TOP > 政治・経済 > 箱根駅伝、予選会開催に否定的意見が続出…留学生や1年生が出場できず、本戦の開催も不透明

箱根駅伝、予選会開催に否定的意見が続出…留学生や1年生が出場できず、本戦の開催も不透明

13コメント 2020-08-13 18:55  Business Journal

東京箱根間往復大学駅伝競走(箱根駅伝)を主催する関東学生陸上競技連盟は8月11日、来年1月に予定されている第97回箱根駅伝の予選会を、10月17日に東京都立川市...

ツイッターのコメント(13)

何を伝えたいのですか?
本線開催が不確定の為、早期引退??
1年生が記録がなく予選に出れない。
留学生が参加できない。
から、モチベ下がる???
本当に取材してるんですか?
じゃぁどうすれば開催できるのかが、一文も無い。
何これ?
予選会はチーム総合力の勝負。否定的意見には当たりません。
主催者側も観戦者側も
「知恵」と「勇気」を持つことが必至
特に観戦者側は大会開催に向けて自身が出来る行動を
何が「応援」になるかを再認識したい
身勝手な行動こそが「元凶」🔥
@biz_journal

『意味はあるのか』そんな事言わないでよ…
少しでも可能性があるなら…って皆一生懸命なのに…
、予選会開催に否定的意見が続出…留学生や1年生が出場できず、本選の開催も不透明
だったら箱根駅伝は本選大会のみ尚且バーチャル開催にした方がよっぽど良いよ!
留学生が日本に来れないのは、ハンデでも何でもない。
1年生が正式持ちタイムが無いのは、殆どの大学が同様です!
やっぱ箱根駅伝もきついのか…。
論理的に推論すると難しくなるし、それがベターな回答な気がする。残念すぎるけど…
留学生や1年生が参加できず、既に4年生が引退済の学校もあることを考えれば、本大会はおろか、予選会も開催は極めて困難と思う
まずは予選会だけでも、開催できるならやれば良いのでは。
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む
PR