TOP > ネタ・話題 > 長崎県のテーマパーク「ハウステンボス」の中に、現世と冥府の境目を見つけた。 | Books&Apps

長崎県のテーマパーク「ハウステンボス」の中に、現世と冥府の境目を見つけた。 | Books&Apps

16コメント 2021-06-11 07:32  Books&Apps

現世と冥府の境目のような場所が存在する。 島根県松江市、その少し外れにある東出雲町という地域に黄泉比良坂(よもつひらさか)と呼ばれる場所が存在する。 日本神話において現世と黄泉との境目にあると語り継が...

ツイッターのコメント(16)

patoさんの記事、やっと読めた。競馬の話と思わないで最後まで読み進めて欲しい。この視点、大切だし忘れずにいたい。忘れそうになるけど。それだけもう余裕無いよね、みんな。
話の展開も結末も、好き。
このJRAのウィンズのお部屋、めちゃ惹かれる…
patoさん、マジでうまい。
ハウステンボスで馬券が買えるんか…
最後の1文、最高。
まるでpatoが書いたような引き込まれるライターだな、と思ったらpatoだった。
冥府魔道に落ちそう。冒頭から興味深い。
現代の黄泉平坂…ね、確かに😅
そう、ここには俺たちのハズレ馬券で建立されたJRA場外馬券売り場、ウィンズ佐世保があるのだ。
おもろいw
めちゃめちゃ既視感ある文体だなと思ったらNumeriのpatoか…懐かしすぎる
こんな小部屋があることは気付かなかった。てっきりハウステンボス側からも全く入れないものかと
新しいコラムを執筆いたしました。どうぞよろしくお願いします!
おもろ。実家超近いけど、この"境目"は行ったことなかったし、知らなかったんだよな。。。
新しい記事を投稿しました  著者:pato
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む

 
PR