TOP > ネタ・話題 > いつの間にか「好きなことをしていい」時代から、「好きなことをしないと豊かになれない」時代に変わった。 | Books&Apps

いつの間にか「好きなことをしていい」時代から、「好きなことをしないと豊かになれない」時代に変わった。 | Books&Apps

334コメント 登録日時:2019-07-22 07:45 | Books&Appsキャッシュ

最近、以下のようなフレーズを、本当によく見かけるようになった。 「好きなことを仕事に」 「やりたいことを見つなさい」 「好きなことだけをやれ」 ネット上のみならず、旧来のメディア上にも、そのような言説が踊る。 「前から、そう言う人っていなかった?」という方もいるかもしれない。 それは、そのとおりだ。...

Twitterのコメント(334)

この記事を思い出した

いつの間にか
好きなことをしていい時代から
好きなことをしないと豊かになれない時代に
今の時代、求められるのはオールマイティーに仕事ができるジェネラリストや雑学王的な人よりも、何か特化して一つのことに長けている、オタク気質なスペシャリストな人が求められていますね「好きなことをしないと豊かになれない」時代に変わった。
やりたくないへの感度下げると自己肯定感下がるからな…
@llllyooteesasas ではその自由を謳歌するための条件は?
 ・市場に自らの価値を訴える
 ・市場とマッチしていない場合は、学習・修正を行う
の2点を獲得する必要がある。
この手の話、好きな事をして豊かになれる、能力とマーケット(運と言い換えても大差ない)に恵まれたごく一部以外には、経済的な不成功に後悔まで追加される呪い。
好きなことを仕事にして自由に生きなければならないという考えに固執するより、もう少し気楽に考えて生きていいと思うけど。
印象的なのは次の2点

・近年は、「好きなことをしてもいい」から、「好きなことを仕事にしろ」に変わっている。そうしないと豊かになれない

・「好きなこと」をしているだけでは仕事にならない。マーケティング能力によって、市場に自らをさらし、学習・修正する必要がある
要するに好きなことを見つけたり仕事にする努力もしないで流されて惰性で仕事してる人間が僻んでるだけなんだよな。自分の甘えを転嫁して正当化したいだけ。
高度に専門化された社会では、好きなことをして、特定の分野を極めないと、豊かになれないのである。

「好きを仕事に」など、けしからん!」という人が時代遅れになったわけ
"自由の使い方をマネジメントする"ってのは大事だと思う。ここ最近時間が有り余ってしょうがないのに、どーでもいいことにほとんど時間を費やしてしまう。自分で管理せねば。
この辺の変化に気づける人はあまりいない。
イケハヤ( @IHayato )さんも度々 発信されていますが、好きなことをして、特定の分野を極めないと、豊かになれない時代ですね。好きなことを仕事にしよう!ではなく、しなければならない、ということが重要ですね。僕も好きなことを仕事にするために、夏休みは頑張ります。
そして、生物が「これはやりたくない」と直感することというのは、たいてい「その個体の生命力を減殺させるもの」なのです。自分の生きる力を高めるものだけを選択し、自分の生きる力を損なうものを回避する。
私は運が良いのか自分でそうしてきたのかどっちもだが、好きを仕事にしてきた。好きなことならば、苦労が苦労ではなくなる。好きなんだからやり続けられる。そういうことなんだと思う/ (1/3)
「教養としての自由の使い方」

この表現はしっくりくるね。

・判断力が最も高まるのは好きなことをしている時
・自由の使い方をどうマネジメントするか
・やらされ仕事は貧しさの象徴的

ふむ。
自分が伸ばせる領域を探すセンサーのうちの一つが、好きかどうかという軸なのでは。
真の働き方改革というのは好きなことだけをして生きていくという生き方にシフトすることだという。18歳から30年間そのことだけしか考えていない。9年間サラリーマンをしたが、その間も忘れたことはなかった。それが今の自分にしっかりとつながっていると思う。
「好きなことで生きる」

