TOP > ネタ・話題 > 同じくらいの知力の人たちであれば、超一流校に入学しても、地元のランクの少し落ちる学校に入学しても、その後の人生はそんなに変わらない。 | Books&Apps

同じくらいの知力の人たちであれば、超一流校に入学しても、地元のランクの少し落ちる学校に入学しても、その後の人生はそんなに変わらない。 | Books&Apps

12コメント 2018-12-29 09:28  Books&Apps

うちの長男は小学校高学年です。 中学受験、どうしようかねえ、なんて言いつつも、塾に行ったり模試を受けたりしています。 僕自身は中学校は地元の公立に何も考えずに入りましたし、親からも中学受験をすすめられ...

ツイッターのコメント(12)

日米の大学教育の差はあるが、収入には実力が関係すると…
知力があれば学校のレベルに多少差があっても、結局ある程度の選択肢を選べるということか。
これむちゃおもろい話やな
大学で年収は決まらないのか。面白いねぇ。
昨日の林先生の番組の裏付け的な感じだ。
この本クマちゃんも読んだけど、日本の場合は学閥や学歴フィルターが強烈だからこの事例を丸飲みはできないと思ったクマ(・(ェ)・)
いろいろな意味で、ちょっと読む価値のある内容です。
受験生が居るならなおさら!
おもしろい。新しい視点だ。
18歳の時に薄々気づいていましたけど、こういうことを言ってくれる大人はまわりにいなかった。泣。
色んな大学観の中で、一番すんなり来たかな。大学の合否ではなく、勉強してきたことそのものに価値があるんだろうね。
えっ?
この紹介されている本の解釈って、偏差値だけで計れない能力が将来に影響してるって話しかと思った。
長い目でみれば、「学校の名前にこだわること」よりも、「自身の実力を磨くこと」のほうが大事…
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む

 
PR