V・ファーレン長崎の高田明社長がホーム最終戦でサポーターに退任のあいさつ 「夢をいただきありがとうございました」 : ドメサカブログ

来年1月1日で社長を退任することを発表したV・ファーレン長崎の高田明社長。 きょう行なわれたホーム最終節の試合後、サポーターに向けてクラブ社長として最後の挨拶を

ツイッターのコメント(17)

「もちろん勝負の世界は勝ち負けを大事にしないといけないことがあると思うんです。でも私は勝ち負けだけを求めていっても、本当に我々が目指す目標には届かないと思ってるんです」

つい読みたくなって改めて読んだけど、本当に素晴らしいスピーチだな。
すごいな、このトップの圧倒的な言葉。こんな人がトップに立てばそりゃ組織も立ち直るわ、と思わせる言葉。
あっぱれ!気持ちがよい。
ほんとすごい。→
笑って泣ける、サッカーの記事はこちら。
たかた社長ずっとほんとカッコイイ!
素晴らしいな。
の言葉は、一言一言がしみるなあ
~ 私は今年で社長を退任します。と言ってたら、いつの間にか12月31日が1月1日に書き換わっておりました。~
(`;ω;´)
凄い言葉、凄い説得力
政治家になってほしいけど、こういう人を政治は潰すからな
素晴らしい
サッカー界的にも大損失かも

V・ファーレン長崎の高田明社長がホーム最終戦でサポーターに退任のあいさつ
高田社長の挨拶全文。サポーターに問いかけながらの熱い挨拶。文章なのに本人の声で再生されて少しうるうる来てしまった。素晴らしい人だ。
このひとほんとにすごい /
退任の日にちが書き換えられた…
いい話や
高田社長「私は今年で社長を退任します。と言ってたら、いつの間にか…〔退任日〕が1月1日に書き換わっておりました。あれ?と思って何でと聞きましたら…1月1日にビハーレン長崎があの新国立に立ちましょうという皆さんの気持ち〔だった〕…、皆さんには感謝しかありません」
書き起こしw しっかり脳内再生された。他サポだけど注目してた。長崎サポは寂しいだろうけど、幸せだったのではないんかな。
以上
 
PR
PR