TOP > その他のニュース > 失われた「田舎の子育てのアドバンテージ」 (1/2)

失われた「田舎の子育てのアドバンテージ」 (1/2)

12コメント 登録日時:2018-09-11 10:53 | BLOGOSキャッシュ

blog.tinect.jp  リンク先を読みながら、地方で子育てをやっている我が身を振り返って、少し悲観的な気持ちになった。  私は、地方の国道沿いの、イオンやユニクロやニトリから程遠くない郊外に住んでいる。家族で普段の買い物を済ませるには便利だし、東京のよ...

Twitterのコメント(12)

"結局、田舎に住んでいるからといって、自然を謳歌する機会も、伸び伸びと草野球をする機会も、地域社会に根付いた社会性をマスターする機会も、あまり無いのである。"
田舎のメリット「自然に触れて育つ」

確かに現代の子供は外で遊ばずにゲームをしている印象

自然に増れる機会は昔に比べると少ないし、メリットはないかもしれない

ただ、個人的には自然でもゲームでも習い事でもいいから「選択肢を増やす」ことを大事にしてあげてほしい
たしかにそうだよな〜と納得。
「結局、田舎に住んでいるからといって、自然を謳歌する機会も、伸び伸びと草野球をする機会も、地域社会に根付いた社会性をマスターする機会も、あまり無いのである。」
「地域の子ども」という概念がまだある町、というか実践して変えていけば良いだけ。

受け身でなく、自ら動いて、地域の人達を巻き込んでやっていくこと。

各々が身近な所から基本。
たしかにこれは感じる。 /
確かに、「ドラえもん」的な空き地(≒子供が遊んでも、怒られない場所)は、それこそ限界集落以外では、望めないだろな。
田舎でも掛け持ちで習い事やマルチタスクなことを少し意識的にすれば良い気がします。

失われた「田舎の子育てのアドバンテージ」(シロクマ(はてなid;p_shirokuma)) - BLOGOゴスS(ブロ)
都心から青梅へ引っ越してきた友人が、子供の教育について不安を語っていた。福生市青梅市は、都内でも学力が格段に低いとか。/
失われた「田舎の子育てのアドバンテージ」(シロクマ(はてなid;p_shirokuma)) - BLOGOS(ブロゴス) いま住んでいる所は子育てには完璧に近いなと。安全に動き回れる環境って素晴らしい
>どうしても自然を謳歌させたかったら、お金を払って自然を謳歌できる場所に行くしかないし、どうしても草野球をさせたければ、お金を払ってスポーツクラブに通わせるしかない。
★東京から見ると一部の人には今田舎が隣の青い芝生だ。社会関係資本的な共同体=ムラは、新たに作らなければ自然発生などしない。今の社会構造を構築した「彼ら」から、本来のあり方を奪回する事に本気で取り組むべきだと思うよ。
自由に遊べる場所は少ない?田舎での子育ての優位性は消失か
以上

記事本文: 失われた「田舎の子育てのアドバンテージ」 (1/2)

関連記事