TOP > 政治・経済 > 米国バイデン政権、MMT採用か…“新ニューディール政策”で国民の就業保証の可能性

米国バイデン政権、MMT採用か…“新ニューディール政策”で国民の就業保証の可能性

15コメント 2020-11-16 19:49  Business Journal

米国のドナルド・トランプ大統領はいまだ敗北を認めていないものの、ジョー・バイデン氏が次期大統領に選出されることがほぼ確実な情勢になった。トランプ政権が移行のため...(1/2)

ツイッターのコメント(15)

米国バイデン政権、MMT採用か?:バイデン氏は1期目の4年間で総額2兆ドル(208兆円)規模の財政支出を行うと表明、世論調査では国民の3分の2がこれに賛成している。日本ではいまだに緊縮を唱える専門家が多いが、世界的な潮流は「反緊縮」が優勢だ。
「MMT採用か」って表現はなんか変。

アメリカでJGPが実現したら凄いことだけど、移民の問題とか色々出てきそうよね。変にグローバリズム的な方向に行ったらまずい事になるわな。
「反緊縮は世界的潮流」
大統領はバイデンで!
記事が本当なら米国に先を越された。というより日本は真逆のデフレになる政策ばかりをしようとしている。日本は史上最低の総理大臣を選んだ。頭が悪すぎる。自民党は責任をとれ!😤💢
久々にまともな記事を見たよ。
まあ僕は悪くないと思うんだけど、こう言うのはFEDでも大統領でもなく議会の動向こそが大事だと思うんですよね。
「公債残高のGDP比が240%に達した日本では、人々の頭の中に「財政赤字=悪」が刷り込まれているが、赤字を減らすべきなのは個人や企業の話。通貨発行権のある政府が、自国通貨建て国債発行で、インフレが起きることはあってもデフォルトに陥ることは制度上ありえない」
“その公約はかなり左傾化している。(…)サンダース上院議員やウォールストリートから敵視されているウォーレン上院議員などが活躍したことからわかるように、バイデン氏は左派の支持を得られなければ、民主党の大統領候補に選出されることがなかったからである。”
バイデンが MMT を採用しますかね。自分にはそうは思えないですが・・・。JGP を実現させたら凄いことです。
アメリカはすでにインフレなので財政拡大は不可能
となると残るは貨幣の仕組みとは無関係なJGPなわけだが、案の定低賃金労働の口実に使われそうである
だからダメなんだよJGPは
お!珍しくMMTに好意的な記事w
「反緊縮は世界の潮流」とし、しかもケルトン本を参照してJGPにも言及!

「終末期医療や介護分野の人材の処遇改善、さらには有償ボランティアの確保の観点から、日本もMMTの就業保証システムの導入を真剣に検討すべきではないだろうか。」
経済の完全破壊に来るぞ😱💸
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む
PR