TOP > ネタ・話題 > 気が付けば、私も「5行以上の長文が読めない状態」になっていた | Books&Apps

気が付けば、私も「5行以上の長文が読めない状態」になっていた | Books&Apps

67コメント 2021-01-20 09:01  Books&Apps

つい先日、twitterまとめのtogetterに『「日本人の5割くらいは5行以上の長文読んで意味を取ることができない」まじか・・・』という文章が投稿されてバズっていた。 「日本人の5割くらいは5行以...

ツイッターのコメント(67)

・興味の乏しい文章・自分の感性になじみにくい文章を読むのは辛い

・本当に大切な資料を読むためにエネルギーを使い果たしてしまい、そうでもない文章、記事は結構いい加減に読んでいる
あなたは五行以上の文章が読めますか?
怖い。確かにそうかもしれない…
読めないのは必ずしも読解力の問題じゃないというのはダークすあまでも語った内容ですね。
忙しいから読めない、というのは納得ですが、それならろくに読んでいない他人の言葉に反論とかするなよ……と思う。
「遅いインターネット」、好きな概念だ。
オタクなので(クソデカ主語)たまに140字の連続ツイートするけど、そういえばTLで140字めいっぱい使ってる人めったにいないな……。たまにみかけるとびっくりするほど。
ここまで深く考察はしてないけど、僕も同じ状況に陥っていることに気づいて愕然としたことがある。
良記事。とりわけ最後の仮説。そのまさかのケースが少なくないのではと私は考える。
LINE長文とか読まないよね( ˘ω˘ )
おとう高校生の頃は、岩波をはじめとする新書は、長くて難しい内容の文章をじっくり読むものという位置付けだった。

あと、子供の頃に、インターネットがなくてよかったなぁと思う。
昨年あたりから読書時の集中力低下を感じています。
「長文を読めない」のは若者にも多いらしいので、
加齢の影響でもないみたいです。
SNSの普及で長文は敬遠されやすいのも一因かと。
落ち着いた環境で紙の本をじっくり読みたいものです。
どっちでもええやん。
長文読めなくても死にゃしないよ。
職業柄読まなくてはならない人はどのみち読むし。
読解力の話ではなく、情報過多、可処分時間の奪い合いに関する話だった。自分の場合は、通勤の電車の時間が読書時間になるので、文章を読む時間はあると言えばある。ただ、時間が足りないとは感じるなぁ🙁
■勉強になります。
内容がない文章が氾濫するようになったからじゃないかねぇ…
中身ある文章ならちゃんと読むやろ。
面白かった!

政治家やニュースキャスターがどうやって「5行以上の長文を読める状態を維持しているか」については、役者的な僕から言えるのは

「毎日5行以上の長文を音読する」

これをやっているからだと思うなぁ。
ほえー
部分的にはだけど、なるほどなとこがあった
文字を読みなくない、読めない人たちがYouTubeに滞留してるんだとしたら、小難しいまとめコーナー作るよりも全部字幕と音声で突き通したほうがいいんじゃないか… という仮説ができてきたので、次回作は情報密度ちょう低めで作ってみようと思います。制作速度もアップするし
しかしその原因は「活字離れによる読解力の低下」などで説明できてしまうのだろうか、その点については疑問があった。たしかに「低リテラシー」な人が文章をまともに読めないというのはあるが、しかし現在はいわゆるインテリ階層の人たちも同様の症状に悩んでいることがある。
まさかの私がまとめたトゥギャッターの記事を読んでくだ方が、記事をかいてくださるという展開にw

佐々木俊尚さんも取り上げて下さったけど、地味に反響あるなぁ…


気が付けば、私も「5行以上の長文が読めない状態」になっていた
「ネットニュース編集者として有名だった中川淳一郎は、インターネットに溢れる愚かさを『ウェブはバカと暇人のもの』と12年前に比喩した。」
ドキドキするほど身につまされる記事だった…可処分時間について、自分は考えられている方だと思っていた。本当にそうだろうか?
わからんでもない ゲームのフレーバーテキスト的なものは読まない
全くそのとおりで、自分も流し見したり読むの辛い。むしろ長く書くことが悪に感じてしまうことすらある。
読書好きあるある
「楽しくて読み耽っていたらある瞬間からスイッチが切れたように文字を眺めているだけで内容が全く読み取れなくなる」
あれはこの記事の状態やったんか
これ、本当に同じことを感じているし、意識してfacebookやホームページに長文を書くようにはしている(意識しているけど余りできていない事が、この問題の解決がいかに難しいかを物語っているとも思う)
メディアの大量消費て話を作る側視点で以前話したけどこういう観点もあるなぁ。ある程度クローズドな世界で共有した方がリーダーもライターも精神保てるのかも
気にもしてなかったが確かにと思う。
そもそも人間というのは5行以上の文を連続して読めないと考えている。

分かり易い文章というのは、それを前提として段落を区切って書くものだ。
資本主義はお金ではなく時間の奪い合いで、年々より高度にステルス化されていくから気をつけて切り捨てていかないと未来永劫金持ちの陣取り合戦場にされてボロボロになっちゃう。
ああ、最後まで読まずに拡散しちゃうこと、責められないかもしれない
これ
・紙で読まなくなった
・脳が情報で飽和してる
・発信者の質が低下したために読むに堪えない駄文が溢れている
とか複合的な現象じゃないかなあ

