TOP > 政治・経済 > オリンパス、自社の代名詞・カメラ事業撤退の衝撃…累積損失が1000億円、再建を断念

オリンパス、自社の代名詞・カメラ事業撤退の衝撃…累積損失が1000億円、再建を断念

オリンパスはデジタルカメラを中心とする映像事業を投資ファンドの日本産業パートナーズ(JIP、東京・千代田区)に売却して、同事業から撤退する。映像事業を分社化し、...(1/2)...

ツイッターのコメント(11)

ですからね、僕の近未来コンセプトで、日本の光工学産業を復活させませんか?って言ってるんですよ。誰も連絡してこないってとこが日本壊滅の実情って事です。
オリンパスは1937年昭和12年4月オリンパススタンダードを発表して、「夢のカメラ」って言われてたんだよ。
ハーフサイズカメラのペン、1959年が最初じゃないの。
++++++
Business Journal: オリンパス、自社の代名詞・カメラ事業撤退の衝撃…累積損失が1000億円、再建を断念.

スマホでコンデジがいらない子になったからってのはあるけど、いじると楽しいんだがなぁ
カメラ事業部分はどうなるんかな
小さな4/3センサーなのにプロがどうたらとクソデカくて高価な機種を出しては傾くわな。同じ4/3のパナソニックの賢い事。  @biz_journal
>直近10年で営業黒字は1度だけ。累積損失は1000億円に達し…

撤退やむなし⤵️
デジカメはもはや「趣味・嗜好品」。生活必需品ではなくなった。デジカメ市場そのものが消滅の危機を迎えている。
そうかぁ。。。携帯のカメラがだいぶ優秀になったからなぁ。
オリンパス、カメラ事業撤退の衝撃
懸案のカメラなど映像事業の売却に踏み切ったことで、名実ともにオリンパスは医療機器メーカーになる
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む
PR