TOP > ネタ・話題 > 「初心者」に厳しいと、結局、自分たちのクビを締めることになる | Books&Apps

「初心者」に厳しいと、結局、自分たちのクビを締めることになる | Books&Apps

61コメント 2020-07-06 07:52 | Books&Appsキャッシュ

壱岐でお世話になった知人が、クラウドファンディングで支援者を募っていた。 発起人は立山晋吾さん。 生まれ育った壱岐島の漁業の衰退を目の当たりにし、勤め先の九州郵船を辞めて、「釣り船」の会社を立ち上げた。   そ…...

ツイッターのコメント(61)

ものすごく納得感ある。
色んな場面で言えることだと思います。
あーバンドもそうかも。
公私とも気を付けねば。
TRPG冬の時代……うっ頭が
オンラインゲームとかこわわ
これ当然音ゲーにも言えるよね
ゴルフやらなくなったのはまさにこれだな。
Jリーグが同じ轍を踏まなくてよかった、、、
>> ビギナーに優しく❣️
★わかり味が深い..
大事な話だな〜。運営している技術コミュニティも、同じような形に陥らないように、気をつけないと。/
似たような状況で辞めてった人は何人も見てきたからな
仕事もゲームでも
コレについては若干疑ってるところもあるんだよなぁ。
もちろん間口広いに越した事はないし「やりくり厳しい業界」が「更にやりくり厳しい状況」になる原因にはなり得るんだけど、どれほどの影響を与えているかはちょっと気になる。
これはサークルとか部活とかやる場合でも気をつけないといけないだろうなぁ
というか僕が野球部を途中でやめた原因もここにあるかも
自分の周りは優しくてヲツヨイ
方々で良かったです😄
ゴルフの衰退は、釣りと同じく「初心者に厳しい」からだ。
上から目線のおっさんたちが「練習してから来いよ」「初心者は迷惑だから来んなよ」というオーラを無邪気に出しまくっている。
高い金を払って、嫌味を言われて、急かされてプレーするなんて、誰だってやる気をなくす
釣りはまあ置いておくとして、他のスポーツだとなんであれ「型」に類するものがあってそれとの兼ね合いはどう考えるべきだろう、とか子育ても年の離れた姉妹の面倒をみることがその「型」になってたんだろうか、とか。
>「うざい玄人」がたくさんいるゲームに、誰が初心者として入っていきたいと思うだろう。

拳拳服膺拳拳服膺。
この記事で、学術や研究の世界もこうなっているのかもと思った。
『「初心者」に厳しいと、結局、自分たちのクビを締めることになる』
最近、今まで行ったことない所に行くとたまにいますね「うざい玄人」

私は玄人ではないけど、これにだけはならないようにしようと思うばかりです

この記事を読んだだけで釣りとゴルフはもうできないかも…って思う始末です…
「マニアがジャンルを潰す」+「選択肢の増加」かなと。
»
「初心者はできるようになるまで苦労して覚えて当然」と「客なんだから丁寧に教えてもらって当然」はバランスとらなあかんと思うの。/
初心者=新卒と考えると、うちは大事に扱えてないのでせめて自分の周辺くらいはどうにかしたいと思っている。
いやこれほんとまじでそう思います。
読んだ。「うざい玄人」がたくさんいるゲームに、誰が初心者として入っていきたいと思うだろう。
ほんこれ。社内もコミュニティも家庭内にも、全部に当てはまる。

> 温かい言葉と励ましではなく、「あーあ、初心者はこれだから……」と批判したら……誰も入ってこなくなる。
勉強になった、ゴルフの話とか。メモφ(.. )
「子育てのハードルを~」のとこがすごいと思った。うん、そうだよね。
「よく勉強してから来いよ」となると、せっかく興味持ちかけてもやる気なくなっちゃうよね。
アイドルヲタ界隈も中国情報界隈もワイン好き界隈も、何でもそうだなー
偉そうにならず、冷笑的にならずいたいね。
生きることにこの種のハードルを感じる
"「うざい玄人」がたくさんいるゲームに、誰が初心者として入っていきたいと思うだろう" /
パソ通の昔によく見た話だ/「暗黙のお約束」を知悉する初心者、というのはありえない夢想で、新規流入がなければ界隈が細るのは自明でも、『いまの居心地』が(初心者によって)壊されるという苦痛がそれに勝る、というのはあるでしょうね、趣味娯楽の分野ならなおさら。
これはほんとにどの業界や分野でも起こるし、起きてると感じる。

