TOP > ネタ・話題 > 進学校の最下位クラスのヤツは、最上位クラスのヤツらより、成功も失敗も大きい。 | Books&Apps

進学校の最下位クラスのヤツは、最上位クラスのヤツらより、成功も失敗も大きい。 | Books&Apps

19コメント 登録日時:2018-09-03 07:21 | Books&Appsキャッシュ

社会人になって一段落したあたりから、いわゆる高校の同窓会というものに出席する事となった。 ちなみに高校は某県にあった、そこそこの進学校である。 僕は高校入学当初は入試の成績がマアマアよかったみたいで、入学当初は最上位クラスというものに割り振られた。...

Twitterのコメント(19)

ただし進学校に限る、かもね /
これはまぁ実感としてよくわかる。FBには書かないけどw
1つ加えると、進学校は「イイとこのせがれ」も多いが、彼らは跡を継ぐことが決まってるので、多少成績が悪くても気にしてない面もある。とはいえ大学進学は必要最低限だし、医者の息子は医学部という縛りがあるけど。
僕も高校では「平均点が下がるからお前は模試受けるな。」と言われた類かつ好きなことだけ熱中する自制心皆無タイプ。読み物として面白いね。
そうそう。私も進学校の最下位クラスで、授業中は競馬の予想してた記憶しかない。
これはすごい納得するわ…
進学校で挫折した人って、王道で勝てないならどうするかを模索した人が多いので、そういう人は人間的な幅も広いし、社会に出たときにピンチにも強くなるんじゃないかなと思う。
社会の物差しに縛られず、目的を持ってはみ出すことも時には必要。
特に慶應生、、。
進学校だっけど、下位10%グループにいたのでよく分かる。面白い
タマゴ、を育む力が高いんだろうなぁ。殻を破って(破られて)しまうと、世間の目に晒されながら、成長しなくちゃならない。周りの環境も、よかったんだろうな。
これ校風にもよるのではないかな。この記事を読んで母校を思い出したが某県ということからするとA県のT高校かなとか。 / “ | Books&Apps”
リアル暗殺教室だな。
自制心が低くて良い成績が取れないからって、悲観することはない
って気持ちの良い言葉だな~!子育てするうえで心に刻みたい。
"最下位クラスにいたときに経験した、自分の好きを周囲の目もくれずに徹底的に謳歌するという事が、社会人になってからどれだけ役に立った事かは、ちょっと筆舌に尽くし難いものがある。" / “進学校の最下位クラスのヤツは、最上位クラスの…”
昔からある。植物学のリンネも、進化論のダーウィンも、ニュートンも、詩人バイロンも、バルザックもジョンハンターも劣等生だった。学校の勉強以外に耽っていて学校の成績が悪いパターン。進学校の最下位クラスのヤツは、最上位クラスのヤツらより、成功も失敗も大きい
プロフェッショナルとスペシャリストの違いかなと読んでいて感じた。
連載記事が更新されました。進学校の劣等生は優等生より意外と成功しやすい傾向があるのでは?というお話です / “ | Books&Apps”
>自分の時間をどこのベクトルに向けてるか
>自分の好きを周囲の目もくれずに徹底的に謳歌する

自分のタイプとしては他人の要求に応える方をずっとやってきてるので、バランスは悪い気がする。
自分の好きを追求してバランスを良くしたら、また何か変わるかも。
以上

記事本文: 進学校の最下位クラスのヤツは、最上位クラスのヤツらより、成功も失敗も大きい。 | Books&Apps

関連記事