TOP > その他のニュース > 「人生の目的を見つけて邁進している」なんてウソ、「仕事の意味」ばかり考えてもしょうがない──田端信太郎×青野慶久 (1/2)

「人生の目的を見つけて邁進している」なんてウソ、「仕事の意味」ばかり考えてもしょうがない──田端信太郎×青野慶久 (1/2)

18コメント 登録日時:2018-09-05 18:05 | BLOGOSキャッシュ

“最強のサラリーマン”の異名をとるスタートトゥデイ・田端信太郎さん。サイボウズ社長・青野とともに、働き方や子育てについて語り合う公開取材イベントが行われました。イベントレポート最終回では、前回に続いて就職活動中の学生や新入社員からの質問をピックアップ。「大企業...

ツイッターのコメント(18)

面接に落ちたからこそ、なぜ就活をするのか。もう一度根本的に考え直そうと思う。
そしてもっと量をこなしていこう。話はそこからだ。
読み返したんだけど田端さんの受け答えが身にしみる
人の成長曲線は人それぞれだから研修で落ちこぼれても気にするな、それより量をこなせ、ってアドバイスは身にしみる(ಥ_ಥ)
ビジネスにおける自分との向き合い方はいかに他人といかに向き合うかっていうのは痺れるな

今の仕事好きなんだけど、問題起きた時に解決のためにチームワークを築いていくのはすごい好き

逆にいえば日々の業務は誰かの役に立ってるっていう喜び感じないのよね
うちの社長とは真逆の考えで面白い
なんかこれ読んで心が軽くなったかも
個性も、もともと持っているものじゃなくて、他人との関係性で決まるんでしょうね。
「皮をむいていったら、最後に本当の自分が出てくる」なんて、実際にはありません。人と人とのぶつかり合いの中で、結果的に生まれるものじゃないですか?
プライベートな悩みもビジネスに置き換える辺りが、もう最強のサラリーマン。
>「人生の目的を見つけて邁進している」なんてウソ、「仕事の意味」ばかり考えてもしょうがない(⁦@tabbata⁩ )
→先輩に「このボルト毎日締める理由って何ですか?」と聞いたら「理由なんてない」と言われた。黙々とルーティンの如くボルトを一緒に締めた1年は楽しかった
質問の仕方もすごく上手!発言者の質問を掘り下げていく過程が参考になる
真面目な人ほど仕事の意味とか、向いているかどうかを深刻に考えちゃうんだけど、「とりあえずその場が楽しければいいじゃん」という気持ちも半分くらいあったほうがいい

田端さんの言葉が深い。
良いフレーズ
>「意味はなかったかもしれないけど、とりあえず毎日楽しかった」と思えれば、それでいいのでは?
"玉ねぎの皮むきみたいに、自分探しばかりやっていてもしょうがない。とにかくいろいろやってみて、自分は苦じゃないのに、他人が喜んでくれたり感謝されたりすることをコアにするべきなんじゃないかな。"
本当に人生の意味をいくら自分に問いかけても答えは見つからない。見つかったと思ってもまた探している。考えてる暇があったら動いた方がいい。
人間の細胞って、最初にどんな形になるか決まってなくて、「お前、骨になるんだ。じゃあ、俺は皮になるよ」みたいに、まわりとの関係で決まるらしいです。
田端曰く:真面目な人ほど仕事の意味を深刻に考えちゃうんだけど、「とりあえずその場が楽しければいいじゃん」という気持ちも半分くらいあったほうがいい。死ぬ直前になって「俺の人生、意味なかった」と気づいたら大惨事じゃないですか。
以上

記事本文: 「人生の目的を見つけて邁進している」なんてウソ、「仕事の意味」ばかり考えてもしょうがない──田端信太郎×青野慶久 (1/2)

いま話題の記事