自分は違う。と思っている人ほどこういう人になっているかもしれないから、自分の行動をしっかり振り返らないとってなります。
兄貴が以前勤めて建設業を思い出してしまった。仕事と人間関係が厳しい会社で2年で退職してしまった。
体力が第一の業種なのか、「可愛がり」の名のパワハラが横行されていたと聴く。
だから、バイトも社員も高齢者が目立つ。結局、仕事の質は落ちるばかりである。
この手の話題はオンラインゲームだけじゃなくて釣りの世界にもあるのか……。
日本のあらゆるところで見られる風景ですね…。
かつてブシロードオーナーの木谷高明氏が「全てのジャンルはマニアが潰す」という言葉を残されました。
新しい人を受け入れないジャンルは衰退していくのみです。

ライター業界はそうしたくないなあ😭
弓道にも当てはまるところあると思いますね。
自分も無意識にそうなってしまわない様、気をつけたい。
ミニ四駆界隈でも言える事ですね。

まずはメーカからして初心者お断りな状況をどうにかしないと衰退の一途をたどりますね。

あんなトライアルクラスがあるかいヴォケ~
この記事は釣りについて書かれてるけどどこの業界でも一緒だと思うし、こういう事があるから「初心者お断り」みたいな事が暗黙の了解になってたりするんだなって思う
マウント業界は滅びゆく。自分たちが楽しければとかそんなの言ってる場合じゃないよ。
ITエンジニア業界の話を聞いているかのようだ。。。 ::
誰でも初めは初心者。謙虚に教えを乞う人に、敬意を持って接しなかったらそりゃ嫌がられるよね。そして距離を置かれ始めて、気が付くといつものメンバーしか残っていない…何処も同じ、学校も会社も、趣味でも家族の間柄でも。
親切な上級者がいるあたり、サーキットはかなり素敵?
(オートポリス以外は知らん)
あれとかあれとか…
そう思うと競馬業界の新規ファン獲得への情熱はすごいと思う。この状況下でも売上増えてるし。

これは本当全ての分野に言える。
初心者に厳しいとその分野事態が衰退して残った人も割りを食うし良いことが何もない。
初心者中級者を上級者の的として戦場に送り込むガンオン。
初心者をレベルの高いだけの初心者のまま最高難易度に放り込むPSO2。

後者はまだ救いがありそうだが、運営もプレイヤーも改善に動く気配はない。
初心者に優しく。
良い事例に溢れている記事。

" マネジメント上も、新人に教えなかったり、すぐにマウント取ろうとしたりする先輩などは「組織を破壊している」とみなして、厳しい処置を取るべきだ "

これは本当そうです。
YouTubeの効用は初心者に優しいこと。Google自体がハウツーを推奨していることもあるし、「市場に最も多いのは初心者」って観点でも再生数を稼ぐなら初心者向けの丁寧な動画が評価される。
ゴルフ好きとして一言

脳内ツアープロの人はこの記事読んで深く反省しましょう

初心者へ
あまりにウザければこう言いましょう
「マナー守ってプレイファストですね。ではアドバイスされたので二打罰ですね」
自分はゴルフで全く同じ経験がある。初めてゴルフをして打ったら、下手だなと言われた。初めてだからそりゃそうだろ、と思ったのと同時にこんなこと言われるならやりたくないと思ってもうやる気がない。
初心者に厳しいといえば体育会系部活を思い出す。
自分は厳しくても腕を磨きたいガチ勢だったが、このマインドが普通だと考える人ほど、ガチ勢ではない初心者目線で楽しみとは何かを意識しなければならない。

/初心者に厳しいと、ゆくゆくは自分たちのクビを締めることになる
初心者やまだ右も左をわからない人にマウント取りに行ったり、厳しくしたら、そこから人は離れていく。それが結局は、仇となって、その人の周りには誰もいなくなる。まずは相手を楽しませないと。
ゴルフは好きだけどゴルファーは嫌いだったりする。
肝に銘じます。
同感です。誰もが最初は初心者だったのに、いつの間にかその事を忘れている。

「初心にもどれ」。

初心者の指導ができるスキル、初心者を戦力にできるスキルは、これまで以上に評価に値する。
俺は初心者には優しいと思う。
半可通のイキりに対しては知らん。
>
遥か昔にうちが某楽団を速攻で辞めたのがこれだなあと思い出した。入団してはじめての楽器運搬で何も教えてもらえずめっちゃ怒られたからもうええわってなった、まあ若気の至り。。 |
首が折れるほど頷ける話
読んだ。
日本において、さまざまなジャンルで同じことが言えるように思える。
工場でもジャズの世界でも一緒でね・・・

あと「親分肌のおやっさん」なんて普通の環境ではいないし、そんな個人芸の幻想に中の人たちが耽溺しちゃダメだと思う。
以上
 

いま話題のニュース

PR