「好きなことで、生きていく」というYou TubeのCMが流れたのが2014年。はや5年が経ちました。

現代は、没頭するくらい好きなことでないと自分の価値が提供しづらくなってきてます💁‍♂️

今の時代を生きる上で考えさせられることが多い記事です🐨↓
大事なのは自由の使い方。
自由を勝ち取るには、相当な力が必要。
力があるから、そんなことが言えるわけで、そんなの無い人がほとんど。
負ければ、さらにミジメなことになる。
(1/3) - ITmedia ビジネスオンライン
"「言われたことだけやっていれば、それなりに豊かになれる世界が望ましい」という方もいるだろう。そう言う人はちゃんと選挙に行って、政治を変えよう"
(3/3) - ITmedia ビジネスオンライン
『「自由に生きられる」は、いつの間にか「自由に生きねばならない」に変わっていた。』になると、それは不自由だねー😑

言葉の定義を自分で決めることじゃない?😏
好きなことしていいよって言ってもあまり変わらなかったから、表現を変えたんじゃないかな。

危機感を煽らないと自分事にならないし、人は変わろうとしない。

一度きりの人生、本当に好きなことを考えて欲しいんだと思う。

ねばならないは疲れるから、自分から考えたいね。
>現代人にとって最も重要な教養は「自由の使い方」だ。
自由を謳歌できた人たちは、そうでない人々に手を差し伸べる義務がある…
ていうのもノブレスオブリージュの考え方だね
「好きを仕事にしないと豊かになれない」世界は「主体的に動く人だけが豊かになれる」という、残酷な世界。
自分で選びとらない限り、何も手に入らない世界。
最も重要な教養は「自由の使い方」
「自由」を使いこなせる人と、使いこなせない人の断絶は、絶望的なほど広がる。
生きる為に仕事をする
仕事で生き甲斐を見つける 世代
好きな事を仕事にする
好きな事をしないと幸せになれない世代

それぞれ価値観の前提が違うから、理解してもらえなかったりするのよね。
いかに市場で晒け出せる自分でいられるか。何でも受けますじゃなく仕事の選び方、仕事の進め方も作り方も全てがつながる。
フレーズからして刺さる。
アカン、ワシ時代に取り残されとる
((( ;゚Д゚)))
好きな事で生きていく→好きな事で生きていかなきゃヤバい
この言葉が胸に響きました。

受け身ばかりで思考停止しているサラリーマンに待ち受けてる未来はあまりにも暗い。

そうならないために私は行動し続けます❗
合う合わないはあると思うけど、良い記事だと思う。
「好きなこと以外でお金稼げるほど世の中甘くない」
って言葉が好きですねぼくは。
🔽


完全に同意。そして、これから生まれる職業は「アート系プログラマー(コードで芸術を描く人)」とかですかね。ブロガーの最終形態は「ネット詩人」だと思ってます
人生に主体的になれない人がいる世界の方がよっぽど残酷だと思うんだけどなぁ。
最近考えていたことがピシッと書かれてた →
安達氏の最後の余談に激しく同意。好きを仕事にするにはマーケティング能力が必須です。

マーケティング能力は本を読むだけで身につくものではなく、リスク取って行動しまくってこそ得られるもの。つまり好きなことを仕事にするにはやはり行動力が一番大事です。
激しく共感!!!
"好きなこと"を仕事にできている人は得てして、その陰で見えない努力をして様々なスキルを身につけたからこそ、そこにポジションを取れる。

@Books_Apps
「好きなことをしなければならない」なんて時代になるとしたら、基準になるのは自分の感覚だよなあ。好きと違和感を直感で感じ取れる能力がなによりも大切だと思う。
これまでやってきた事を個人として好きな事に活用出来るのかな。
「世に晒す事」が出来るのかな。
問いかけてくれる記事。
好きなことを得手にし生業にすれば、日々楽しいのは確か。家業を一昨年背負うことになり、先ず考えたことは業態を変えることだった。(で…直ぐ変えられた。)|
世界は確かにこういう方向に向かっているのだよね。なで、自由にと言われてもすぐに思い浮かばない人たちの為にも、ベーシックインカムの導入は必須なんじゃないと思うのです。
・市場に自らの能力やプロダクトを晒す

