TOP > 政治・経済 > あかほりさとる氏が語る、メディアミックス黎明期 (1/4) - ITmedia ビジネスオンライン

あかほりさとる氏が語る、メディアミックス黎明期 (1/4) - ITmedia ビジネスオンライン

94コメント 登録日時:2010-12-30 09:33 | bizmakoto.jpキャッシュ

1つの作品を小説や漫画、アニメなどで同時多発的に展開し、相乗効果でそれぞれの注目度を高めるメディアミックス。今、当然のように行われるようになっているメディアミックスだが、パイオニアとして手がけたライトノベル作家のあかほりさとる氏が、『天空戦記シュラト』『セイバーマリオネット』などで多メディア展開に挑んだ経験を語った。...

Twitterのコメント(94)

日菜子関係ないです。

現状および、思考のベクトルの再確認について。
『”今”やれることは何か』と考えることは大切ですよね。
古い記事だけど面白かった。これ読むと、メディアミックスについてはあかほり氏自身も愛憎半ばするものがありそう。 /
何事も最初は試行錯誤なんだね。
良い記事
あかほりさとるが今は競争がすごくて絶対ライトノベルを書こうとなんて絶対無理って言ってたのを思い出した  誠
今の漫画出版の不況(一部盛況)はメディアミックスに偏り過ぎて、皆が皆ついてくる時代じゃなくなったんだとホントに思う。3年半前のこの記事を見て
ラノベがなぜアニメ化されるかはこの記事読めば大体OK
こんなのみつけたのでメモ。
あかほりさとるって久し振りに見たなあ…。→
最近どうしたのかと思ったら別人になってた。メガネと毛髪、どこ消えた
あかほりさん(;´Д`)
読んでみたら全盛期はホントに
「パイオツカイデーな女悪魔ちゃんとプリプリアクションであかほり大儲けー!」
だった、みたいな内容だった。
読んだ。そういえば最近名前見ないなとは思ってたけど、なんか最後の話が印象深い。 あかほりさとる氏が語る、メディアミックス黎明期
ほほぉ~……。アニメでもゲームでも、やっぱこの時代のパワーはすげえなぁ。 【 (1/4)】
当時まったく趣味に合わなくて見てなかったけどなんか楽しそうで新しい展開だというのはわかった。今のは作り手が誰なのか分からなう感じするし消費早過ぎ。
あかほりさとるが語るメディアミックス黎明期 これを読むと結局メディアってお祭り騒ぎには個人じゃ立ち向かえないんだなと思った。
ヲタクカルチャーにおけるメディアミックスの始まり。みたいな感じの事が書いてある、あかほり世代に必見のインタビュー記事だぜ……
おもしろい
1俺くらいの淑女の世代がほぼお世話になったシュラトの激ホモアンソロが権利許可取ってたとか死ぬほど興味深い。あ、リョウマ×ヒュウガです(キリッ
顔が丸くなって眼鏡が無いからそう思うのでは? RT @ugwhiro: え!?あかほりさとるってこんな顔だったっけ?
え!?あかほりさとるってこんな顔だったっけ?
出版界にもメディアミックスという概念ができてきた
あとでよむ(嘲笑) >
あかほり先生… 作例JPGがどれも10~20年以上前…  RT @nori003:  インタビュー受けてる相撲部屋の親方みたい
インタビュー受けてる相撲部屋の親方みたい
少し前の記事だけど面白かったのでポスト。今のメディアミックスのやり方には私も少し思うところがあります。  続き→
90年代から現在の悪化状態までの、アニメ関連のメディアミックス変貌を知るにはこの2つの記事は読んで損は無い。
合わせて読んでみたり。
あかほりさとる氏が語る、メディアミックス黎明期。「(最近のラノベは)うまくて、すごくて、細かくて、物語が見事に整っているなあ」
ラノベて大衆文学なり純文学読む人からバカにされるけど、読んでみると文章しっかりしている作品あるし、話自体も一般受けするのもあると思う。少なくとも携帯小説よりは文章に関しては違和感ない。
ポリリンだっ! 「あかほりさとる氏が語る、メディアミックス黎明期」
@mikan_asharu つ   「メディアミックスの歴史と展望」
そういえば昔のアニメはB2Bだったって話はメディアミックスの人も言ってた。
業界が大きくなって一人でコントロール出来る範囲に限界感じたってことか(´・ω・`)
後で読む。私のある意味、師匠だ、あかほりさとるw→
なるほどなー
言葉すら懐かしい「メディアミックス」の黎明期を語るあかほりさとる氏
アニメやまんがのメディアミックスについての、当事者からの話。あかほりさとるによる90年代の話→  松智洋による00年代の話→
コンテンツ文化史学会シンポジウムの記事1。
いつの間にかにあかほりさとるが激ぶとりしててビックリ。逆オタキング現象?
朝から面白い記事に出会えた、おはようございます(・∀・)
おお、これは。ぽりりん太った&老けたwww
小説版のシュラトは続きを読みたいんだがなあ。
「あかほりさとる氏が語る、メディアミックス黎明期」この記事は面白いなぁ。
見てる: - (1/4)
あかほりさとる、久しぶりに名前を見た。シュラト、MAZE、セイバーは小説読んでたけど内容覚えてないなあ。
純粋に面白かった。ポリリン最近何やってるんですかね。 【ITmedia】あかほりさとる氏が語る、メディアミックス黎明期>
懐かしい名前が。 /
「オタク成金」読んでたときも思ったが、あかほりさとるは本当に「速度的な意味での偉人」なんだなと思う。とにかく早かったのだ、やることなすことが。 RT @HiraiUMA: あかほりさとる氏が語る、メディアミックス黎明期 
あかほりさとるの顔を初めて見た
@nanitomo 万有引力がCD出すから明日行ってくる。あとこんなのあった↓「あかほりさとる氏が語る、メディアミックス黎明期」
ぽりりんのご尊顔は置いといて、文章は読みやすくて興味深い内容だった
(1/4): 複数の媒体を連動させて効果を引き出す広告手法である「メディアミックス」。エンタテインメント業界においては、1つの作品を小説や漫画...
うおっ、ぽりりん!
作品名だけで興奮する。ラジオも聞いてたなぁ。RT @agni99 ぽりりん・・・【あかほりさとる氏が語る、メディアミックス黎明期 (1/4)】
ぽりりん・・・【 (1/4)】
久々にお見かけしました。
1つの作品を小説や漫画、アニメなどで同時多発的に展開し、相乗効果でそれぞれの注目度を高めるメディアミックス。今、当然のように行われるよう...
1つの作品を小説や漫画、アニメなどで同時多発的に展開し、相乗効果でそれぞれの注目度を高めるメディアミックス。今、当然のように行われるようになっているメディアミックスだが、パイ...
以上

記事本文: あかほりさとる氏が語る、メディアミックス黎明期 (1/4) - ITmedia ビジネスオンライン

関連記事