TOP > その他のニュース > <ラオスダム決壊>韓国企業の日本への対抗意識が裏にある可能性

<ラオスダム決壊>韓国企業の日本への対抗意識が裏にある可能性

39コメント 2018-07-29 21:36 | BLOGOSキャッシュ

7月23日夜に発生したラオス南部のダム決壊事故。当初施工を担当した韓国SK建設は、「降り続いた大雨が原因」と発表していましたが、次第に事故前後の状況が判明してきて窮地に立たされています。■ラオス政府「基準に満たない建設が原因」「ラオスのダム決壊「基準に満たない...

ツイッターのコメント(39)

千人以上が行方不明と言われるラオスダム決壊。建設主体は韓国のSK建設であり決壊の原因は写真や状況証拠からSKの手抜き工事と見て間違いない。これ程の巨大人災なのに日本マスコミは報道しない。
なるほど…
「対抗意識を植え付けた日本のせい」
「むしろ韓国企業は被害者」

というアクロバティック論理展開の
伏線には使える切り口だな笑
只の言い掛かり!
@syakunetuhyouga @sakamoto0ryouma 尻拭いじゃなくてラオスの人を助けるってこと。
わかんないかなぁ…日本が直したら韓国の立場無くなること。
日本が施工するこのダムを意識したからと見て、間違いないでしょう。なにしろ問題のSK建設は、韓国ではダム施工能力1位の企業なのです。
いやいやいや...😅
何しても勝てないだから背伸びするなよっ、朝鮮人😇
TVマスメディアはなぜか報道しない
なるほどねえ。やっかいな話だ
水入れて地盤沈下したらしいじゃないか、設計の欠陥以前の、測量ミスじゃないのか?どうにしろ、ちゃんとケツ拭けるかどうかでSKの真の評価が決まるな。<ラオスダム決壊>
工期だけ早めてもしょうがないし、「工期早くて決壊するダム」と「工期通りで頑丈なダム」だと韓国以外は後者を選ぶともっと学んだ方がいい
ラオス政府「基準に満たない建設が原因」
>さて、韓国はどう責任逃れをするかだな!!!
そんな理由の大惨事かよ
流石チョンクオリティ
そんな事故が起きてたのか。
これ読んだら韓国にあるダム大丈夫か?と思ってしまう
日本のハザマがタワー1を、サムスン物産建設部が2を施工。工期を日本に張り合ってトータル5週早めて、1週間早く完成させて、今も傾いているマレーシアのペドロナスタワー💦
なんか、色々とダメだね。
---
日本ぜんぜん関係ないし>ラオスのダムが決壊した事故 韓国企業は日本に対抗意識か
非常に分かり易いご解説。
相変わらず浅はかで
非常識な南朝鮮。
結局高くつく事を世界の人はそろそろ気付くべき・・適正価格で品質を保とうよ。
素人が見ても判るのでは?
「オールジャパン」で取組むダム建設現場「第二の黒四ダム」
着工が2013年10月1日で、営業運転が2019年1月31日からです。決壊したダムの方は、1年前の2012年着工で、工期どおりなら完成は2019年7月だったはず
韓国企業の工期短縮に焦った日本側の陰謀だ!ぐらいなことを言い出さないかな。 /
日本もあまり笑ってられない状況なんだけど…
【ラオスダム決壊】
ラオスは今が雨季。特に8月がピークでこれからが本番なのに今の段階で「降り続いた大雨が原因」と言い訳

工期短縮で出たボーナス約22億円。そのSK建設が災害支援金11億円を寄付する意向を発表

オールジャパンで取組むダム。あだ名が「第二の黒四ダム」
チラチラわき見運転してるから事故るんだよ。・・・
被害にあった人たちはたまらないだろうな。
関西電力の「第二の黒四ダム」が施工中なんだ。
SK建設の手抜き工事による人災としか言えない。
そうやって、安全度・信頼度とか確認せず安い方?の韓国なんかに頼むから、こうなる。韓国人も汚いけど、選んだラオスも国民を殺したのと同じ。韓国はラオス人が死んでも何とも思ってないでしょうが…
事故原因の究明を、しっかりとやって貰いたい。事故原因を、玉虫色決着にしないで欲しいな。
完全にケンカし始めてんだな。
でも、まったく報道されない。
@bnichan @Nana20913137 @enjoy1982 ラオスの雨期は8月がピークだそうですね。それが7月にこれでは言い訳が立つわけありません。

どうやら、日本のダムがこれより遅く初めて早く終わるという目算だったので、負けたくなくて慌てて手を抜いた、というのが真実のようです
大林組もラオスでダム建設中とは知らなかった>>
( ´灬` )y-~勝手に対抗して、勝手に手抜きして、勝手に5ヶ月前倒しにして、結果ダムを崩壊させてラオスの国民に被害を出したと…。これが本当なら、処置なしだな。
えっ?また日本が悪者なのか?
←韓国SK建設は韓国でダム建設トップ企業、今回決壊したダムの受注後、日本企業連合が別のダムを受注し、はるかに立派なダムを先に完成させる事に。SKは突然の工期短縮、そして事故と…
設計不良とか、雨季に対応できない建設技術とか言われてますが、工期を5ヶ月も短縮したSK建設は発注側からボーナスをもらっていたそうです。そんな中、「ラオスの黒四」は順調なようです
人命におよぶもので手抜きはさすがに・・・/
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む
PR