TOP > 政治・経済 > ユニクロが目標にしたGAPが倒産危機…カジュアル志向加速で老舗アパレル破綻ラッシュ

ユニクロが目標にしたGAPが倒産危機…カジュアル志向加速で老舗アパレル破綻ラッシュ

コロナ禍が決定打となり、インターネットへの適応が遅れていた世界中のアパレル企業の世代交代が急速に進んでいる。中国海関総署(日本の税関にあたる)によると、1月から...(1/3)...

ツイッターのコメント(13)

元々の商品が高い。そのかわり毎日SALEしてるから買いたいと思わない。
古着買取も値段は付かないし。
墜落経験した方がいい。上層部はクソばかりだから。
似たり寄ったりの洋服をたくさん作って、SALEで売りさばくみたいな構造からもう脱却しないと。
GAP買わなくなりましたね、特に子どもの物。
デザイン的に男女がはっきり分かれ過ぎていて、女っぽくない女子に買える物がひとつもありません。
たぶんその辺の感覚が古いのもあると思う。
いやー、GAPとか大学生のとき以来行っていないですね。いつでもセールしているし、品もイマイチだし、少なくとも日本事業は厳しそうだなぁと思っていました。
あのGAPが倒産危機…。
セールにしないと売れない、と言うビジネスモデルはもう成立しないですね。
GAPはいつもセールしているから、セール価格で買うのが当たり前になっていて、ユニクロと比べるとGAPのセール価格のほうが安い。でも長く着ることを考えると、やっぱりユニクロのほうが品質がいい。
ゲームで言うと属性みたいな、付加価値が付いてないとキツいと思うな。機能性とか異素材とか。これだけ毎日なんやかんやあると、耐久性とか軽量化とか安心して纏える理由があると強い。
ユニクロが目指したGAPが倒産危機
今後、量を作らないと利益が出ないアパレルのビジネスモデルは淘汰されていくでしょうね

GAPに関しては、いつも入り口で割引クジのキャンペーンを実施していて、安さが当たりまえ化されていた

これからは、少し価格が高めでも欲しいと思えるクォリティの商品構成が大事
ユニクロってGAPを目標にしてたの?SPA始めたきっかけはジョルダーノじゃなかったっけ?

/
常に50%オフとかの値引きしてるよな。戦略が見えない。/
コロナ禍が決定打となり、インターネットへの適応が遅れていた世界中のアパレル企業の世代交代が急速に進んでいる。中国海関総署(日本の税関に…

【出所:ビジネスジャーナル 厳選】
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む
PR