> ・市場とマッチしていない場合は、学習・修正を行う

の2点を獲得する必要がある。

この辺の話はほんまそのとおりやなぁと思う🤔
自らの人生をどうマネジメントするか、
問われる時代になっていますね。

就活は自分の人生を考える絶好の機会ですね☺️

✔︎高度に専門化された社会では特定の分野を極めないと、豊かになれない
✔︎自分で選びとらない限り、何も手に入らない世界
時間の問題よね /
私が好きなことである山形大学の研究で、自由で豊かな生活が送れているかはあえて言いません。99人が貧しくて1人しか豊かになれない世界が果たして幸福なのでしょうか
結構同意だし、逆に言うと好きでい続けるためにモチベーション保つなり、別の事をして刺激を得るなり、気持ちの整備もやってかないとという気はしております。
この記事が記事ランキング一位なのだが、二位の記事タイトルは『「収入/睡眠時間」を犠牲にしてまで、「夢/やりがい」を追求できる人は少ない。』である皮肉。
最近は何でも好きになれる!
好きだから真剣に取り組むのではなく、真剣に取り組んだから好きになれる自分に気づいてしまった。
しかし、皮肉や諦めや正しさがあると、真剣さは失われ、途端に好きになれなくなる自分もいます。
そうやって、強迫するのよくない。 / “ | Books&Apps”
試行錯誤。
もっかい後で読む。
“自分の生きる力を高めるものだけを選択し、自分の生きる力を損なうものを回避する、そういうプリミティヴな能力を高めることがこの前代未聞の局面を生き延びるために一番たいせつなこと”
「正しい道を選び取るために時間を費やすことの重要性が高まる。」

「自分の価値観に適合し、やりがいを感じられ、自分のスキルと関心を反映していて、しかも袋小路にはまり込まないような仕事を見つけること。」

これは難しい。だからこそ、時間をかけるべきなんだと。
どの業界も一定のレベルになると能力として差はなくて、結局差が出てくるのは「好きかどうか」ていう主観的な的要素だったりする。
それはアップデートされていくことに対する学びへの探究心に直にリンクするからよくよく考えたら当然だったりする。
僕は好きなことしないと幸せになれないんだ
これは僕だけじゃないはず
現にこんな記事がある
読んでみて欲しい
きっと突き刺さる
めちゃくちゃよくまとまっている。好きなこと、稼げること、得意なことの3つが一致する仕事を自分で見つける、というよりも作り出さないといけない。 勉強会でもこの話しした。
自由の使い方、つまり言い訳出来ない社会を生き抜く力が最も大事な一般教養になっていくんだろうなと思う
好きな事をするってハードル高いので、嫌いな事をやめると苦にならない事(たぶん好き)が残ると思う

私の場合
・飛び込み営業嫌⇨外回りに
・外回り嫌⇨内勤営業に
・出社嫌⇨ノマドに
など


「好きなことをしないと豊かになれない」時代に変わった。
自分の天賦の才に沿って生きていくこと、つまり自分の真実を知りそれに従って生きていくことが、好きなことをして生きていくことの真実です。好きなことを極めるとは意味が違います。
80%くらい好きなことやって生きてきたけど、残りの20%が埋められずここ2年くらい苦悩している。40代になったらこれを実現できてないと辛くなりそう、、そのための準備をちゃんとしよう、と思いました
自分で選びとらない限り何も手に入らない世界。

「考えたくねえ」

「受け身でいいだろ」

「決められねえ」

「正解を教えろ」

「リスクを取りたくねえ」

が貧しさの象徴になった世界。
「好きなことをしてもいい時代(ヒカキン)」

「好きなことをしてないと豊かになれない時代(ホリエモン)」

「あなたはそのままで価値がある(山本太郎)」←イマココ

「好きなことをしていい」時代から、「好きなことをしないと豊かになれない」時代に変わった。
好きなこと、わかってるようで未だにわかってないこともある。
好きなことを仕事にできると思う?

