TOP > 政治・経済 > 百貨店の代名詞「銀座三越」が存亡の危機…インバウンド需要消滅、三越伊勢丹が巨額赤字

百貨店の代名詞「銀座三越」が存亡の危機…インバウンド需要消滅、三越伊勢丹が巨額赤字

新型コロナウイルスによる臨時休業から再開したばかりの百貨店。お中元商戦は様変わりした。感染防止のため夏の風物詩でもあった特設コーナーを設けず、商品の陳列を見送る...(1/2)...

ツイッターのコメント(10)

うちの店が潰れる前になくなりそうで怖い😅
私はずっと前から周りにも話してたけど…

やっぱりそうだよね~

百貨店はデパ地下はともかく
需要が年々減ってるよね😞💦

コロナ禍なくても
ただでもココ10年間位は特に百貨店はずっと危なかったと思うし…
ホントはヤバい、インバウンド消費狙い
都市のデパートも!?
ヤバい!
銀座三越の食料品売り場がなくなると、非常にまずい...。
銀座三越、頑張って😭
銀座全然人いないもんな >
『訪日客の御用達の店として名を高めた銀座三越の売上高は78.3%の減少。インバウンドへの依存度が高すぎたがゆえに、一転して店自体の存続が危ぶまれる窮地』
この不況下でデパートなんて使えないわ、、
Business Journal: 百貨店の代名詞「銀座三越」が存亡の危機…インバウンド需要消滅、三越伊勢丹が巨額赤字.
百貨店の代名詞、銀座三越存亡の危機

入り口でワケワカメな照射を止めよ。何をされているか分からん。キチガイ呉服店。さもなければ破綻するであろう。
どことどこがくっつくのか・・・
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む
PR