TOP > 政治・経済 > 「センスが良い人」は何が違うのか?一流デザイナーほどマーケティングや経営に強い理由

「センスが良い人」は何が違うのか?一流デザイナーほどマーケティングや経営に強い理由

「キッコーマンの醤油瓶」「サントリー角瓶」と聞いたら「あの形」をたいていの人は思い浮かべるはずだし、キッコーマン醤油瓶は世界中でも「あの形」で通じる、世界的ロン...(1/3)...

ツイッターのコメント(11)

「「センスのいい」人というのは、その人の中に広大な知識のバッググラウンドがすでにあって、そこから最適な案を導き出すことができる人
「これ好きだな!」「嫌いだなー」

と思ったときに、すぐにその理由を言語化するのはやはり大事
『「なぜおいしいのか」を説明するには知識が必要』とのこと。
>高橋 はい。いわゆる「センスのいい」人というのは、その人の中に広大な知識のバッググラウンドがすでにあって、そこから最適な案を導き出すことができる人なんです。そういったバッググラウンドがなくても、感覚的...
>デザイナーはマーケティングと経営を勉強した方がいいし、経営者はデザインを勉強した方がいい
"高橋克典氏:世界の名だたるデザイナーたちと仕事をしてきました。もちろん、そこには日本人のデザイナーもいらっしゃいます。そこでまず思ったのは、著名なデザイナーはマーケットや経営にも強い、ということです。"
センスがいい人は、広大な知識から最適な案を導き出す人。
センスは2つ3つ先にあって、何かを深く、広く学ぼうとするとほんの少し拾えて磨けるもの、くらいに思っている。 / (ビジネスジャーナル)
ホッとした / (ビジネスジャーナル)
「デザイナーは言葉で説明できなければダメだと思います。」
その通りなんだよなぁ〜
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む
PR