TOP > ネタ・話題・トピック > Books&Apps > 成功するためには...

成功するためには「人を疑うことはコスト」と知れ。 | Books&Apps

67コメント 登録日時:2019-04-16 07:30 | Books&Appsキャッシュ

なぜ人は、自己啓発本を手にとっては胸を熱くするのに、1日も経てばきれいサッパリ忘れてしまうのだろう。 そんな疑問に答えをくれた、忘れられない一人の偉人がいる。 鉄鋼王と呼ばれた19世紀のアメリカの大富豪、アンドリュー・カーネギーだ。...

Twitterのコメント(67)

良記事。

「信じるとは、相手に対する期待ではない、自分に対する覚悟である」

性善説を説く孔子・孟子の生き様を彷彿とさせる。「期待」は相手をエンゲージするが、最終的に「ケツを拭く」のは、自分自身でしかない。
はー、同意。ここのバランス感覚磨かないと。

グーグルで働いた経験がある人や経営者などが好んで話す価値観だが、誰かが言っていることをいちいち疑い裏を取っていては、スピードが命の現代の経営環境では、それは命取りになるという考え方だ。
仕事を振れないのは信頼してないことの表れ。〜 僕自身は20代で多方面から豪速球投げまくられ捕球すらままならなかったけど、おかげで視野👀と聴力👂は研ぎ澄まされ、顔ともみあげが執拗に伸びた。〜
ふむふむ、んだなー。別に成功者になろうとは思ってないけど、「コスト」というのは感覚的にわかる気がする。
うちの上司はコレを理解しているだろうか。素直に部下がハイ!と返事をできる組織は結果的に伸びるだろうな。言われたことを素直にやれ、は案外間違ってないかもしれない。
疑うことはコストである。

素敵な価値観。

共に働く人は仲間ですから。
人を疑うことについては本音と建前で分けないとダメかなと思っていて、本音も建前も疑っていては生産性は当然落ちる。かといってどちらも疑うことをしていないと気がついたら一つの裏切りあるいはミスで取り返しのつかない状態になってたということもありえるだろう。
最近の出来事も相まって点と点が繋がった。
疑うことはリスク、人に任せること。
これはその通りだと思いますが、丸投げされるのが嫌で辞めていく人もいる。

丸投げで無責任だと思われない程度に関心を持ち、信頼して任せるというバランス…難

メモ:
自分でやるより任せるほうがよっぽど難しい。
経営者、コミュニティリーダー、マネージャー、プロジェクトリーダー、必読かと。すごくよくわかるなー。
「人を疑うことはコスト」
10人の人を疑い、1人の人に騙される損失を回避できたとしても、9人の人から得られたであろう利益を失うほうが、トータルで考えれば損だ。
Googleは、ハイパー性善説
う、うたがう・・・(素直に信じる勢)(´°̥̥̥̥̥̥̥̥ω°̥̥̥̥̥̥̥̥`) |
メモメモ!
そうなんかもしらんけど難しい、今んとこ全くできてない
米国史上2番目の大富豪と呼ばれたアメリカの鉄鋼王アンドリュー・カーネギーの墓「己より遥かに優れし人物を集める術を心得しもの、ここに眠る」

Googleもハイパー性善説によって一大企業に。人を信じて仕事を託す大切さ...
信じる事と任せる事は違うよ。かつて昔の日本の村社会では、鍵をかける家はほとんどなかった。それは村人が信頼し合っていたから?いいえ、違います。もし、盗みに入ったりしたら村から追放(または私刑)されることが明らかだったから。信じる信じないというwetな話ではない
「だから俺の言うことを疑うな」と言う下らない文章… /
仕事は相手を信用しないと全部自分一人でやらなければいけなくなるから、かえってキツくなるだけですからね… /
これ、管理職もそうだよな
自分も「性善説」傾向ではあるものの、まだまだ。もっと意識して、本質的なROI観点を見てかなければ。。

>結局、ROIの観点から考えれば、「疑うことはコストである」と本気で考えられる経営者は、本当に強い。
10人の人を疑い1人の人に騙される損失を回避できたとしても、9人の人から得られたであろう利益を失うほうがトータルで考えれば損だということだ。本文より /
おはようございます。
最近は、朝にニュースを見るのが日課になっています。


この記事を読んでいて、「他人を気にする事もコスト」だなと思いました。勿論、他の人を参考にして学ぶことも大事ですが、比べて落ち込んだり批判するよりも鬼作業したほうが自分の為になりますね
ホンコレ。
振り返って自身の仕事を見ると、「コスト把握した上でなお疑う」ということが頻発してる。
任せる、ではなく(優秀な人材を選んだ自分に)責任を負う、と考えよう。 /
人を信じて、期待はしない。
これくらいがちょうど良いのです。
スーパー性善説、いいなあ
コストかけないリターンとしてのスピードと、その土台は価値観の共有でMVVとかになる気がした。

(抜粋)グーグルには、「疑うことはコストである」という価値観があることをご存知だろうか。

グーグルで働いた経験...
疑うことにその膨大な時間、人的リソース、お金を使うのは投資ではなくコストでしかない。
今いる仲間、会社を愛する人達に情熱を注ぐべき。
誰と付き合うか、誰に時間を使うか。