あとドキュメント書く奴にも情報処理技術者の適性区分が必要だと思うんですよね
資質的に長文が読めない人の話かと思ったら、情報量の多さで頭がパンクして長文が無理になった人の話だった
俺は資質の長文耐性は中の下といったところなんですけど、情報量とのダブルパンチを食らってる
どんだけゲームやっとんねん。(^^;)
ネットに忙しくて長文をちゃんと読んでいる暇がない人の割合が増えていくほど、誤読やフェイクの拡散・炎上が増えていく。暇な大学生が多かった頃のような皆が長文をしっかり読んでくれる時代にはもう戻れない
私が書いた説明文や注意書きを「読まれていないな」と感じることがあるのだけど、原因の一部は文章の長さかも知れないね。
文を解りやすいように工夫しなければと思う今日この頃(自戒)
以前から不思議に思ってるんだけど、文章を読まないし書かない人たちは、リモートワークをどうやってやってるんだろう。時差のある地域との協働とかも、読み書き必須だと思うんだけど。
長いから読んでない。3行で頼む。
5行以上の長文が書ける人でさえこうなのか。。
各種SNSやらSlackやら何やらがOGPとか本文読んで見やすくタイトルとdescriptionなり最初の数十文字なりを出してくれるのでなおのことみんな文章読まなくなってそう
これ読んで、もう溢れる情報に晒される日々の中で「5行以上読めない状態」のタイミングがあることはもう免れ得ないと思うので、せめて「流し読みで得た情報」については自覚的でありたいなあ
何を今更、とも思うし、いわゆる「5行以上の長文が読めない状態」はどんなに時間を用意しても読んで内容を理解できない状態の言い換えなので、本当に対処するなら腰据えて国語をやらんといけないと思う
ビジネスメールとかでも3行以上の文章に、正確に的確に回答できる人間は、非常に少なく感じる。
確かに、「5行以上の文が読めない状態」がショックなのはわかる。わかるが、私が気になってるところは「じゃあなぜ半数もの人間が5行以上の文が読めないのに、それなりに社会が回っているのか」なんだなぁ…
おっぱい。おっぱい。

万人に平等の24時間を、秒単位で何ものかに侵食されているからそうなってしまうのだろう。

刑務所にでも入れば、舐めるように文章を読むのだろうなあ。
これはすごくわかるんだけど、それ以上に50秒以上の動画を見てられない。
>おめでとう!
>あなたは5行以上の長文が読める日本人ですね!

よしわかった。
回れ右してそのままインダス川に身投げして小一時間流されてこい。
舞を含めた伝統芸能が廃れている理由に「長い」というのがあるのかもしれません。数分で終わる動画が溢れている影響は大きいと思います。
ついでに言うと、日本人の9割は大長編小説が読めないんじゃないかって疑ってる。

しかし、実は最も難解な物語は他人なので、無理解が蔓延るのだ。
確かに最近はNHKの人も以前ならありえないくらい噛むし読み間違う。文章の意味を取れずに読んでいるのかなと感じることもある。
「本当はエリートたちも「5行以上の長文が読めない状態」のなかで、つまり「インターネットが馬鹿になっていく」のと同じ状況のなかで諸決断を下し、それで政治や運営が動いていたりするものなのだろうか。」
"暇のない人が暇のないままにSNSをなぞって、適当なコメントをつけて、本当は5行以上読めてもいないか、タイトルしか読めていないのに「いいね」や「シェア」をつけ、そうやってインターネットがどんどん馬鹿になっていく側面もあるのではないだろうか" めちゃわかる・・・
文中にも言及されている、中川淳一郎先生の「ウェブはバカと暇人のもの」は12年前の本だが、慧眼だったと思う。。
ラストが怖い!ホラー!
これは心当たりがありすぎてハッとした…
正直スマホもなくネットへの接触時間も短かった二十歳までの方が、分厚い小説やアカデミックな本も今より抵抗なく読んでたと思う。
壺に「今北産業」とスレの現状を5行どころか3行で説明しろなどとほざく難易度の高いズボラがすでに存在していたことを考えると、5行読めるだけマシでは?
...なんて考えがヤバイんやろなぁ。
文章、コンテンツが溢れていて取捨選択が難しい。どれから手をつければ?状態
平日は熊代先生同様の生活を送っているので、本日のような公休日には積極的に本を読むようにしています。意識的にそういう生活設計をするしかないんじゃないですかね、個人レベルでは...
個人的には、気になるTweetする人はは遡って読むし、リンク先も読むようにしてるけど……
ガチで長文でやり取りするとキレる人いるからな……
同じ内容の文章としても、発信者が誰かで受け手の解釈も変わる。彼を信じてなければ「ボクのこと分かってくれない」的な愚痴になる。
昨日なんか書こうとしてやべぇなって思った
Agree.
*****
暇のない人が暇のないままにSNSをなぞって、適当なコメントをつけて、本当は5行以上読めてもいないか、タイトルしか読めていないのに「いいね」や「シェア」をつけ、そうやってインターネットがどんどん馬鹿になっていく側面もあるのではないだろうか。
マジか。通りで僕の長文ツイートはほとんどスルーされているわけだ(
寄稿させていただきました。「暇なバカがネットで狂い咲きする」だけでなく「バカではないけど忙しい人々によってネットがバカになっていく」側面もかなりあると最近は感じています。政治家みたいな立場の人は、これどうやって回避してるんだろう?
エリート、適切に諸決断を下すための優先順位付けを神がかり的に速くて外さない集中力が武器だと推測しているんだけど、人は普く集中力は有限だとすれば、エリートだとしても「5行以上の長文が読めない状態」を免れないのではないのだろうか。
どんなものにも馬鹿なところも利口なところもあるから、そこを厳選できるかどうか、という判断力が今の世界必要。未だに新聞やテレビが信頼できるメディアだって思ってる人はもうだめw
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む
PR