TOP > その他のニュース > BLOGOS > 北陸先端大、喫煙...

北陸先端大、喫煙後45分間はキャンパス立ち入り禁止 「喫煙者の肺から有害物質が出続ける」

11コメント 登録日時:2018-02-22 10:17 | BLOGOSキャッシュ

受動喫煙対策が進む中、北陸先端科学技術大学院大学(石川県能美市)は昨年10月1日、キャンパス内に18か所あった喫煙所を全て撤去し、敷地内全面禁煙に踏み切った。さらに喫煙してから45分間は敷地内への立ち入りを禁じるという。「45分経ったのか確認するのは難しい。喫...

Twitterのコメント(11)

学校や病院は喫煙者出禁でいいと思うよ。

 「喫煙者の肺から有害物質が…
シリコンウエハーを扱う研究室なんかは呼気からの粉塵さえも嫌うだろうから、最先端技術の大学の措置として合点が行く。根拠もとても科学的。こういう世界に憧れる。
さすがは嫌煙ファシズム(´・ω・`)
支持!日本ではいつまでたってもたばこ税が安い。国が規制しないならこういうやり方はあり。
タブレットとかで誤魔化せるのかね? 45分もわざわざ測って入る人なんてまずいないと思うけどな
いいぞ、もっと広まってほしい。ほんとに臭いからね(´・ω・`)
k位置の会社でも喫煙所から戻ってくる人とエレベータで一緒になろうものならヤニ臭くてたまらん。だからこの気持ちはすごいわかる。
せめて口臭スプレー使うとかエチケットして欲しい
ふだん環境はどれ程クリーンなんだか? ◇
45分が妥当か、どのくらい有害かはともかくとしても、実際吸ってからしばらくは相当に臭いからねえ /
吸ってる人には多少申し訳ないけれど、もうここは認識を改めていただきたい。喫煙は周りへの害悪です。
以上

記事本文: 北陸先端大、喫煙後45分間はキャンパス立ち入り禁止 「喫煙者の肺から有害物質が出続ける」

関連記事