TOP > ネタ・話題 > 「知識を手に入れるための知識」がない人にとって、Google検索はあまりにも難しい。 | Books&Apps

「知識を手に入れるための知識」がない人にとって、Google検索はあまりにも難しい。 | Books&Apps

300コメント 登録日時:2017-06-02 07:34 | Books&Appsキャッシュ

私はGoogle検索が大好きです。 天文学も、サブカルチャー史も、世界史も、ググれば楽しい情報をざくざく掘り出せます。ただし、そのためには工夫が必要ですが。  Google検索は召喚術で、あなたの詠唱能力が試されている …...

ツイッターのコメント(300)

「知識を手に入れるための知識」がない人にとって、はあまりにも難しい。 |
Twitterのデマを信じ込んでる人を見る度にこれを思い出す。
言われてみれば確かにそうだなと思った(小並感)
余計な情報を排除し慣れてる人には簡単なことだけどそれ以外の人には確かに難しい
「ロクでなし魔術師と禁忌教典」1巻の
"まあ・とにかく・痺れろ"="雷精よ・紫電の衝撃以て・撃ち倒せ"
を思い出した。
知識や理解が高度な人は目的達成までの手段が効率化される。
「求めよ。さらば与えられん。」とは聖書の一文だが、世の中の事実を写し、問う力があるものは得るものが大きい。

この記事がかなり詳しい。

「知識を手に入れるための知識」がない人にとって、あまりにも難しい   
事前知識と読み書き能力が低いものに与えられる量は少ない
社会人になって最初にぶち当たる問題。
知りたいけどどうやって検索したら知りたい情報がヒットするのかがわからない(笑)
“Google検索は、玉石混交の情報の大河から砂金を拾うような、難しい作業になりつつあります” / | Books&Apps”
ほんとう、アフィカスは罪深い
うちのオカンとか検索ワードにスペース入れずに、検索欄に「〇〇で〇〇をするにはどうしたらいいの?」とか入れてて全く情報を得れてない。。
書籍や新聞といった昔ながらの媒体が、絶対に無くならない理由が解った気がする。 / (Books&Apps)
先日疲れたので「ここから近くのマッサージ屋さん」とCMばりのトーンで音声検索したけど、本当に一番近くのマッサージ屋さんが出て来て、自分が行きたいところではなかった。

