TOP > ネタ・話題 > 「仕事で成長」って、本当に必要ですか? | Books&Apps

「仕事で成長」って、本当に必要ですか? | Books&Apps

123コメント 登録日時:2020-02-18 07:42 | Books&Appsキャッシュ

何か月か前の話で申し訳ないんですけど、「まなめはうす」のまなめさんっていう、コーラばっかり飲んでる変な人がこんな記事書いてたんです。 部下の教育に失敗した話 そう思う私だからこそ、部下には学ぶ時間さえ与えれば成長できると思って、業務を進めなくてはいけない立場でありながらも、可能な限り時間をつくってあげたんですよ。...

ツイッターのコメント(123)

成長って卒業アルバムに似てる。ある時ふと振り返ると周りに感謝できたり更に意欲湧いたりするけど、誰も卒アル貰うために頑張らない。だから後輩には「成長したい」って言わせてないかは気をつけてる。でも、卒アル見る感覚は、貰った人じゃないと分かんないもんなんだよな。
どうしてそれで採用されるんだ!!!!
この問題、難しい…
んー、難しいけど、自分は勉強する時間ほしいけどな。プロジェクトに入ると期日に追われるので、期日とかなく勉強できる時間はほしいと思ってしまうのです。

- - -
仕事を改善していくために何かしらの勉強をしていくというのは、当たり前すぎると思っている
仕事で成長しなくてもいいという人がいるのにショックを受けた
あなたがすべきことは「努力して自分の能力を成長させること」ではなく、「安定してその仕事で食っていけるニッチを見つけること」です。
やりがい搾取と通じるものがなんかある、成長搾取?

とはいえ成長しやすい環境かどうかとは別問題、成長の義務化に対する問題提起か
もちろん成長は重要ですし有力なんですが、「成長は単なる手段でしかなく、場合によっては必須のものですらない」という認識は、案外重要じゃないかと思うんですよね。

ハッとさせられた。頑張って勉強してきたけど「なんで成長したいのか」まで考えたことなかったかも。
「成長を目的と勘違いしてしまうと、滅茶苦茶搾取されやすい」ほんとこれやと思う〜〜 ::
あともう一つ。「成長」と考えるとややこしくなるわけで、「学習」の方がいいと思います。仕事の中で学習していままでできない事ができるようになったのならそれでOK
めちゃくちゃ良記事だった
確かに成長に力入れなくてもお給料もらい続けられる環境もありそうだけど、そんな生き残り方に頼れるほどIT業界は安定していない印象。

成長を目的にしてはいけないというのは本当にその通りだと思う。
成長させて"あげよう"って視点はあまりないかもしれない。
本当にこれ。
成長は副産物。

「成長を目的と勘違いしてしまうと、滅茶苦茶搾取されやすい」ということです。

「仕事で成長」って、本当に必要ですか? | Books&Apps
成長は手段。「成長出来るからちょっとくらい給料が安くても目をつぶってね!」などと言ってはいけない。
成長は「手段」でしかなく、強要するものでもないし、望まない人間も多い。また、やたらと「成長」を連呼し搾取する人間に違和感を感じていた理由はこれかと納得。良記事。

がしかし、俺は成長したいんやが「あなた」はどうですか?
自分も数年前くらいから、これ分かってきた。でも成長してもらわんことにはどうしようもないから、具体的な成長目標を仕事として渡す。それでもダメなら、切る。
「成長は目的ではなく手段」

