原油価格、高騰の兆候、史上最高値への最悪シナリオ…リビア情勢の悪化が世界に飛び火

11コメント 2021-12-27 19:48|Business Journal

ツイッターのコメント(11)

年末年始の家系に直結の北海道
文=藤和彦/経済産業研究所コンサルティングフェロー
イエメン、サウジアラビアと産油国における情勢不安からの原油高への指摘。確かに原油を取り巻く環境はろくなものではない。原油高⇒カナダ高の材料
最悪のシナリオ

19年9月にサウジアラビアの国営石油会社サウジアラムコの施設がドローン攻撃され、日量500万バレル以上の原油生産能力が失われた。次にこのような事態が発生すれば、原油価格は史上最高値(1バレル=147ドル超)となってしまうのではないだろうか。藤和彦
12月24日に予定されていたリビアの大統領選挙は民兵の妨害で延期になった。
選挙管理委員会は「大統領選を来年1月24日に延期する」と提案したが、実現の目途は立っていない。
100ドル超えの可能性も
サウジアラビアは隣国イエメンへ軍事介入を始めたが、戦況は泥沼化:原油価格、高騰の兆候、最悪シナリオ | ビジネスジャーナル

この状態を放置すればサウジアラビアの重要な石油施設が攻撃される事態を招いてしまう。
原油価格、高騰の兆候、史上最高値への最悪シナリオ

原油先物価格は12月下旬に入ると再び上昇基調に転じ、11月下旬以来の高値となっている
「オミクロン株は入院や重症化のリスクが低い」との調査結果が相次いで発表され、原油需要が低下するとの懸念が後退したのが主な理由
煽るな!そんなことはない!
これは😱文字通り最悪シナリオ
以上
 
PR
PR