TOP > 政治・経済 > 略式起訴では済まぬ「桜を見る会」疑惑、公開法廷で経緯を明らかにせよ…江川紹子の提言

略式起訴では済まぬ「桜を見る会」疑惑、公開法廷で経緯を明らかにせよ…江川紹子の提言

15コメント 2020-12-08 06:16  Business Journal

総理主催の「桜を見る会」前日に、安倍晋三・前首相の後援会が支援者を集めて都内のホテルで催していた夕食会の費用を、安倍氏側が補填していた疑惑。東京地検特捜部が、安...(1/3)

ツイッターのコメント(15)

明らかにされると困る人達が政権にいるからな。韓国みたいに違法行為を行っていた政権が変わったら、前任者を逮捕するくらいの方が良い気がする。
「この秘書らは、数億円単位の税金を浪費させたことになる」 と

分かりやすい

かな。
”さまざまな課題が山積するなか、こうした論評が出るほど「桜」に長時間を割かざるを得なかった主たる原因は、安倍氏など政権側の不誠実な答弁にある。”
日本学術会議の件で任命権の読み替えがごり押しできると示してしまったので、司法への牽制となって利いてくるのではないか...
重要!。検察の本気度度が判明する。もう裏では決着がついているだろうけど。
略式って、交通違反事件程度。重大な公共の利害侵犯事件なのに。→
桜の会の件、検察が動き出したけれど、もし略式起訴でチャンチャンと済ませるとしたらそれは過去の事例からも不適当で通常の公開裁判で行うべき…という江川紹子さんの記事。
なぜ安倍晋三が内閣総理大臣であったときに調べなかったのか。
なぜ国会であれだけの人と予算を使ってはぐらかしていたのに略式手続きで済ませようとしているのか。
国の被害総額は、経費だけでも億単位になっているのでは。
江川紹子は気が触れてるんだと思う。
こんな偏向した記事を書く人間が神奈川大学で講師してていいのだろうか?

桜が陸山会事件を凌駕するんだとさ。
そんな馬鹿な話はない。
「秘書らは、総理大臣に国会で虚偽の答弁をさせ続け…国民を騙し、国会審議の長大な時間を無駄に消費させ…犯行は意図的かつ計画的で、毎年繰り返され…領収書を廃棄して証拠の隠滅もし…悪質性は極めて高い… 
これほどの事件が、略式手続きで済まされていいはずがない」
> 犯行は意図的かつ計画的で、毎年繰り返され、ホテル発行の領収書を廃棄して証拠の隠滅もしているというのだから、悪質性は極めて高いといわざるをえない。
江川氏の言う通りです。これが社会の常識「桜を見る会」は略式起訴で済む事件ではない。
総理主催の「桜を見る会」前日に、安倍晋三・前首相の後援会が支援者を集めて都内のホテルで催していた夕食会の費用を、安倍氏側が補填してい…

【出所:ビジネスジャーナル 厳選】
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む
PR