ちょっと自分の中で成長が目的化してた気がするなぁ。

成長した先にどんな目的があるのかを見据えないと、虚しい気持ちになりそうだよね🤔
「目的や、解決しなくてはいけない課題があって、それを解決する為の手段の一つとして必要なのが本人の「成長」である」/
「成長」は、個人がそれぞれの目的を実現するための一つのオプションだ、だから成長を目的化して、画一的に人に成長を求めるのは変だ、という話。
正解は無いけど、私は「自分を好きでいるために」成長したいと思ってる。体も見た目も今より衰えて老いていくしかないこの先に、成長できる分野は仕事以外に無い気がしてて。/
■勉強になります。ウチでもタスクを振られていないスタッフは、スマホのゲームで遊んだり、まとめサイト系のネットをぼけーっと眺めていたりするので、記事にある【「成長したい」っていう欲求は、決して普遍的なものじゃない】という気付きには共感できました。
向上心がなくなった時の未来を想像すると怖いけど…それはオレが転職経験があるから生じる感情かも知れないなぁ。 -
自分も隙間時間があればスキルアップできるって思ってたけど、実際時間だけをもらった時に何をすればいいかわからなくなった。
1on1とかしてて思うけど、仕事をあくまで成長の機会の1つと捉えている人と仕事の領分の中での成長しか見ていない人がおるよね
どっちが良い悪いとかは置いといて、後者の人にあえて時間を作っても無駄になるのは分かる
なるほどねー
そりゃ、あれやりたいこれやりたい言うだけで、意識高い系って言われる訳だわ。
この記事の内容は本当に興味深い。
私の周りには業務以外でも意欲的にキャッチアップしたいと思う人が比較的多いけどみんながみんなそういうわけではない。
かく云う私も毎日のように勉強はしたくないし…
「成長出来ないのが怖い」という危機感、凄くよく分かります。
「成長したい」という欲求、凄く尊いです。
それを否定する気は毛頭ありません。

ただし、「成長」を求めるかどうかは個人の選択であって、決して他人が押し付けることではないでふ。

でふでふでふ。
勿論、こういう考えもありと思う。
これ。私も昔、失敗した。。
一生懸命指導してた後輩くんに「日々成長って思ってるの。なかじさんくらいですよ。みんながみんなそうじゃないです」と拒否され。
楽しんで学びがあればってスタンスでやってたから当時は悲しかった。
労働市場で生き残るために、成長が必要だ!と思っていたところだっが、それは方法の一つに過ぎない。今後拡大が見込まれる事業分野に所属しているという今の自分が採用してる生存戦略を軽視してた。
"成長が「手段」でしかない以上、会社は「成長機会」を報酬と考えてはいけない。"
(∩゚д゚)アーアー!
>もちろん成長は重要ですし有力なんですが、「成長は単なる手段でしかなく、場合によっては必須のものですらない」という認識は、案外重要じゃないかと思うんですよね。

なるほど。手段。
そして必須のものですらない。
教えるときの距離感。「こうしたらこうなるけど、どう思う?」と尋ねるのが大事だなと改めて。。

’大抵の人は、仕事を通じてスキルを磨ければいいなあ、くらいには思っているけれど、

「自由時間に自発的に頑張って勉強してまでスキルアップしたい」

とまでは思ってない’
「成長しなくて怖くないの?」っていう考え方こそ、「視野が狭い」ものかも知れない

人間って右肩上がりじゃないといけないって思いこんでいたんだ
搾取された経験も、「成長」には欠かせない・・・。
いやはや、どんな体験しても良いんですけど、活かすも無駄にするのも自分次第ってことですかね。あ、ちなみに搾取されてるなーって思うならさっさと逃げましょう。
手段の一つ、というよりか成長ってのは結果でしかなくて、勉強や新技術のキャッチアップってのが手段かな
日々の業務をこなすのだって成長の手段だし
似た言葉に「やりがい」とか「自己実現」みたいな言葉があって、その言葉でその人が目指した方がいいゴールを曖昧なものにしてることが往々にしてある
成長は押し付けるものではなく、誰しもに押し付けるのは間違ってると思う。しかしながら、成長し続けることで功績を残したり栄光を勝ち取った成功者がいたとして、成長を望まない人たちがその成功者を僻んだり、叩いたりすることの方がよっぽど間違ってるとは思ってます。
"もちろん成長は重要ですし有力なんですが、「成長は単なる手段でしかなく、場合によっては必須のものですらない」という認識は、案外重要じゃないかと思うんですよね。"

なんかいろいろ思うところあるな~と思った。「成長」。
要約すると「成長」って目的じゃなくて手段だよねって事を言ってるんだけど、その通りだと思う
それより「得意」や「適正」を見つけようっていうのも完全同意
昔名のある人から「僕のサイト作れば荒砂くんの名も上がるよ」と言われ、当時ピュアピュアだった私は見事に搾取され、価格に見合わない仕事を請け負うハメになったのを思い出しました。