本当は、「なんかー疲れを取っ...
SEOの弊害ですわな。SEOのしくみをわかったうえで検索しないとクソ情報しか得られない:
けっこう大事なことが書いてあるよ。 →
知識やリテラシーがないとググったところで真偽の怪しいまとめサイトやデマサイトに飛ばされ、「ググれカス」どころか「ググったらカス」になってしまう、、、という話。
「現状のGoogle検索の正体は、「知識の無い人に知識を授ける」ツールではなく、「知識の豊かな人だけが知識を引き出せて」「知識の乏しい人には質の良くない知識しか与えない」ツールと言っても過言ではありません」と。その通り。
Googleで検索が難しい人は図書館や書店に行けと言うが、そもそも自分が知りたいことが分からなければ、何処に行っても適切な情報は得られないよ。
GGRKS!!とにかくググって下さいと言いたい!
最近より強く感じるようになったなぁ。
全く知識のない人には検索ワードだけを与えてググレカスが一番
/ そもそも求めている知識を正しく認識し言語化しないと検索すらできないのでこれは正しいと思う
「2017年現在、検索上位の少なからぬ部分は、商業化したまとめサイトやアフィリエイトブログに占拠されています。」
出来ない人は出来ないんだよね、、、
ググったらカスってほんとそう。検索力が試されるな。
「ググったらカス」ね。>」
今の時勢、適切に"ググる"ことができるかは大きく差がつくポイント。うつ病の検索の仕方~のくだりはいい例だなあ
自分の興味や身の上ならではのユニークな問いへの解決策を見つけるには、WEB上でも経験と技と勘と運が要る。問いがユニークで切実なほど邪魔は多くなる。>
辞書の調べ方から教えないとだめなのか。わからないと自分で調べる癖がない、甘えているだけではないかなとも思うけれども。
ググったらカスw
その通りだと思う。読み終わって、あ、シロクマ先生だと気づく。前にも何かの記事を見た気がする。
これネット情報絶対信者も注意すべき事よね~特に今はTVは信じないネットこそ本当って思ってるの割と居るもんな。
年収との比較とかやってみたい
今こそ図書館のレファレンスサービスが復権→ジャンルによっては『Yahoo!知恵袋』や『2ちゃんねる』で調べたほうが、ずっと信頼できる情報が得られることもあります / “「知識を手に入れるための知識」がない人にとって、Google…”
検索が下手な人(親)いるよなあ…
@sheiko_2010
同じ方の記事ですが、こちらもガッテン
私にはリテラシーなんかないから、結局「身近な信頼できる詳しい人に聞くのが早いし手がたい」に戻ります。 / | Books&Apps”
これホントそうなんだよね。グーグルで調べろと指示しても探せないのが多い。検索キーワードが浮かばないと欲しい情報にたどり着けない。/
「自身の知識レベルに応じた結果が出力される」という意味では、よくできた機構だとも考えられる。認知行動療法とはなんぞや?な人がセッション理解してる前提で展開された記事を読んでも、なかなか理解できない。 / “「知識を手に入れるため…”
まとめサイトみたいな低品質なのは観れば大体分かるけどなー。google浚いやり込めば真偽もある程度嗅ぎ取れるようになってくるし。 / | B…”
最近、一部の大手を含めたメディアによる偽ニュースをよく目にするようになり、強い危機感を抱いている。リテラシー教育の重要度は高まるばかりである。
ググレカスからググったらカス
全部とは言わないけど結構正しいと思う(笑)
事実と解釈は、しっかり判断が必要。
あくまで無料の情報ですしねぇ。
つまり昨日の私は『イルカ 豚 何故』とか検索したので知りたいことと違うことを知ることになったわけです。
(予想はしていたよ)
Google等があるので知識の習得は不要という変なことをたまに目にしてて,違和感あったから,この記事は超納得!!→
上司から、読みなさい、とのこと。
そこで「そういう人でも安心して知識を得るための人工知能」の登場ですよ(違) /
あるある。検索は楽だが難しい。
“事前知識に基づいて検索ができる人と、そうでない人では、検索をとおして得られる情報の質、みえるインターネットの景色がまったく異なるのです。”
最低でも3ワードを意識してググっております
年年重ねて難易度が上がる…
「知識を手に入れるための知識がない」

確かに、簡単な言葉を並べても検索上位はまとめやアフィサイトで探し疲れる時がある。それは正しい言葉を検索窓に入れられてないってことだね。
これはテレビでも新聞でもメディア全部に言えることだけど、Google検索に関しては、パラダイムシフトの可能性が十分ある気がするんだよね。
あっこれすごく分かる。検索キーワードの上手い組合せができないと、なかなか求める結果が出てこないのよね。
本当にそう。ジャンクな情報の山から真の情報を探り当てるにも知識やスキルが必要な時代。
確かにしょうもないまとめサイトが増えたものね…
【現状のGoogle検索の正体は「知識の無い人に知識を授ける」ツールではなく「知識の豊かな人だけが知識を引き出せて」「知識の乏しい人には質の良くない知識しか与えない」ツール  】
マイナーなことを調べようとすると非常に検索が難しいし、数ページ比較して正しい回答を探したりしないといけない。基礎があればもっと早くできると思う。/
「新聞やテレビといったマスメディアに頼ったりしたほうが良い」

以前ならまだしも、同じように間違いを教えられるだけじゃないだろうか
正しい答えを得るには、正しい問いが必要だ。
「知識の無い人に知識を授ける」ツールではなく、「知識の豊かな人だけが知識を引き出せて」「知識の乏しい人には質の良くない知識しか与えない」ツール / “「知識を手に入れるための知識」がない人にとって、Google検索はあまりにも難…”
必然的な帰結かな。
そういやIT系の格言で「ガベージイン、ガベージアウト」ってのがあったなあ。

