は上がるだろうが
社長の成金趣味に呆れ返っている。経営幹部が過労死家族を侮辱したり、労働者を揶揄する企業から買いたくない。
ただの個人の妬みでワロタ。

労働関係のライターなんだから、もっと建設的な文章を書いてよ。
物凄く同意。
大正時代だったかな、有名な風刺画にお札に火をつけて足下を見てるのあるけど同じ行為に見えたわ。
大正だろうがなんだろうが、人に娯楽を提供できる金持ちはいい金持ちだってFSSで誰かが言ってたぞ。
御大尽遊びと、経営判断と、格差是正は区別したい。私的なイベント時も、仕事に活かせそうか考えたり、いったん格差対策の優先先順位を下げたりするし、それが好印象で終われば気前よくしたくなるのが人情では。この手の非難は羽振りの良さを嫌う守銭奴擁護として働きそう。
「『ジョジョの奇妙な冒険』風に言うならば『貧弱ぅ貧弱ぅ』『無駄無駄無駄』と叫びたい」

タイトルで出オチ感w

「藤田孝典同志」お、おぅ…

全くもって常見さんに同意。成金野郎のみっともなさよ
本当にセンスがひと昔前の成金。
「金をばらまく資本家に群がる庶民という、凋落した日本の姿を世界に発信したとも言える。」まあ、そうなんでしょうね。お好きにどうぞではあるが、成功者感を実感したいのだろう。→
常見陽平さんのアジテーション!
「市民の気持ちなど歯牙にもかけぬ傲慢な言動に対する怒りは燎原の火の如く燃え広がりつつある。断固たる大衆的反撃の炎が赤々と燃え上がりつつある。

資本の走狗と化した日和見主義者、新自由主義者に正義の声を。

隊列を打ち固めよ。」
常見同志の記事。前澤氏の欺瞞を痛快なくらい喝破してくれている。
断固たる大衆的反撃の炎が赤々と燃え上がりつつある。資本の走狗と化した日和見主義者、新自由主義者に正義の声を。隊列を打ち固めよ。
はじめてあのツイート見たときのイヤーな感じが忘れられません。>>
「それは市民を小馬鹿にせず、労働者をとことん尊重する優しくフェアな企業である 」。そやな。この人、この企業(店?)に興味持てんのはそういう所がなさそうだからか。 /
これな。“尊敬される経営者、企業とは何かを考えたい。それは市民を小馬鹿にせず、労働者をとことん尊重する優しくフェアな企業である。” / “ 前澤友作社長の言動は「大正」である”
常見同志のさすがの筆致である。
過去に回帰したのではなく、次の時代の人物像なのかもしれない。
ぼくは彼の思考言動は理解できませんが、このキャラクターでここまで成功しているのは認めるべき。
嶋崎量同志、藤田孝典同志にも共有して頂いたこのエントリー。コメント欄は荒れているが、ツイッターは賛同の声が大きい感じ。怒りの炎を赤々と燃え上がらせよう。
〈社長の成金趣味に呆れ返っている。経営幹部が過労死家族を侮辱したり〉
私は成金趣味は好きにすりゃいいやと思うが、幹部の労働者蔑視は、ZOZOのリスク要因として、見るべき人は見てるんじゃないかと思う。
多分この常見?って方はモテなかったんだろうなあ…という印象。昔は今以上にクソダサかったと思うで。ネタとしか思えないよね特に前半部分。
"「成功」したキャンペーンだと評価する者もいるだろう"
"ただ、私はますます同社や前澤氏に対する不信感が募ってしまった。はっきり言って、成金趣味である"


評価は真っ二つに割れるよな。当然ながらσ(゚∀゚ )は後者。
タイトル見ただけで誰が書いたかわかったわ
常見同志の記事やん。オモロイなww|
自己の立身出世イコール国の発展に直結していた時代もありました。ロケット乗るのに数百億つかうなら、日本のロケット事業にそのお金を投資すれば評価は違ってきていたんじゃないでしょうか。
(常見陽平) - BLOGOS(ブロゴス)

いろいろな考えはあるだろう。でもこの100万円で未来が開ける人も出てくるかもしれないよ。
ちょっと面白かった(笑)
うーんこの記事を叩いている人達ってよくわからんなぁ。常見氏を叩けば前澤氏や田端氏みたいになれると思っているんだろうか?/
ちょい調べてみた
paypayのばらまきを見て、人は金は金さえばらまけばチョロいと思ったのだろう。その金だってポケットマネーじゃなくて広告宣伝費として経常できれば御の字、どんなSEO対策よりも効果はあったはず。
前澤氏は経営者として、ZOZOは上場企業として、問われる年になるだろう。同氏同社に限らず尊敬される経営者、企業とは何かを考えたい。それは市民を小馬鹿にせず、労働者をとことん尊重する優しくフェアな企業である。
以上

記事本文: ZOZOの奇妙な冒険 前澤友作社長の言動は「大正」である

関連記事