"「成長」をネタに搾取してこようとする相手には用心するに越したことはない。"
なるほど、成長はだれしもしたいとは思わない、と。学生さんの勉強もそうだもんね~

「仕事で成長」って、本当に必要ですか?
「成長はあくまでも手段」、と。じゃあなんのために成長するのか?その手段を用いて達成したい事はなんなのか?大事になってくる、と。それは仕事での目標だったり将来の夢だったり、少し先を見据える、ってことかなぁ。
“そもそも「成長」って別に「働く目的」ではなく、「生き残るための数ある有力な手段の一つ」でしかないんですよね。”
報酬をもらう、という自己目的にかなって言えば、ここでいう「成長は手段」でもいいと思う。ただこの視点で欠けるのは、雇用でのサバイバルより、「他者」がいないこと。他者の欠けた「幸せ」は悪い方の均衡しか生み出さない。
"「成長」を求めるかどうかは個人の選択であって、決して他人が押し付けることではないし。

また「成長」をネタに搾取してこようとする相手には用心するに越したことはない。"

そういうお話。
いまの自分にとって良記事だった。
ん?
もったいなくないの?
給料貰うだけでは非常にもったいない^_^

長い。3行でまとめてほしい
ちょっときた
新卒で入った会社、当時はとにかく「圧倒的成長」という言葉が大好きなとこで、「そもそも成長とは何か」を問うことが許されない雰囲気だったのを思い出す。それが合わなくて一年ともたなかった
どうやったら成長できる?という言葉は相手にとって迷惑なこともあります。成長について考えるのは今までの経験に依存し、相手にとってはそんなに大切ではないかもしれません。

今ではなく、相手が何かを変えたいと思った時、助けてあげられる人になりたいなと思いました。
そもそも「成長したい!」って思える仕事に出会えることが幸せじゃないかなぁ。
「仕事で成長したい」ってキラキラした職業の人が思うことで、田舎の事務員には関係ないと思ってた。毎日平和で給料がもらえればそれでよかった。
「成長」って実はいまいちよくわからない概念。ただひたすら努力してればとりあえず「成長」してしまう。
「適応」の方がしっくりくる。「成長」してても、「適応」できなきゃ衰退するよ。
成長やスキルアップは目的ではなく手段の一つにすぎない。ほんとこれ。あてもなく新しい技術を追うよりも、技術を使って何をやりたいのかがはっきりしてることの方がはるかに重要。 >
基礎とか基盤とか土台とか、仕事に対してそういうものがない人がこういう考え方すると人生つむんじゃなかろうか。
「成長」って割と投資に近い部分があって、成長することと価値を生み出す(成果・自分の利益につなげる)ことはまた別。成長が明確に成果につながると思えなければ、大抵の人は成長を嫌がるんじゃないかな。
素晴らしすぎる。確かにそうだ。
この考えでいて「成長は必要じゃない」って言うならまぁ分かるけど、この働き方ってフリーランスじゃないと難しいだろうし、レベルアップしない勇者をパーティーに入れておけるほど会社は余裕ないと思うんだよ
成長したくない,という言葉を,コストを支払いたくない,という意味で使っている典型
コストゼロで成長できるならイエスと答えるでしょう
業務時間内に、業務として定めた勉強を指示するが正解
労働者のコストは変わらず給与+成長と、同一コストでリターンが増えるのだから
成長という神話を今でも信じてたんだと思って自分にびっくり!
生き残るための数ある有力な手段の一つでしかないとのこと。
確かにそうだ。お金とかもそうだよね。
気になる方読んでみてください★
色々同感。

例えばマーケ的に考えると、成長しなくても市場を変えれば新しい成果を生み出せたりしますよね。

「それも成長」と言えるけど、そう言えるのが成長という概念の曖昧さで、だから上手に活用するのは良いけど、強迫観念みたいになるのはよくないなって思います。
めっちゃ温度差がある。
成長しなくてもいい環境は理想だけど、勉強しないとやっていきにくくなる気がしている。
(私は好きで勉強しているけど…
「自分で何かを作って育ってきた」人は極々少なくて、「与えられた課題をこなしているうちに育っていた」人が大半なので、そう言う人種間で認知に大きな齟齬がありそう。:
大抵の人は、仕事を通じてスキルを磨ければいいなあ、くらいには思っているけれど、