>最近では、「好きなことをする」「いや、仕事はそういうものではない」は議論の対象ですらない。

>高度に専門化された社会では、好きなことをして、特定の分野を極めないと、豊かになれないのである
<高度に専門化された社会では、好きなことをして、特定の分野を極めないと、豊かになれないのである。

特定の分野を極めるための「1万時間の法則」「とにかくやれ」も好き・楽しいがあるとハードルが低くなる。

自分の好き・楽しいについてもっと知りたいな〜
確かにね.../
ようやく読めた。
好きを仕事に〜
ってのはもう聞き飽きまして、それが前提条件として仕事を選んだり、作ったりする時代なわけですな。
僕は「ものづくり」がいつまでも好きです😎
いずれは辞めどきが来る。
100年生きるとしたら、今ハマってるものに軸足固定しといて、好きに動いて第二の道を開いていく。
深イイ話。

ーーー
いやー、ほんとその通りで。

好きなことをできる
→幸せ
好きなことをしなければならない
→?

少なくとも日本の教育がこの風潮と正反対の方向を依然として向いてるのは確か。
すごく理解できるけど、本当に大好きなことは避けてる気がする。
なんか、一番好きな人とは結婚しないみたいな感覚で、一番好きを仕事にすると、何かあった時のダメージがでかそうで。

そういう意味で、二番目、三番目くらいに好きなことを仕事にしてる感覚はあるかなー。
一見、自由に見えて、社会に拘束される私という存在。私たちの役割は、ここに警鐘を鳴らし続けることだろう。

高度に専門化された社会では、好きなことをして、特定の分野を極めないと、豊かになれないのである。
あ、痛い痛い…

そうなんだよなぁ…主体的になれないのか、ならないのかって大きな違いだし、それが当然になってきた感がある。良くも悪くも。
世の中はどんどん、主体性のある人にとっては生きやすく、そうでない人にとっては生きづらくなっているように感じる。それが良いのか悪いのかは分からない
一体どれだけの人が「自分が好きな事」を知っているだろうか。というか、自分の事を知っている、というのはそれだけで知的な態度、高度なスキルだと思うが。
これ、途轍もなく的を射た指摘。実際そのように世界は変わっているんだけど、旧来の教育からしたらあまりに残酷で、
好きを見つめる行為の重要性は高まるばかりだ。
まずは「得意なこと」を仕事の軸にしよう派です。
「「自由」を使いこなせる人々と、使いこなせない人々の断絶は、絶望的なほど広がる可能性がある」。そんなときこそ政治の出番だけど、自公政権には期待できない。/
これ、なんか書くかも。前提条件として、これ、「自分にぴったりの、自分に好きなことがわかる」という認識が必要で、実はほとんどの人がそれを認識できていないから。 / “いつの間にか「好きなことをしていい」時代から、「好きなことをしないと豊かになれない」時代に変…”
「自由の使い方」を教養として身につける、まさにこれ。
あと10日で60になるけど、私を含む若い人、いますぐ、好きなことやらないと、後悔しますよ。
フォロワーさんは就活してる学生さん多いからこれオススメしておくよ\('ω')/

なかなかみんなにはリプ&DM返せてなくてごめんよ( ⋅֊⋅ )一応全部読んでる!
《「好きを仕事にしないと豊かになれない」世界は、「主体的に動く人だけが豊かになれる」という、残酷な世界だ。》
「「自由を謳歌できた人々」は、そのような方に手を差し伸べる義務を負うと私は考える」
そうだったのか.そうかも知れない.
まあ、好きを仕事にするのは疲れるけどな
たまに、人の指示だけで動く仕事に戻りたいと思うときがある
ただ、好きを仕事にしないとモチベーションも上がらないし、実際に戻ることはしないんだけど
楽に生きるのは選択を拒まないことなのだ
全くその通りで、だからこそ、地域で!
自由を選択できる訳でなく、半強制的に自由でなければいけないってすごく窮屈。
逆に言えば、自分から主体的に取りに行かないと何もできない。
集団に流れる人は、レールがあった方が楽だし、そういう選択肢で豊かになれる道もあっていいと思う。
じぶんがなんとなーく思っていたことが文字になってたー( *ˊᗜˋ* )
これまた同意。
グサリと刺さる。



自分で選びとらない限り、何も手に入らない世界。

「自由に生きられる」は、いつの間にか「自由に生きねばならない」に変わっていた。
自由の使い方――面白い捉え方だな。
多分この先に一周して違うくね?って流れが来るで。これには。

