TOP > ネタ・話題 > 僕が争いごとに巻き込まれるのは、僕の弱そうな見た目のせいだった。 | Books&Apps

僕が争いごとに巻き込まれるのは、僕の弱そうな見た目のせいだった。 | Books&Apps

51コメント 2020-10-23 08:03  Books&Apps

学生時代、イケてる系のビジネスマンが猫も杓子もジム通いで身体を鍛える事を推奨し、かつ実際に鍛えている事に本当に驚いた。 ジャニーズJr.みたいな細マッチョならまだしも、中にはプロレスラーかよと言いたく...

ツイッターのコメント(51)

僕は身嗜みを整えるのは変な人除けのトヘロスだと思ってます。
「ビジネスマンがジム通いをする理由は無駄な争いごとを産まないための必要経費だったのだ。圧が無いやつは無駄な争いを産む」
正しい。
筋トレ中級者の証である、ベンチプレスで自重以上を持ち上げるようになってから、不快な出来事に出会えなくなってしまった
するモチベーションを高めてくれる記事


いわゆる、モチベ!
見た目9割って言うからね。
確かに社長で筋トレする人多いけどね。
僕は、経営者の義母の教えとして、むしろ舐められろと言われたからなぁ。
(ただ、俺は男w)
ただまぁ最近は、面倒臭いので正論と言うよりはせめて論理的整合性を持ってきてねってスタンスになった。
"見た目がたるんでると舐められて、結果として無駄な争いに巻き込まれて人生が摩耗する。
…ビジネスマンにおける筋肉はまさしくこの戦わずして勝つ為の鎧として機能する。"
「僕が争いごとに巻き込まれるのは、僕の弱そうな見た目が全部悪かったのである。」ほんこれ。いじめられるやつは見た目を強そうにしろ。
物理は強い。
何故かオレが登場しててワロタw。
「見た目が全て」という言葉は僕自身
好まない表現ですが、実際社会では見
た目での印象の大きさは何事も覆すの
が難しいんですよね。
これ真実。うちの息子さんが「トライアスロン」「ボクシング」を続けてるのは見た目が強そうになる(実際強くなる)からです。
アジア人女性の場合は刺青と金髪がオススメです。
全部読んでないけどチー牛を注文するあいつのあの目の輝きに生命力を見てとれないなんてどうかしてる
イギリスのチャーチル元首相みたいな考え方ですねw
結果として体を鍛えるのは正しいと思うのですが、
>ひろゆきさんみたいに全部ロジックでねじ伏せればいいじゃないか
これは間違ってると思う。
あれは全然ロジックでネジ伏せられてない、基本的にはレトリックのごまかしでしかない
なくはないんだろうけど、そんなに重視しないなぁ。個人的には166cm57kgとしてそんなに争いに巻き込まれない
また筋肉が全てを解決してしまいそうだ..
理想は理想だが現実的に人は見た目で無意識に判断してしまうのでそのルールを受け止めて利用するのがベターですよね
対面でハッタリを効かせるお仕事だと確かに、見た目が若いとかが不利になったりすることは確かにあるのだけど、対面の人にどのように見せるかは結構コントロールが効く場面が多い。自信を持つのは大事。
なるほどねぇ。
マッチョまでいかなくとも、みんながみんな癖の強い格好で過ごしてたらお互いを尊重しあえるのでは、と思ったけど、変な格好のカテゴリーでまたヒエラルキーが出来ていきそうだなとも思った
「争いごとに巻き込まれたら、ひろゆきさんみたいに全部ロジックでねじ伏せればいいじゃないか」
ウチの子もこの手の考え方してるっぽいところあるけど、ロジックとか論破とか相手も同じ土俵に乗ってくれて初めて通用するんだな。残念ながらそんな場面はそう多くはないんだ。
勘違いしている。どんなやつもビール瓶か鉄アレイかナイフで倒すことができるのだ。武器を持つ可能性があるように思われるかが最大の圧だ。ヤバいやつに思われろ
:弱い犬ほどよく吠えるっていうのもあって,そういう輩はどう考えてもかなわない相手にも喧嘩ふっかけてくるので,その手の輩には見た目どうこうは関係ない。
「戦ってる時点で負け」はたしかに……。筋肉にせよ化粧にせよ、「自身の見た目をコントロールすることで、周囲の反応を変える」のは一種の処世術なのかも。