これになってる。
こういうの逆利用しているというか、他プロジェクトにいる有能な人を引き抜く際、そのアサイン権を持つ人に「彼にとって経験値になる」とわざと言ってたりするのだが、悪の手先かおれは。
成長マインド強い人は搾取されがちってなんかわかる
私も一時期「やる気ない人意味わからない」みたいなことを思ってた時期もあったな‥

>「君たち成長しなくていいの?」
>「成長しなくて怖くないの?」
>っていう考え方こそ、「視野が狭い」ものかも知れないんですよ。
"「まなめはうす」のまなめさんっていう、コーラばっかり飲んでる変な人"
それはさておき、
"「成長を目的と勘違いしてしまうと、滅茶苦茶搾取されやすい」ということです。
成長が「手段」でしかない以上、会社は「成長機会」を報酬と考えてはいけない。"
これよね……
興味深い。この視点は忘れちゃダメなやつだ
マジ、めちゃくちゃ最高なので全員読んで欲しい

成長とかほんっっとピンとこないし、押し付けて来る人うるせーって思っちゃうけどスッキリした
自分にとって仕事での成長は、ラクして定時で帰る為の手段。

/
「成長」っていう言葉は正直嫌いだけど「変化」を嫌うようだといずれ仕事なくなるぞっていう危機感は常にある。だから「変化」を受け入れられるように心がけるようにしてる。/
「「成長」をネタに搾取してこようとする相手には用心するに越したことはない。」

やっぱこの人の記事好きだなあ
僕もかつて「成長欲求が前提」でチームに指導やタスクを振っていたところがあったよね…みたいな話を後輩としたので、とてもタイムリーな話。気を付けねば。
人生における成長って趣味だから完全に価値観の話よね
仕事も生きるための手段だから、これもまた価値観

要はどう生きたいか、それだけ

僕は人生を楽しくするためには仕事を楽しくするのが手っ取り早いと思うので、仕事で成長したいです
わりと欲張りなタイプ
強く同意。
一番の目的は幸せになることであって、成長はその実現の一要素/手段でしかない。
そして絶対必要条件でもない。
自分も一時期イギリスで過ごしてなければ、これに気づけなかっただろう。
日本はまだまだ盲目的な成長至上主義が色濃い。
成長できた方が選択肢広がって人生豊かになるという経験から、優先順位は高めですね自分は。成長捨てて楽するのは良いけど、後々あーだこーだ言う人も多い。やりがい搾取には要警戒です..
成長とか考えると疲れるので、「きれいなコード書きたい!」とか「あの作業いつも辛いので楽したい!」とかそういうのでいいんだと思う /
なるほど。そう考えていこう
上の方しか読んでないけど、マジでこういう職業エンジニア多い。
成長したくない、何を勉強すればいいか分からない、とりあえず仕事をください。受身な人間しかおらん。
前段からにじみ出るクソみたいな人格からよくこの結論に達せたなと褒めてやりたい。
手段でしかないと思ってたら、書かれてた。
自分はたくさんお金欲しいから勉強する。もちろん面白いからってのは前提だけど。
成長のための労力に対するリターンが少ない環境だと、それこそ面白いと思う人しか勉強しないと思う。
わかる( ˘ω˘) 人生において「成長」を求める人間、そもそもめっちゃ希少種よね( ˘ω˘)
究極的には生きているだけで一定の収入が入るBI的な制度が一般的になって欲しいと思うなど
>「成長」を求めるかどうかは個人の選択であって、決して他人が押し付けることではないし。
>また、「成長」をネタに搾取してこようとする相手には用心するに越したことはない。
"「成長を目的と勘違いしてしまうと、滅茶苦茶搾取されやすい」ということです。

成長が「手段」でしかない以上、会社は「成長機会」を報酬と考えてはいけない。

「成長出来るからちょっとくらい給料が安くても目をつぶってね!」などと言ってはいけない。"
@yu_tsuchi ちょっと目線は違いますが、さっきこれを読みまして

成長できない/したくない人はそういう環境や機会を与えられてもしない、という事例から「成長できる/したい人は、そういう企業や上司との出会いが重要なんだなー、結局、相性なんだろうなー」って思いました。
必要ではないと思います。 人それぞれかと。
結構怖いこと言ってるよなとは思う |
「成長したくない」
と思えることは幸せなことではないか?
なんて思ったりもするんですよね。