類は友を呼ぶ… んだよね?
経営判断にも触れていて良記事 /
素直に騙されてやる、くらいの気持ちで仕事してます。
疑い続けた挙句、自分の周りに誰もいなくなるよりも、信じて騙される方が人生という視点で考えると良いと思います。

ちゃんと人を見て、騙されてもいいと思える人に出会えばいいでしょう。 /
いいねーハイパー性善説。
疑いから入るより信じてやってみる。
大切よなこれ。
日本がジェノア化してしまっている。欧米の悪いとこだけ引き継いだシリーズ。マスコミと学者が悪い。考えない我々が一番悪い。

ウエットで悪いことしたら村八分似合うシステムはある意味合理的な面もあると思う。

曖...
お面は怖いけど、言ってることは興味深い!😄😄
良かった。
仕事柄でもあるでしょうけれど、自分は半径の狭い仕事してんな、って思う。
振り返って向上しなければ、ね。
この記事読んで、
記事の内容から少しズレるけど
改めて社長が持ってる情報と社員が持ってる情報を同じにする。
そうすれば同じ目線で物事を捉えられて、課題に対して思考できるから
自立駆動な組織になるよね!
って考えてるSmartHRはステキ
この記事ちょっと面白かったです。💁‍♂️
任せるという意思決定ができる人が
優秀な経営者って事ですよね?
また、責任取る覚悟、度量もあるんだろうな
という事で
そういう人らが疑うコストという感覚を持ってるイメージはなかったです。
ストレスや時間など目に見えづらいコストを正確にコストと捉えることの難しさはありますよね。

"それは決してお人好しになれという意味ではなく、ROIの観点から考えても、10人の人を疑い1人の人に騙される損失を回避...
ホントそうです。最初からヒトを疑ってかかるヒトってひどく効率悪いし、損してる。 /
人を信じて託す勇気を持つこと
これは実は難しいことですね。最近友人にお願いしたことがいくつかあったけど行動に移していないので一体いつになるやらと思っているのだが。そんな経験が積み重なると結局自分でやった...
人を信じて託する勇気を持つこと:
前職の上司がまさにこれの悪い例。
任せるという言葉と裏腹に部下をコントロールせずにはおられず、最終的にはコントロール通り動かなかったから失敗したと考えて、次からさらに管理しようとしてた…

生きるの大変そう。
疑うことはコスト…
グーグルが実践…
人を疑うことで自分のプライドを保っている人も多そう。騙されない俺カッコいい的な。
まさしくルフィのような考え方。

"騙されるまでは、相手を信じて自分自身と自分の想いを託してみること。"
「己より遥かに優れし人物を集める術を心得し者、ここに眠る」言葉の本当の意味は、人を信じて託す勇気を持つ事。部下でも友人でも上司でも、相手の言う事を疑わない勇気をもつ事。
誰を信じるかは、私が決める!そして、その選択に、後悔はしない!解る⁉️かな
これは本当にそう思う。無駄な管理業務が増えるだけなんだよね。悪意を持って何かをすることはないが、誤りは起こり得る、という考え方が良い。
これ凄く勉強になるな。翻って自分。自分の頭の中に地図がある業務は疑う事を「無駄なコスト」としてサクサクいけるイメージがつくけど、自分の頭の中に地図がない業務の時にどうなるか。マネジメントとして生きていくために向き合わないといけないポイントなのかな。
>
あるブラック経営者
<

今自分は別の職場にいて、当時はボスのことをそう考えていて、もちろん今でも「一面では」そう思っているけれども、同時に沢山の学びの機会をくれた恩人的なところもあるんだよなぁ…

/
確かにそうですね。非常に分かりやすいです。
うん。それはそうだな。
書いてあることは、「人を疑いながら成功しようとすると、組織のコストが増大する」だと思う。

>
わかりやすい表現
”いつまで経っても自分の時間を付加価値の高い仕事に使うことなどできない。そして人を疑うコストを、いつまでも自分が払い続けることになる。”
1時間後に始まる部門会議のために、パワーポイントを触ったことがないスマホ世代の若者に、資料作りを丸投げ
(中略)
自分でやってしまうのが、普通の人の感覚ではないだろうか。

しかしそれでは、いつまで経っても自分の時間を付加価値の高い仕事に使うことなどできない。
なんだか感動してしまった。
”人を信じて託する勇気”/
>部下であれ友人であれ上司であれ、相手の言うことはまずは疑わない勇気をもつこと。騙されるまでは、相手を信じて自分自身と自分の想いを託してみること。

ふむふむ。
〜誰かが言っていることをいちいち疑い裏を取っていては、スピードが命の現代の経営環境では、それは命取りになる〜
「一般的な会社や組織は、新しい仕事を創出することよりも理不尽な損失を回避する方向に判断が傾く。
このようにして性悪説を前提にした組織はROI(return on investment)ではなく、損失の絶対額だけを問題視して得をした気になり、やがて衰退していく。」
「己より遥かに優れし人物を集める術を心得しもの、ここに眠る」という言葉の、本当の意味

か…
なかなかこうはなりきれないけど、心には留めておきたい。
『いいよ君に任せる』と部下にまかせられるこの経営者の方も素敵だな、と思うと同時に、その仕事に応えてくれる部下がいることもとても素敵なことだな、と。
新しい記事を投稿しました!  桃野泰徳
以上

記事本文: 成功するためには「人を疑うことはコスト」と知れ。 | Books&Apps

関連記事