TOP > 政治・経済 > 日本で電気自動車が普及しない本当の理由…中国企業がバス&タクシー市場に本格参入か

日本で電気自動車が普及しない本当の理由…中国企業がバス&タクシー市場に本格参入か

新型コロナウイルスの感染拡大は、日本国内のデジタル社会化の遅れを露呈した。キャッシュレス決済、リモートワークやリモート授業への対応不備、マイナンバーカードの普及...(1/4)...

ツイッターのコメント(11)

な~んだ、バッテリーの膨張&炎上&爆発の可能性が拭い切れてないからだと思ってた♪
それは中国企業に日本の交通を
握らせるってことか?
交通関係の議員の裏金探って
中国の犬 探さんと
記事の意図は原発再稼働。
今直ぐの廃止は不可能だが、原発は無くす方向のマニフェストが、自民党返り咲き選挙で国民と交わした約束だ。
その為、電力需要増大は政策で避けてきた。
原発を再稼働してまで電動インフラは要らない。
中国製とか導入したら途端に整備が増えて信頼性も無くなり経営悪化に転落よ
よく考えたら普段使ってるバスもガソリンエンジンだし、電動化はまだ先かな?でも中国のメーカーはなぁ
低効率の石炭火力→電気自動車より、高効率のHVという発想が無いのがなかなか謎。
しがらみを気にしてシェア取られるとは考えていないのかな?
ブラウン管→液晶、MD→DAPでシェア減らしたソニーの二の舞になりそう。
日本でEVが普及しない本当の理由とは
そりゃ 使用済みのバッテリーを野ざらしに 捨てられないし
日本でEVが普及しない本当の理由とは
日本で電気自動車が普及しない本当の理由は、下請け部品メーカーの倒産回避という話
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む
PR