現状のGoogle検索の正体は「知識の豊かな人だけが知識を引き出せて」「知識の乏しい人には質の良くない知識しか与えない」ツール
大筋においては同意するが、一部異論あり。
道具はなんでもそうですが、差が付いちゃいますね。
「google検索は召喚術で、あなたの詠唱能力が試されている」
知識をものにするときは自分の知識が消費されるって考えれば自分の知識以上のものは得るのが難しいってことなんだろうなと
まったく同意。学校こそ情報格差のセイフティネットにならねばいけないのに、日本の学校はICTを排除している。社会に対してあまりに無責任だ。//
”いっそ情報源を(略)図書館や書店に通ったり、新聞やテレビといったマスメディアに頼ったりしたほうが良いのかもしれません。” 『「知識を手に入れるための知識」がない人にとって、Google検索はあまりにも難しい。』
「知識と情報を巡る格差の“負け組”になりたくなければ、知識やリテラシーを事前に身に付けるしかありません。」
すべてに同意ではないけれど、“検索リテラシー”はたしかに重要。デジタルデバイドならぬサーチデバイド?上手な検索方法を息子にはしっかり覚えさせたい。
“ジャンルによっては『Yahoo!知恵袋』や『2ちゃんねる』で調べたほうが、ずっと信頼できる情報が得られることもあります。” / | Boo…”
最近は、ググったらカス らしい。
「「知識の豊かな人だけが知識を引き出せて」「知識の乏しい人には質の良くない知識しか与えない」ツールと言っても過言ではありません」。
調べたいキーワードは複数にして検索した方が、条件が絞られて、調べたい情報が直ぐに探せるね。
世界中に自由(自称)を提供したら戦国時代が訪れた
このblogを読んだ人の大方が自分を「知識の豊かな人」の側に入れて、「知識を手に入れるための知識に自身がない人」は大変だな、と思うだけなのではなかろうか。そうだ、Googleを使うの止めて本を読もう、とはならないと思う。
「「知識を手に入れるための知識」がない人にとって、Google検索はあまりにも難しい。」  昔なら「どういう本を探せばほしい情報に至る分からない」だったのがGoogleに変わっただけで本質は同じ。「知識を得るための基礎教養」が不可欠。
誰もが手軽に発信出来る環境になり久しく、発信者が自分に影響力があると思い込むこと、受信者が手軽に入手できる情報の信憑性を疑わないことを危惧している
↓ 最早普通の人には役立たずと言う事に。
これは本当にそうだよなぁ ふつうに調べるのはもう無理だと思う 検索上位がそのまま商機になるから、あまりにも色々な思惑が入りすぎてしまった --
これはウケるwww
確かに言い得て妙ではある。
検索スキルが全てを左右する!
ggrksがググったらカスになってるくだり最高やなw確かにwww
「インターネットがあれば、学ぶ必要がなくなる!」とか言っていたおじさん方に説教したい。
グーグルに限らず検索一般に言えること。「ネットがあるんだから知識を頭に入れとく意義はない。必要になってから調べればいい」ってのは間違いってことですね。
「それな」×1億万

検索の仕方を小・中学校で必修科目にしない限り、一生解決しない・・・がしかし!解決したらロングテール増えるなぁ(白目)
ググったらカス(笑)
確かに医療系や美容系は満足いくものにヒットさせるの難しい。
URLがneverじゃないものや、タイトル付けが上手すぎるのは避けるますね。
よい記事。_”必要となるのは「事前知識」と「高いリテラシー(literacy, 読み書き能力)」と思われます。”(本文より)_
分かる→
ggrksを代行することに価値がある世界
“「知識を手に入れるための知識」がない人にとって、Google検索はあまりにも難しい。”
すぐ聞く人に多い。 / (Books&Apps)
別にネットに限った話じゃなく、知識ってのは「体系」ですから。そのために教育があるんだし>
仰る通りで。全く仰る通りで。Yahoo知恵袋が世界の叡智の集積だと思ってる人、いるんだよ、本当に。
検索力、確かにあるかも
貧困世帯が情報にアクセス出来ない一つの理由か。
もっと見る (残り約200件)

記事本文: 「知識を手に入れるための知識」がない人にとって、Google検索はあまりにも難しい。 | Books&Apps

いま話題の記事