つまり、好きな姿になれるVRが最強……!
マジでほんとにこれ過ぎて
議論で撃退なんてしても相手はノーリスクなんだから、争いごとを持ちかけてくる人は減らないと思う。
体を鍛えてもボコボコにされる程度のリスクしか与えられないし、それすらも「怒らせたら実際に実力行使する暴力的な雰囲気」とセットじゃないと難しい。
本文長い。つまり身体鍛えろってことでいいですか?w//
厄介ごとを回避するための抑止力として最低限の筋肉は必要だよね、その獲得のために時間とお金をかける価値はあるよね、というお話。私達は私達が自覚している以上に、弱肉強食の世界に生きている
人生、他人にナメられたら詰むという致命的なバグを抱えている
人間はルッキズムに支配されているので、見た目がたるんでると舐められて、結果として無駄な争いに巻き込まれて人生が摩耗してしまう。
ホントこれ。弱そうと思われた時点でゴングが鳴る。
男性ならムキムキになることで舐められなくなるわ女性人気も出るわだろうけど、女性はどうなんだろう。あらゆる面で強くなるにはオバチャンになるのが唯一の道かもしれないね
あらゆる意味で男が体鍛えると得ばっかするんだよなーーってのは思う。
確かにマッチョはいじられにくい。
ガリやデブだとイジメに近い弄られを受けやすい。

俺もデブから普通体型に戻ったから自然にマッチョ体型に近づけるように習慣を根付かせたい。
確かに鍛え出してからナメられることは少なくなりましたね。

相手に見くびられるというより、何となく自信や度胸がついたというか…

要は脳筋ゴリラ🦍になった方が無用な争いはしなくなるということ。
中学で身長伸びただけで絡まれなくなったもんな:
ウッウッ
あり得る話だな
男性にもこんな実感があるとは。。そして女の私は、女性だとどういう外見が舐められないか見当もつきません。私とは真逆のベクトルな気がする、、、orz(私→低身長で小太り、常に笑ってるような顔……)/
たしか欧米では肥満の外見が自己管理できていない現れだとされるそうだけど、これも、チー牛で被るような無駄な争いごとの種なんじゃないかなーと思った

/あれは無駄な争いごとを産まないための必要経費だったのだ。
"論破する"なんてことに使われるロジックも可哀想だし、ナメられない為に鍛えなきゃいけないマッチョイズムも最高にダサいと思うけど「見た目がたるんでると、舐められる」は体感出来るな、最悪にも

-----
高須賀さんが珍しく煽らずに凹みながら書いてる感じがして面白かった笑

この理屈でいくと僕も恩恵を受けているのかもしれませんね
確かにハラスメントの被害にあった事はないな…(179cm98kg体育会)
舐められないということについて。
男として、ビジネスマンとして見た目に圧を出すなら結局プルゴリが最適解で短髪筋トレになるんだよな>
私にも経験があります。話しが長くなるのでここでは詳しく書けないけど。
筋肉うんぬんは置いておくとしても、「戦ってる時点で負けだった」というのは世の中の様々な事柄に対して言えると思う。
争わずに済むための努力を日頃からしていることが大事。
転ばぬ先の杖。備えあれば憂いなし。
たいていの人は見た目と肩書きでしか人を判断しない。

ラ・ロシュフコー
鍛えたら争い回避できるの羨ましい…と思ってしまったな…「チー牛をやりつつ平和を望むのは無理だった」チー牛が女に置き換わってしまう…そう、女レスラーですら回避できない…
連載記事が更新されました。ビジネスマンが猫も杓子もジムに通ってマッチョになる現象に、まさかの自分も収束されてしまったというお話です/
新しい記事を投稿しました。




著者:高須賀
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む
PR