なぜならこの話は「正し過ぎる」から

そして、この記事は手を差し伸べるべきとなってるが、まぁほぼそうせんわな。殆どが。

なんで世の中はそうならない。
仕事に専門性が求められてきていて、専門性を高めるためには小手先の仕事ではなく没頭できるようなものでないといけない。つまり、それは好きなこと。
仕事で=辛いもの と考えると、仕事は続かない世の中になってきている。
なので「自分がやっていること・やっている仕事を好きになる」でも良いのだと思う。「好き」が「前提」である必要はない。/
極論系のお話であることは理解しつつも、本当に暇になってしまった世の中での生き方は何かしら考えないといけなくて。

暇に耐えられなくて何かを作るくらいしかないんだよね、ほんと。他方でいろんな闇がある時代になってて、難しいなーって。
「好き」と「出来る」と「必要とされる」が重なるものを見つける事が大事、、

“単に「好きなこと」をしているだけでは、仕事にならないからだ。
仕事はマーケットが必要で、マーケットを見る目のない人は、「好きを仕事に」は実現できない。”

まさに、だと思う。色々。
「いつの間にか「好きなことをしていい」時代から、「好きなことをしないと豊かになれない」時代に変わった。」時代が変わったな…。
▶︎だから現代人にとって最も重要な教養は「自由の使い方」だ。「自由」の使い方こそが、長い人生を豊かに過ごすための鍵になる。

自由だからこそ、”何でもできる”けど”全てはできない”ため、自分にとって「しなくてもいいこと」を見極める力が必要だと思う。
作業的な仕事は、
今後益々、AIやロボットで代用され淘汰されていく。

会社に属す属さないは別として、
「好きなことを仕事に」が「必要になった」時代。

真剣に生きようと考えれば考えるほど、
この問題と向き合わざるを得ないよね。
わかりみが深い。
わりかし好きを仕事にしてる自分としても、好きな仕事をしている時はそうでない時と比べて生産性が10倍ぐらい違うし、好きが故に専門性が増すし、好きなことをするために市場が枯れないように開拓を頑張る節ある。すべては好きだから。
「好きな事を仕事にしないと、豊かになれない。」

好きな事を仕事にすれば最速でその分野の1%の人になれる。

ほとんどの仕事がAIによって無くなる。
これからは希少な存在(レアカード)出ないと豊かにはなれない。

なかなか好きな仕事がみつからない。
良い記事。
本気で楽しいと思ってるから人にすすめたい。本当にいい板だと思ってるから使って欲しい。スキー楽しい!を全力で!
「鍼灸が好きで好きでたまらない」という人にはいい時代になりそうですね。
人生100年時代、「好き」を見つけないと豊かになれない、ていうのはそうかなーと思いつつも、ひとつの専門性を高めるのはどうなんやろう。。いろんなものが溢れている中「好き」をみつけるのも一苦労だし、「ちょっと好きかも」をたくさん増やすのもいいのではと思ったりする。
よく噛み締めたい。
これはとても良い記事。他人の目を気にする癖がある人は辛いかも。
「自由に生きねばならない」「自由の使い方」というの大体同意できる。
すごい刺さる。転職活動中にやりたい事は?好きな事は?仕事で聞くと8割は特にないですと答える。しかし多くの時間をして過ごすのであれば、その時間を有意義に使う必要はある。
確かに「好きなことを仕事に」を迫られている感ある。そのせいか、息苦しい。/
“現代人にとって最も重要な教養は「自由の使い方」”
いつの間にか「好きなことをしていい」時代から、「好きなことをしないと豊かに&
「自分の価値観に適合しやりがいを感じられ、自分のスキルと関心を反映し、しかも袋小路にはまらないような仕事を見つける」
そういうカウンセリングが流行りそう
わっ、いつのまに!



