中国の不動産、デフォルト発生が記録的規模…企業全体のドル資金調達が困難の懸念

7コメント 2021-12-17 06:36 Business Journal

ツイッターのコメント(7)

Business Journal  2021.12.17.
藤和彦「日本と世界の先を読む」

・不動産市場の不調と労働力不足
・熟練労働者が極端に不足、新卒者の採用難が悪化
・中国史上かつてないほどの苦境
不動産開発会社の破綻懸念により、買い手にリスクが意識され住宅契約に消極的になる。
用地購入や建設資金の回収遅れ、不動産開発企業の信用収縮がいっそう悪化する事を意味する。
 ↓
中国の不動産、デフォルト発生が記録的規模。
企業全体のドル資金調達が困難の懸念
/海外投資家が持つ債権株式約120兆円!
文=藤和彦/経済産業研究所コンサルティングフェロー – ビジネスジャーナル 2021.12.17 05:50
中国の都市部住民の投資資産の約8割が住宅だとされ、不動産価格が下落すれば、逆資産効果により消費はさらに落ち込む。藤和彦さんのコラム。  中国の不動産開発業界は2022年に約400億ドルの償還を控えているが、これを無事に乗り切れることができるとは思えない。
以上
 
PR
PR