現状大きな不満もないために
成長したいと考える必要がないとも言えるから。
この記事には共感なんだけど、この手の話に必ずあるコメント「成長しないとついていけない」てのが心底わからん。コンピュータ進化し続けてるったって、0と1の数と速度が上がってるだけやん。2進数計算できりゃ大概できる(暴論
成長を押し付けてはいけないってこと。成長させるからって搾取されないようにすること。覚えておこ…。
「『成長出来ないのが怖い』という危機感」「否定する気は毛頭ありません」
「『成長』を求めるかどうかは個人の選択」「他人が押し付けることではない」「『成長』をネタに搾取してこようとする相手には用心するに越したことはない」
ヒマな時に読んでみる。
自分が職場に必要だと思う多様性ってLGBTとかじゃなくて「バリバリ働きたい人」と「のんびり働きたい人」の共存なんだよなぁ。
>「成長を目的と勘違いしてしまうと、滅茶苦茶搾取されやすい」ということ"

>プログラムは趣味だからやってるけど、別に成長したいとは思ってないな。不安だから成長したいというのは、誰でもいいから恋人欲しい的な空気を感じる。
そもそも「成長」って別に「働く目的」ではなく、「生き残るための数ある有力な手段の一つ」でしかないんですよね。

> 別に必須ではなく、唯一解ですらない、手段の一つ。

うん
「まなめはうす」のまなめさんっていう、コーラばっかり飲んでる変な人がこんな記事書いてたんです。
/
「自発的にスキルアップしたい」人100人の中に2,3人かもしれないが「自発的にスキルアップできる」人はもっと少ないよ:
仕事で成長を声高に言う人ほど遊びでの成長を軽視している…。
個人的感覚だけど、やりたいことをやってる時が一番成長すると思ってる。
まー、セイチョーセイチョーって鳴く生き物はまず大抵何を指して成長と呼んでるのかって点で詰まるよね。
次に成長と呼んでるものの持つデメリットを指摘すると絶句する。
目的を手段と取り違えると危ないよと思う "成長を目的と勘違いしてしまうと、滅茶苦茶搾取されやすい"
俺は最初から仕事は仕事で成長と関係ないと知っている。仕事で自己実現しようとするのは悪手だと思ってる。もちろん向いてる人はやったらいいのよ。そもそも成長とか本人以外が言うのおこがましいわ。 /
ああ、これですよ。最近ずっと思ってることは。
成長は時に何かの目的達成のための手段になりうるけど、ただ漠然と成長そのものを目的に据えても、そこには虚無しかないじゃないですか。
確かに会社や上司にとやかく言われる筋合いのものではないな。
自分は新しいことを常に学んでいないと不安で仕方ない人間なんですが、成長ってそもそも必要なのというお話でした。
「…もちろん成長は重要ですし有力なんですが、「成長は単なる手段でしかなく、場合によっては必須のものですらない」という認識は、案外重要じゃないかと思うんですよね」

逆説的だがこう考えられるようになることも「成長」
『「成長」を求めるかどうかは個人の選択であって、決して他人が押し付けることではないし。』
人それぞれ、仕事や会社に求めることは全く違うし、"成長"に込める意味合いも違う。

一方的な価値の押し付けではお互いにいいことない。
この人がいくつか知らないけど、長く業界にいたら「成長しない」って「退化してる」と同義たったりするよ。だからその程度には「成長」しないとダメよ。目的化する必要はないけど。
「成長」じたいが個人選択できる手段でしかないので、これを会社が強いる・もしくは成長機会を報酬としてとらえることは押し付けになっちゃうよ、という話。なんだか成長って終身雇用みたいだな
コーラばっかり飲んでる変な人?別人かな
寄稿させていただきましたー。 Books&Apps: 「成長しないって怖くないの?」という質問に対する私なりの回答、兼、成長を目的と勘違いしていると色々よくないことが起きちゃうんじゃって話です
目的又は課題に応じて解決手段を「成長」から過不足なく拡張ないし一般化するのは、特許明細書書きの本分と同じでこれは簡単ではない
でも「成長が一手段である」点だけでも重要な示唆なんだよな

/目的や、解決しなくてはいけない課題があって、それを解決する為の手段の一つ
よくある成長詐欺。
以上

記事本文: 「仕事で成長」って、本当に必要ですか? | Books&Apps

関連記事

関連記事は見つかりませんでした。

いま話題の記事