TOP > 政治・経済 > 米国政府が5兆円投資し「半導体製造」に本気を出し始めた…戦略もヤル気もない日本政府

米国政府が5兆円投資し「半導体製造」に本気を出し始めた…戦略もヤル気もない日本政府

1987年に、製造専門の半導体メーカー(ファウンドリー)として設立された台湾TSMCは、今や微細加工技術のトップランナーになった。昨年2019年に7nmプロセス...(1/3)...

ツイッターのコメント(25)

TSMC誘致について。実際アメリカには半導体回路設計ができて太い販路を持ってる会社が複数あるしアメリカ工場のメリットは大きそう。日本には残念ながら何もない…
いい加減にしろよ自民党
利権ベッタリのクセに「一社の為にはうごきません」ってかw
笑わせてくれる。

雇用創出はどうなったんだ自民党。
日本みたいな貧乏国家に最先端の半導体製造なんて無理。そのうち、インドや中国からiPhoneの組み立ての仕事が回ってくるのを待とう。
で、
『なお、2020年9月以降、TSMCは米国政府の要請により、ファーウェイ向けの半導体を出荷しなくなるため、中国比率が激減することが予想される。』
て話もあると。
中国に付け狙われる一方で、米国からは中国に制裁しようぜと突っつかれたり、台湾も難儀すな。
やっぱり半導体かなぁ

情報技術もまだ成長するけど、中国も米国も2025年に向けて、巨額投資してるんでねー。
ふははは()
世界一の半導体メーカーTSMCに対して・・・

米国「5兆円用意しますから我が国に工場を作ってください」

日本「1000億円用意しますから(略」

日本人よ、これが日本だ!
中国製造2025に打撃するでしょう。アメリカが本気出すとすごい。
3ページも使って何言ってるんだ?
全てにおいて凋落していく日本を眺めているの面白いな
意味のない緩やかな衰退に借金を重ねてきた上、ロクな知識すらなく一つ覚えで先端技術の絵空事を叫び続ける現状
日本の政治家は自分の利益にならないことは興味もやる気もないからね…
国の将来なんて考えてない連中でしょ
日本のメーカーが半導体材料に強いことは確かだけど、すでに米国、台湾、韓国で現地化が進んでいるし、国内の工場は老朽化で生産能力を上げるのも簡単ではないと思う。政府の支援が不十分だと誘致したは良いけど、肝心の材料が調達出来ない、みたいなことになりそう。
🇯🇵は数年間で僅か1000億円💣これでTSMCの最先端半導体工場を誘致しよう👋なんざ虫が良すぎるぜよ🧨
このパターンで、過去何度となく負けてきたので、今回も勝てないよね、、、
台湾の半導体(TSMC)を巡る、米国、中国、日本の立ち位置。
TSMC 側から見ると米国一択。
日本は完全に相手にされてない。
半導体ファブ、微細化と規模に関してはTSMC一強です。

しかし、他ファブが全て劣るという訳ではないのが、物作りの面白いところ…!
米国政府、半導体製造に4兆円投資
米国政府が5兆円投資し「製造」に本気を出し始めた…戦略もヤル気もない日本政府
バブル来るかね
アメリカが来るということは中国も来る
そして韓国も追いかけるであろう
何かとヤル気がないですな...
この記事にあるように1000億円なんてTSMCにとっては誤差なので無駄。どうせ蒔くなら弊社にくれ。
まあこれはともかく金を出さないとなにも解決しないし生まれないというのは本当だな
1987年に、製造専門の半導体メーカー(ファウンドリー)として設立された台湾TSMCは、今や微細加工技術のトップランナーになった。昨年2019年…

【出所:ビジネスジャーナル 厳選】
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む
PR