TOP > ネタ・話題 > 優しい先輩の「あなたは悪くない、上司が悪い」という話を信じてしまったときの話。 | Books&Apps

優しい先輩の「あなたは悪くない、上司が悪い」という話を信じてしまったときの話。 | Books&Apps

14コメント 2020-12-08 08:16  Books&Apps

職場で「優しくしてくれる人」はありがたい存在だ。 しかし、「あなたは悪くない、上司が悪い」という話に甘えてしまうのも、それはそれでまずい。 * 私は新卒で会社に入社した当時、ロクな仕事を回してもらえな...

ツイッターのコメント(14)

優しい言葉をかけてくれる上司、耳が痛い言葉を伝えてくれる上司。
耳障りのいいことは言うけど、それだけって人、いるいる
本当の課題は自分から解決しにいきなきゃいけないね。
「耳ざわりの良い話」をしてくれる人は、必ずしも問題を解決するために動いてくれるわけではないし、その話を聞いて気持ち良くなったところで本質的な解決にならないよね、というお話👀
>でも「耳ざわりの良い話」をしてくれる人は、必ずしも、問題を解決するために動いてくれるわけではない。

そうなのか。確かに、慰めにはなっても、現実は変わらないよなぁ。
フォロワーさんから興味深い記事が流れてきた。ざっとしか読んでないけど…。新人をずっと教育せずにいた上司と「何か仕事ありませんか?」と聞けなかった新人、どっちも悪い。慢性的な人不足の中で命のやり取りをしてる医療の世界にきたらさぞ驚くだろうな…💦
「他人の問題を解決するのは、恐ろしくコストがかかる。現実を直視させること。嫌なことに対峙させること。訓練を受けさせること。本人から嫌われてしまうかもしれないようなことを、率直に言うこと。そして、時間をその人のために使うこと。」
まぁ何言ったところで本人が現実直視して変わらないと解決しないよね
ハッとしました。

自分も後輩が悩んでると優しい言葉をかけてしまうけど、それだけでは本質的な解決になりませんよね。

後輩の成長のために、どうすべきかを考えよう。

| Books&Apps
勉強になった。φ(.. )メモ
変えられるのは自分と未来だけ。人とは思ってるほど自分のことなんて見てない。気にかけてない。自分から動かないと変わらない。だから私は思ったことはなるべくすぐ言う。
たしかに有能な先輩はこれらに当てはまる。ちっとも優しくはないし、ときに脱落者もいたけど、部下が成長するんだよな。

/現実を直視させること。
嫌なことに対峙させること。
訓練を受けさせること。
本人から嫌われてしまうかもしれないようなことを、率直に言うこと。
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む
PR