TOP > 政治・経済 > コロナ・持続化給付金、電通が巨額税金“中抜き”疑惑…パソナと“トンネル法人”設立

コロナ・持続化給付金、電通が巨額税金“中抜き”疑惑…パソナと“トンネル法人”設立

11コメント 2020-06-08 19:17  Business Journal

新型コロナウイルス感染症に伴い経済的な損害を受けた中小企業やフリーランスに最大200万円を支給する持続化給付金事業で、一般社団法人サービスデザイン推進協議会(以...(1/3)

ツイッターのコメント(11)

まだ何もしていない学者6人は排除されるのに、あれだけのことをしでかしかした電通と竹中平蔵さんは排除されない。
そもそも先月コレがあったばかりだというのに、言うこと鵜呑みにして任せて大丈夫だと思うんですか?
僕はそうは思いませんけど。
もう、ハッキリさせよう!
地検特捜部が動く事案でしょう。
持続化給付金で電通が“中抜き”か
@wanpakuten 最初かどうかわかりませんが、立憲の川内さんが早い段階でツイートし、動き出していました。
そう言えば持続化給付金、200万円満額弊社口座に振り込まれてました。
ありがとう安倍政権‼️ いいぞもっとくれ安倍政権‼️👍
次回の給付額は「もしも電通やケケ中パソナが中抜きしてなかったらワイらが貰えた筈の金額」を希望したいンゴねぇ☺️

@biz_journal
電通の約104億円をはじめとする大規模な“税金中抜きシステム”になっている。BJから。  電通やパソナ、トランスコスモスといった企業グループが、新型コロナウイルス感染症に伴う情勢下においても、100%近い落札で税金を食い物にしている。
@a5787e4edf37556 サ協は委託費の97%にあたる749億円で業務の大部分を電通に再委託したことが発覚。事実上の“丸投げ”ではないかという疑惑と、再委託を行った際に生じる差額20億円の合理性が問題になっている。

ニュースサイトで読む:
Copyright © Business Journal All Rights Reserved.
実質的な“丸投げ”で電通、パソナが中抜きで利益計上か

持続化給付金で電通が“中抜き”か
本件について、マンパワーが足りないから(電通で)仕方ない論は全国商工会連合会が手を上げている時点で破綻している。また、委託の相手よりも実態のない組織に渡される20億円の正当性が問題。
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む
PR