「『好きを仕事にする』ってどういうことなの?」っていうのが書かれた記事。好きを仕事にすることは、能動的に人生の舵を切るってことと、近いんじゃないかな。
とてもわかる。今はUXデザインにフォーカスしようと思ったのもこの考えがある/
「経験に無駄はない。だから、人は好きなことだけやればいい」
とおもってるぼくも共感する記事でした。

ITや動画によって単純労働が消えて高度なスキルが求められる世の中になった今、ぼくらは精神的には生きにくい世界に生きてるなと。
元記事ではなくそれに対するツッコミをメモしたかったのに間違えて元記事だけシェアしてしまった
経済的な豊かさの話。「主体的に動く人だけが豊かになれる」というか「受動的な人たちでもある程度豊かになれる」時代が終わっちゃうくらいに日本は貧乏になっていくorなった。のかもね。ほんで(文字数 / “いつの間にか「好きなことをしていい」時代から、「好きなことを…”
“結果として、「自由を謳歌できた人々」は、そのような方に手を差し伸べる義務を負うと私は考える。”

ペイフォワード。これ結局与える側になるとみんなやらないんだよなあ。自分もそうかもしれないし、ほんと難しい。
「好きなことをしていい」時代は過渡期であり、すでに流れはできていました。テクノロジーの発展の先にある自然な姿。とりわけ日本は顕著です。
一つのスローガンを軸に、ここ5年くらい前からの流れを俯瞰できるいい記事 おもしろい
「好きなことをしていい」は、「従来の枠組みからの開放」だったのが、「好きなことを仕事にしないと、豊かになれない」へと変化している👈同意

もはや、仕事の基準は給料でも休みでもなく好きなことになってるね。

100年働く時代なので…🧐
隙間を埋める人やコントロールする人はもっと豊かになれると思いたい /
素晴らしい記事だな。
以下の2点は頭に入れておきたい。



「主体的に動く人だけが豊かになれる」

自由を謳歌するための条件
・市場に自らの能力やプロダクトを晒す
・市場とマッチしていない場合は、学習・修正を行う
これはつらい...良いことのはずなのにしんどみが深い
変に解釈して、好きに意識が行き過ぎて、食わず嫌いで何もせず、何も好きになれなかったのは避けたい。やり始めなければ好きかどうかはわからない。行動だいじ。
「決められねぇ」「正解を示してくれ」が貧困の象徴となった世界。サラリーマンであってもこれまさに。
冗談ではなく嫌々仕事するのが人生だと思ってる人は、ストレスが積もり積もって頭すっかりバカだし、ロクな市場価値も生まれないし、自ら死にに行ってる。数年後にあんなに我慢したのに酷いって政治のせいにしてる姿が見える。ちゃんと生きた方が良い
卒論は本当に好きなことをテーマにしてくるひともいれば、全くなんにも興味がないというひともいて、私がとても鍛えられます。
自由を「みずから(自分から)」と考えるか「おのずから(自然と)」と考えるかで考え方が変わる。
変わった…のかなぁ。

「豊かである」という言葉の定義の変化と、元からあった生き方の顕在化(可視化)がそう思わせるだけではないだろうか。

少なくともヲイラは、もう30年近く前からそうしてるしなぁ。
この記事の良いところは、「好きなことをしないと豊かになれない」と語りながら、そうなれない人に手を差し伸べる義務があると言ってるところ。好きを仕事にできた人は、そうでない人にマウンティングする傾向もあるけど、そうじゃないよ、とちゃんと言ってるところ。
変わって来たのはイイ感じだけど
それ相応の臨機応変な行動も大事って分かってきたかな😅
好きなことをするよりも、好きなこと・得意なこと・社会的ニーズ・やらなければならないことを自分の頭で考えて行動し続けるほうが、自分にはしっくりきます!
好きなことを仕事にすることが大切です。深く共感します。(よろしければ内田先生にも「さん」をつけてください)
自由とは嫌われること
自分の幸せは、誰かの努力によって成り立っていることにみんなが気づく世の中になるべき。 / (Books&Apps)
「好きを仕事に」の正体。
「好きを仕事に」することは簡単かもしれない、けど、それで「豊かになる」ためには、大変な苦労が伴うのです。
もっと見る (残り約184件)

記事本文: いつの間にか「好きなことをしていい」時代から、「好きなことをしないと豊かになれない」時代に変わった。 | Books&Apps

関連記事